古い家の外壁塗装をする必要性やタイミングを知ろう

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

古い家の外壁メンテナンスについて解説をします。外壁のメンテナンスが必要か知り、上手に資産価値を上げましょう。

また、外壁の塗装をおこなうとしても、外壁の状態によって費用の相場も変わってくるので注意が必要です。

古い家を売ること全般について知りたい方は、「古い家を売るときの疑問を解消!古くても売れる理由や高く売る方法を解説」をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

古い家の外壁のメンテナンスは必要

まずは家を新築で買ってからどのくらいで外壁のメンテナンスが必要になるのか知っておきましょう。メンテナンスを行った場合においても塗装の種類によって耐用年数が異なります。

メンテナンスをしていないと起こるリスクについても覚えておき、家を傷める事が無いようにしましょう。

外壁のメンテナンス目安は10年

古い家の外壁のメンテナンスは新築では10年と言われています。

もちろんどのような塗装をしたかや壁の材質により異なりますが、10年を経つぐらいになると塗装関係の案内のチラシが頻繁に入るようになり、汚れやいろいろな不備が目立ってくる頃です。またいろいろな兆候が出てくるので、その頃には外壁メンテナンスを考えると良いでしょう。

塗装の種類により耐用年数が異なる

外壁塗装をした場合には塗装の種類によって耐用年数が異なるので注意が必要です。

塗装の種類耐用年数
アクリル4~7年
ウレタン6~10年
シリコン8~15年
ラジカル8~15年
フッ素15~20年

家の状況(気温や雨の状況など)により耐用年数が異なります。外壁塗装のコスパを考えると価格だけで会社を決めるのが間違っている事が解ります。使用している塗料のチェックは最低限行いたい作業です。

メンテナンスが必要な外壁の状態

外壁メンテナンスが必要な状態は以下のようなチェック項目で分かれています。

  • ひび割れ
  • 藻や苔、カビ
  • 塗装剥がれ
  • チョーキング
  • 塗装の表面の状態
  • 変色

ひび割れ

一番外観から見てわかりやすいのが表面にひびが入っている状態です。放置していると家の内側に雨などが入り込む恐れがあります。

藻や苔、カビ

家の外壁に藻や苔、カビが繁殖すると一気に広がって外壁を傷める為、このような事例から外壁塗装をおすすめするケースが多いです。

塗装剥がれ

塗装剥がれが軽いうちは部分塗りで対応できますが、大きくなると全面的な外壁メンテナンスが必要になります。

チョーキング

チョーキングとは外壁塗装が劣化し、表面が粉上になり白く付着している状態の事です。このようになると全面的な外壁メンテナンスが必要になります。

塗装の表面の状態

塗装の表面の状態が膨れたりしていると、外壁塗装が必要なタイミングです。

変色

部分的に変色している箇所などがあるとその部分だけ劣化しているので、塗りなおしが必要です。このようにいろいろな状態を見て、異常があるなら早めに外壁塗装をする事をおすすめします。

外壁をメンテナンスしていないと起こるリスク

外壁をメンテナンスをしていないと起こるリスクは主に3つあります。

  • 外観の美観が保てない
  • 外壁にひびがあれば家の中に雨水などが侵食し内部が腐食する可能性が高い
  • 家の強度の低下

外観の美観が保てない

外壁塗装をメンテナンスしていないと家の綺麗さが保てなくなります。それによって家の価値が下がってしまい、特に売り物の場合には大きく値を下げてしまう可能性が高い事。外壁のメンテナンスをする事である程度美観を保て、売却する際のメリットも大きいです。

外壁にひびがあれば家の中に雨水などが侵食し内部が腐食する可能性が高い

外壁にひびなどがあり、そこから雨水が家の内部に侵食し、それによって家の内部の木材などが腐ったりするケースがあります。このようになっている場合には外壁塗装だけでは済まず、内部のリフォームも必要。小さなひびではあまり気にならないかも知れませんが、ひびが大きくなっているケースなどは注意が必要です。

家の強度の低下

外壁はそのものが家を支える素材なので、外壁が傷んでしまうと家の強度そのものが低下。地震などの自然災害から家を守れなかったり、内部に侵食しているケースでは家が倒壊する危険性が高まります。

 

古い家の外壁塗装と修繕の相場

外壁塗装の相場について知っておき、格安な業者に騙されないようにして、失敗しない塗装工事を行いましょう

塗装剤別の相場一覧

まずは30坪のサイディングボードの外壁塗装を行った場合の塗装材の種類による相場です。

塗装剤相場価格
アクリル51万円
ウレタン60万円
シリコン78万円
ラジカル78万円
フッ素90万円

また外壁塗装だけを行った場合にはこのくらいですが、30坪の外壁と屋根を行った場合には、60万円~120万円が相場です。外壁をいろいろな加工をしてより強度を強くする場合にはこのくらいかかります。

外壁を塗り変えて強度を上げる75~159万円
外壁を窯業系サイディング張りにする258~368万円
外壁をカバー工法で金属サイディング張りにする227~271万円

場合によっては追加で発生する費用相場

外壁のメンテナンスの際にこのような不具合が見つかって補修した場合には、このくらいの金額がかかります。

事例価格
ひび割れ補修1~10万円(1箇所に付きおよそ)
鉄部のさび取り200~2,000円(1平方メートルに付きおよそ)
穴やへこみの補修1~6万円(1か所に付きおよそ)
カビや苔取り2~5万円

相場を正しく知って、金銭的な面で損をする事が無いようにしましょう。この相場から外れた価格を提示している業者には注意が必要です。

古い家の外壁をメンテナンスする際の注意点

古い家の外壁をメンテナンスする際の注意点を挙げておきます。

格安塗装の業者に注意

格安や割安、地域で一番安いなどいろいろ安さを魅力的に語っている業者がいると思います。もちろんしっかりと工事をしてくれて安いのなら構わないのですが、中には必要な工程をきちんと行っていない業者も混じっている事。特に注意すべきはポスティングを行って売り込んでくる塗装会社に注意です。

判断材料は難しいですが、他の家を参考にできるならしてみましょう。相場よりもあまりにも割安なのが売りだという業者には手抜き工事の注意が必要です。

低品質なもので施工すると

低品質なもので施工すると家の寿命が縮まる危険性があります。また本来は補修すべきところを見逃していたりするのも注意しましょう。見逃してしまいその部分が錆びてしまったりすると、住宅そのものの強度に不安が残ります。

低品質な塗料を使っていたりすると耐用年数がかなり縮まり、再び短期間のうちにメンテナンス工事が必要になるケースもあります。価格面だけでなく、品質面もチェックしておき、見積もりの際にしっかりと補修すべきポイントを挙げてもらい工事をしてもらいましょう。

部分的な補修は割高

部分的な補修は全体的なメンテナンスより割高になるケースが多いです。部分的なメンテナンスで足りる場合もありますが、大抵1か所おかしな所があるなら、数か所に不具合があります。定期的に10年や15年スパンでしっかり全体の外壁メンテナンスをしてもらう方が良いです。

自己流で行う危険

部分的な補修や手の届く部分の補修なら自分で行ってしまうという人も居るでしょう。もちろんできるならそれに越した事は無いですが、大抵高いはしごや屋根に登っての作業になります。それを自己の判断で行うのは危険です。

実際に怪我や死亡事故も起こっていますし、DIYが流行っていると言って内装と同じように外壁のメンテナンスを行うのは大きなリスクがあります

メンテナンスフリーもメンテナンスが必要

メンテナンスフリーの材料を使ってメンテナンスを行っても実際は修繕期間を延ばせるというだけです。完全メンテナンスフリーな外壁のメンテナンスは存在しません。定期的な外壁のメンテナンスはどの材料を使っても必要になるので、時期や外壁に兆候が出たら見てもらうようにしましょう。

外壁の色選び

外壁の色選びにも注意が必要で、一番良いのが実際にその色を使った家を見てみる事です。色見本表は必ず太陽の下でも確認するようにし、実際に塗ってからイメージが変わったなど起こらないようにしましょう。屋根や部材などとの調和や近隣の建物との調和が取れているかどうかもチェックするポイントです。

人気の色はベージュから白の淡い色で、屋根を濃い色にして、塗り分けるのが流行っています。色味も無難で汚れを落としやすい白系の色はメンテナンス時期も分かりやすいです。

 

売却するなら外壁は綺麗にしたほうが良いのか

家を売却するなら外壁はきれいにした方が良いのか悪いのか、それぞれのメリットやデメリットを考えてみましょう。

補修と修繕は違う

瑕疵担保責任と言って、売却後に不具合が起こった際に売主側に原因があると認められるケースでは売主側に責任があります。この為、古い家の売却前には壊れている箇所や不具合のある箇所を修繕しないといけません。補修は見た目だけを良くする工事を指しますが、修繕は内部にも手に入っている事を示します。

外壁塗装の場合は補修工事というニュアンスが正しいです。塗料を継ぎ足す塗りなおすという意味でどちらも行っておく必要があり、もしも行わない場合には相手側に説明する事が求められます。

外壁を補修しておくメリット・デメリット

外壁の補修しておくメリットは第一印象が良くなる点や、見た目が良いので買い手が付きやすくなる点があります。また広告にリフォーム済みと記載できる点も見逃せません。もちろん修繕が必要な個所がある場合には説明をするか修繕工事を行うかの二択です。

補修してしまうデメリットは補修分を売却価格に上乗せする必要が出てくる点です。この為、価格が高い分買い手を見つけにくくなります。また古民家などを探しており、自分でリノベーションしたい人は敬遠する物件です。

メリットとデメリットを比較するとメリットの方が大きいかと思います。買い手側のニーズから考えると価格に転嫁しないなら外壁をメンテナンスして売った方が良いでしょう。もちろん修繕などと同時に行うと割安になるので、売却前には修繕と一緒に外壁のメンテナンスを行うのがベターです。

 

外壁のメンテナンスは忘れずに行おう

外壁のメンテナンスは忘れていると家の耐久性にもかかわります。壊れて修繕が必要になるようにならない為にも、定期的なメンテナンスが必要です。家の状況などを見える範囲で良いので確認して、兆候が1か所でも出ている時には外壁のメンテナンスを依頼する時期。相場を知っておき、適正な価格を提示する業者を選ぶようにしましょう。

安易な補修はかえって家の寿命を縮めます。価格で業者を選ぶのではなく、いろいろな業者から詳細な見積もりを貰うようにし、家の細かい箇所まで補修してくれる所を選ぶようにしましょう。もちろん後からこのような細かい補修費用を請求してくる業者には注意が必要です。打ち合わせの際にしっかりと話をするようにしておきましょう。

古い家の売却の際に外壁のメンテナンスを行うのは家の修繕と一緒に行うのが良いです。もしも全く修繕を行わないで価格を安くして売る手もありますが、売り主側のメリットは少ないもの。一括査定サイトを利用するなどして、相場を知っておき補修した方が良いのか悪いのかの判断を不動産会社と相談して決めるのも良い手かも知れません。

家の売却をお考えなら厳選された不動産会社が対応してくれるイエウールに相談

古い家の売却を考えているなら厳選された全国1,600社の不動産会社が対応してくれるイエウールが良いです。不動産の相談にも乗ってくれる大事なパートナーをここで見つけてみましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?