マンション買取価格は仲介の6~8割が相場!価格の調べ方も解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンションを買取で売却する場合、どれくらいの買取価格になるか気になりますよね。買取価格が分からないと、マンションを「仲介」で売るか「買取」で売るかなかなか判断できないと思います。

結論からお伝えすると、マンションの買取価格は仲介で売却したときの売却価格の6~8割くらいになります。

この記事では、仲介の場合と比較しながら仲介と比較したマンション買取価格の目安買取価格を左右する物件の要素・買取価格の調べ方・買取価格を高くするポイントを中心的に解説していきます。

マンション買取に関して知りたい方は、「マンション買取の判断基準を仲介と比較して徹底解説」という記事もご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

仲介と比較したマンション買取価格の目安

ここでは、仲介の場合と比較しながら、買取価格の相場とその理由を解説していきます。

マンション買取価格は仲介の6~8割

タイトルにもある通り、マンション買取相場は不動産会社に仲介を依頼した場合の6~8割ほどになります。

つまり、市場で個人の買い手を探す場合と比べて、不動産会社が直接買取する場合は2~4割も安い価格になるということです。
具体的には、仲介ならば5000万円で売却できそうなマンションが、買取で売却する場合3000~4000万円の買取価格になってしまうということです。

売却方法の違いで売却価格が1000万~2000万円も異なる可能性があるということを理解してから、マンションの買取価格を確認していきましょう。

マンション買取価格が仲介よりも安くなる理由

それではなぜ、買取価格が仲介よりも安くなってしまうのでしょうか。

そこには、大きく分けて以下の2つの理由があります。

  • 業者のコストが大きいため
  • 物件が売れ残るリスクがあるため

マンションの買取が成立する背景に触れながら確認していきましょう。

業者のコストが大きいため

1つめの理由は、買取を行う業者がかけるコスト(時間・お金)が大きいためです。

不動産会社がマンションを買い取る目的は、再販をかけて利益を生み出すことです

不動産会社は販売に向けて、マンションのクリーニングやリノベーション、設備の入れ替えなど少しでも良い状態で販売できるように経費をかけます。

しかし再販時の価格は当然相場に見合った価格で販売されます。同じマンションでの過去の販売価格や相場とかけ離れた価格設定はできません。

買取業者は販売経費と利益を考慮した価格でマンションを買い取らなければ赤字になってしまいます。逆の見方をすれば、リフォームなどを行ってきれいな状態の部屋でないと相場での販売は難しいといえるでしょう。

物件が売れ残るリスクがあるため

2つめの理由は、業者が買い取った物件が売れ残るリスクがあるためです。

先ほど説明したように、買取業者は基本的にマンションを買い取った後にリフォームやリノベーションをして付加価値を加えて再販します。ただ、仲介だと売主のマンションが売れなくても不動産会社には損はありませんが、買取の場合、一度買い取ってしまうため、買い取った物件がもし売れなかった場合大きな負債となってしまいます。

そのため、売れ残ってしまう可能性を考えて、マンションの買取価格は少し安くなってしまいます。

マンション買取価格を左右する物件の特徴

マンション買取価格は不動産会社により買取査定を経て決定されます。

不動産会社が買取査定を行う際の評価基準は様々異なりますが、どの業者も重点的に評価している物件の要素は実は共通しています。

具体的には以下3点です。

  • 立地
  • 築年数
  • 専有面積

それぞれ確認していきましょう。

立地

1つめのマンション買取価格を決める物件の要素はマンションの「立地」です。

室内に十分手をかけたら市場で売り出しても買い手がつくエリアにあるマンションかどうか、という視点で業者は買取価格を査定していきます。
そのため、需要が高い立地のマンションが高額査定される可能性が高いといえます。

具体的には、

  • 都市部へのアクセスがよい
    • 電車の乗り継ぎなしでいける
    • 電車で30分以内にいける
  • 最寄駅からマンションまで徒歩で7分以内
  • 近隣にスーパーや公共施設などの近隣施設が充実しているか
  • 周辺に幹線道路や線路などがない(騒音や振動がマイナスの対象になる)

インターネット上での査定の際は入力した住所をもとに立地の評価がされ買取価格がつけられます。

築年数

2つめのマンション買取価格を決める物件の要素はマンションの「築年数」です。

手をかけて転売をする際に付加価値をつけられる築年数であるか、という視点で業者は買取価格を査定していきます。
仲介と比較して買取の方が築年数が古い、築30年~・築40年~のマンションでも売却へのハードルが低いですが、それでも築年数は買取価格に影響します。

マンションの場合築20年以降は資産価値があまりさがらないと言われていますが、買取で特に気を付けたいのは築40年前後の物件です。

なぜなら、1981年(昭和56年)5月31日までに建築確認を受けたマンションは「旧耐震基準」であるからです。旧耐震基準のマンションは耐震性に不安があったり、住宅ローン審査に通りづらいため買い手がつきにくいとされています。

そのため、新耐震基準でないと買取価格にも大きなマイナス評価になってしまいます。

専有面積

3つめのマンション買取価格を決める物件の要素はマンションの「専有面積」です。

売れ筋の広さか・工事で間取りを変える必要があるか、という視点で業者は買取価格を査定していきます。

60㎡~70㎡のファミリータイプのマンションは売れ筋の広さだということが出来ます。
居住用物件としての需要が高いため、そもそも購入を検討している人が多いということです。

一方で極端に広すぎる90㎡~100㎡や極端に狭すぎる30㎡以下のマンションは買取価格も購入時と比較して大幅に安くなる可能性があります。

また、独特な間取りにリフォームしてあるようなマンションの場合、需要が高い専有面積でも少し買取価格にマイナス評価がついてしまうこともあります。

マンション買取価格を調べる方法

実際に自分のマンションの買取価格を調べようとしたときに具体的に取るべき方法が2つあります。

いまだと手軽にインターネット上で調べることが出来るようになっており、国土交通省のサイト・不動産一括査定サイトを使うことをおすすめします。

それぞれ具体的に確認していきましょう。

国土交通省のサイトを使う

1つめのマンションの買取価格を調べる方法は、国土交通省が提供している「土地総合システム」を利用するということです。

土地総合システムでは無料で各地域の中古マンションの相場を調べることが出来ます。

サイトを使うときは、不動産取引価格情報検索のページを見て過去実際に取引された価格(成約価格)を確認しましょう。
具体的には、取引時期・種類(物件種類)・地域の3項目を選択して自分のマンションに近い物件情報を見ることができます。

結果画面では、以下のような項目で情報を確認することが出来ます。

  • 最寄り駅までの距離
  • 間取り
  • 取引総額
  • 面積
  • 改装(リフォーム履歴)
  • 築年数
  • 構造

なお、ここで確認できる成約価格は仲介のものと買取のものが混ざっているので一つの参考として考えてみましょう。

不動産一括査定サイトを使う

2つめのマンションの買取価格を調べる方法は、不動産一括査定サイトを利用するという方法です。

さきほどご説明した国土交通省のサイトはあくまでも類似物件の取引事例を基に買取価格を想像する方法ですが、不動産一括査定サイトを利用すると、自分のマンションの市場価格から買取価格を導き出すことができます。

目安としては、仲介によって算出された査定価格に60~80%を掛けることである程度の相場を理解することができます。
ただ、実際は複数の不動産会社に査定をしてもらったうえで、高い価格をつけた不動産会社が買取を行っているのか・買取をする場合価格はいくらくらいになるのか、を確認するという手順がよいでしょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

仲介か買取か、価格を基に比較したい方には特におすすめの調べ方だといえます。

マンション買取価格を高くするコツ

自分のマンションを査定してもらい買取価格が出た場合、もう少し買取価格が高くならないか、と考えることもあるのではないでしょうか。

そんなときに、買取価格を高くするポイントは以下の3つです。

  1. 優良な買取業者を選ぶ
  2. 繁忙期のタイミングで買取ってもらう
  3. 複数の不動産会社に買取査定をしてもらう

それぞれ確認していきましょう。

優良な買取業者を選ぶ

1つめのマンション買取価格を高くするポイントは、優良な買取業者を選ぶことです。

なぜなら、買取を依頼する業者によって買取価格が異なるためです。

買取価格を高くするために、優良な買取業者を選ぶ基準としては以下の3つのポイントを確認してみましょう。

  • マンション買取実績がある
  • 買取保証がある
  • 価格交渉がある

また、買い取った物件を別のリフォーム会社などに売却する間接的な買取業者と、買い取った物件を自社でそのまま販売する直接買取型の業者の2種類存在します。

間接的な買取の場合、他社への紹介料の分だけ安く買取価格が設定される可能性が高いため、直接買取型の業者をおすすめします。

繁忙期のタイミングで買取ってもらう

2つめのマンション買取価格を高くするポイントは、繁忙期のタイミングで買取ってもらうことです。

なぜなら、取引件数が多くなるタイミングはマンションの需要が高まり、通常時よりも高い価格で売却できる可能性が高いからです。市場価格が高いということは不動産会社による買取価格も高まる傾向にあるということです。

具体的な繁忙期とは、季節でいうと春と秋になります。春は特に入社や退社などライフスタイルの変わり目でもあり、不動産の取引件数最も多くなる時期です。また、同様に秋もサラリーマンの転勤が多く、不動産の売買も多く行われる傾向にあります。

つまり、市場が活発に動きやすい1~3月・8~9月の時期に買取業者が売却できるように、買取を依頼することで高い買取価格がつく可能性もあります。

複数の不動産会社に買取査定をしてもらう

3つめのマンション買取価格を高くするポイントは、複数の不動産会社に買取査定をしてもらうことです。

マンションの査定価格は売却を考えている人にとって自分で調べる相場以上に参考になる情報です。
そのため、かならず複数の不動産会社から査定を受けて買取価格を比較することが大切です。

仮に、一社だけしか査定を受けないと提示された額が安いのか高いのかを判断することも難しいと思います。
人気のエリアや駅に近いマンションの場合、買取勧誘のチラシがポストに入っておることもあると思いますが、チラシを基に一社に決めるのではなく、まずはインターネット上での査定をおすすめします。

買取の場合は、買取額を提示されますので、後で値引きが発生することはありませんが、業者が物件に対していくらの価格をつけるかは異なりますので、買取の場合もきちんと複数の会社に見積もりを取るようにしましょう。

 

マンション買取価格をもとに仲介か買取を選ぼう

マンションの買取価格の相場を把握したうえで、自分のマンションが最大でいくらくらいの買取価格になるかを確認することができたでしょうか。

確認できた買取価格をもとに、このまま買取での売却をすすめるか・仲介での売却を検討するのかを考えて売却方法を判断する必要があります。

そのためにも、マンション価格の査定を通じてよい不動産会社を選ぶことがまずは大切です。

マンション売却の不動産会社選びはイエウールが便利

よりベストな不動産会社はどのように選べば良いのでしょうか。少しでも有利に売却するために、信頼できる不動産会社を選ぶ手助けをイエウールは行っています。

イエウールは売却を予定している不動産オーナーと、1,600社を超える不動産会社をマッチングさせるサービスサイトです。不動産売却の一括査定が可能で、独自のマッチングアルゴリズム、データの蓄積や解析を行うエンタープライズITを活用してサービスを提供しています。年間20万件の売却成立のサポートを行っています。

地元に強い地域密着型の業者から大手不動産会社まで、全国の優良企業が登録されています。無料査定が簡単60秒で受けることができ、最大6社からの査定価格を比較することも可能です。

まずはイエウールで査定価格を知り、不動産会社選びに活用してください。イエウールが不動産売却を全力でサポートしてくれます。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、「マンション買取業者を選ぶ基準と流れや注意点を解説」という記事もご覧ください。

また、「マンション買取でも一括査定を利用しよう!注意点を解説」という記事や「マンションの持分買取をする方法と流れや注意点を解説」という記事もあわせてご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?