マンション売却は居住中でも大丈夫?メリットやデメリットを解説!

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

「居住しているマンションを売りたい」「マンション売却に失敗したくない」という人にとって、居住中のマンション売却ができるのかは気になるポイントですよね。

この記事では、居住中のマンション売却におけるメリットやデメリット、売却を成功させるコツなどについてまとめていきます。

マンション売却について知りたい方は、「マンションの売却の流れ|費用や注意点についても徹底解説」の記事をご覧ください。

 

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション売却は居住中でも出来るのか

マンション売却は、居住中でも対応可能ですし、購入者には色々なメリットがあるものです。

マンション売却は居住中でも可能

マンションの売却は居住中でも可能です。居住中だからといって、多く費用や税金が発生するということはありません。

ただし、「居住中」ではない状態のことを「空き家」もしくは「空室」の状態で売却すると言いますが、居住中で売る場合と空き家で売る場合との比較はするべきです。

なぜなら、主に内覧において売却活動に大きな違いが生まれるからです。また、売り主であるあなたのスケジュールとも関わってきます。

マンションの売却は居住中でも可能ですが、メリットデメリットを比較してあなたにあった方法を選べるようにしましょう。

居住中の売却は購入希望者にメリットが多い

居住中のマンションではなく、空き家であれば見学希望の場合、都合に合わせて住宅の隅々までチェックできる利点がありますが、居住者が不在のため、隣近所の情報などを収集することができません。

一方、居住中のマンションは、住んでいる人から様々な情報を聞き出すことができるメリットがあります。

マンションに住んでいる人だからこそ、持っている情報はあります。

例えば、騒音はあるのか、近所の関係性などは、不動産業者でも知りえないものでしょう。すなわち、居住中マンションは、購入希望者にメリットが多いと言えます。

居住中のマンションの売却を考えているが、いくらで売れるかわからないという方は、まず査定を検討するとよいでしょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

マンションを居住中で売却するメリット

居住中のままマンションを売却するメリットを把握していきましょう。

売主は買い手を選択できる

マンションを売ることになった際、売主はその不動産に責任を持つことになります。そのため、買い手がクレーマーだったり、内覧中のマナーが守れていないような人であれば、物件を売りたいとは思いません。

居住中のマンションは、購入希望者を見て、売却するのか否か判断することが可能です。売りたくない人が購入希望を出しても、不動産会社に連絡して断ってもらいましょう。

あなたの人柄もアピールできる

もし売主が人格者であり、内覧で丁寧な対応をしていたら、買い手はそのマンションを欲しくなるでしょう。

不動産に限らず、なにか物を購入するとき販売している人の人柄などで判断することがあります。

例えば、マンションの本来の価値だけでは、買い手にとって魅力的ではない場合があったとします。しかし、あなたが生活してきた中で感じた良い点を誠実に伝える事で、本来の価値よりもバリューアップさせることができるかもしれません。

いずれにしても、居住中マンションの売買は、「人を見ることができる」ということが大きいです。

 

マンションを居住中で売却するデメリット

居住中のマンションを売る際、メリットばかりではありません。

見学申し込みが少なかったり、スケジュール調整が難しいという欠点があります。また、購入希望者としては、見たいところをチェックできないこともデメリットに挙げられるでしょう。

こうした居住中マンション売却の欠点について見ていきます。

見学者が少ないこともある

人が住んでいないマンションの場合、気軽な気持ちで内覧できるため、見学希望者は多くなりますが、居住中の不動産の場合、そうではありません。また、そもそも居住中マンションの購入を考えない人もいるでしょう。

見学者は多ければ多いほど、売れる可能性は高まりますし、高値で売却できる確率もアップします。しかし、居住中マンションはなかなか見学者が増えることなく、高値で売却するチャンスを失ってしまいます。

確認したいところがチェックできない

空き家であれば、見学者の好きなようにマンション内の至るところを確認できますが、居住中マンションであれば、見られない部分もあります。例えば、押し入れの中などは、住んでいる人に一声かけるのにも気を遣います。

購入希望者は、部屋の隅々までチェックできる物件の方に安心感を覚えて、居住中マンションを選ばない可能性もあるでしょう。売主も、部屋の中をできるだけキレイにしておく必要があり、入念な掃除が求められます。

スケジュール調整が困難

購入希望者とのスケジュール調整も、面倒なポイントです。空き家の場合いつでも見学者が内覧できますが、居住中マンションであれば売主と買主双方の日程を確認しなければなりません。

売却が決まるまでは、常にスケジュール調整を求められますので、気疲れしてしまいます。

 

居住中のマンションを売却する秘訣

マンション売却は居住中でも可能ですが、できるだけ高値で売れるコツについて見ていきましょう。

まずは、内覧しやすい雰囲気作りが重要です。そして、見学者からの質問にしっかりと答えられるように準備しておきましょう。それぞれについて具体的に解説します。

もっとも大切なのは雰囲気作り

見学者がリラックスして内覧できるように、居住者はできるだけ気を遣わせないような言動を取りましょう。「一緒について回る」、「見せたくない部分を隠す」といった対応は、見学者にストレスを感じさせるものです。付き添う人は、基本的には業者の人間だけで構いません。

たくさん家に人がいたら、見学者が気を遣い、確認したいところも確認できません。購入希望者に会った際、しっかりと挨拶して、明るい対応を心がけましょう。相手に不信感を抱かせてしまえば、マンション購入が検討されなくなってしまうかもしれません。

質問に的確に答えられるようにしておく

早く売りたいがために、マンションの良い所をアピールしたくなりますが、その気持ちはぐっと我慢して、質問されたらそれを答えるだけにとどめましょう。押し売りは、人にとっては非常に嫌がられることですし、無理やりなアピールは、胡散臭い印象も与えてしまいます。

また、質問された時に備えて、しっかりと居住中のマンションについて答えられるように準備しておきましょう。ひとりで考えていてもマンションの魅力がわからないこともありますので、家族や業者と話し合うことも重要です。

マンションの隅々までクリーニング

マンションのリビングは、できるだけ広く見せるようにして、生活感をなくすようにしましょう。イメージは、モデルルームです。また、ワックスがけなどもおすすめ。もちろん他の場所もキレイに掃除する必要があります。

部屋を広く見せるためにいらない物はすべて捨てる

まずは、いらない物をすべて処分してしまいましょう。読まない書籍などは、場所を取るため、売りに出したり、使用していない家電なども捨ててください。他にも、衣服、食器、家具など、必要のない物は処分しましょう。

部屋をスッキリさせることで、広々とした印象を与えることも可能です。引っ越しがすでに決まっているのであれば、生活に必要なものだけを残し、できるだけ不用品を捨てるようにしてください。

第一印象となる玄関を清潔にしよう

見学者が最初にチェックするポイントは、玄関です。マンションの第一印象を決めるところになりますので、丁寧なクリーニングを心がけましょう。履いていない靴は靴箱にしまい、傘立てを整理することも重要。もちろん、いらない物は捨ててください。

また、臭いにも注意が必要です。しっかりと換気して、芳香剤などを活用すると良いでしょう。居住者は慣れてしまっているため臭いに気づきませんが、見学者は敏感です。

トイレやキッチンなど水回りに注意する

リビングや玄関だけではなく、水回りのクリーニングも無視できません。「水垢がある」、「髪の毛がつまっている」といった水回りでは、不潔な印象があり、見学者が購入を検討してくれないかもしれません。

トイレ、洗面台、風呂、台所の隅々まで掃除して、併せて消臭もしておきましょう。

ベランダや窓回りもしっかりクリーニング

マンションからの景色をチェックするために、ベランダに出ることがあります。ベランダがひどく汚れていたら、印象が悪くなるのは当然の話。また、窓が汚れていたり、ベランダにある植木鉢が手入れされていない場合も、同様です。部屋の中だけではなく、外もしっかりとクリーニングしましょう。

押し入れの中を整理整頓してカビ除去

見学者の希望で、押し入れの中を見られることもあります。その際、物がびっしり詰まっていたり、ホコリやカビがあれば、印象はとても悪いです。押し入れの中に不要な物を詰め込むのではなく、必ず処分しましょう。ダンボールなどに物をまとめて入れておいたら、押し入れの全体は見られますので、問題ありません。引っ越しも楽になります。

ホコリやゴミを取り除き、カビが生えている際は、漂白剤などを用いて、しっかりと除去しておきましょう。カビ臭い押し入れはウィークポイントになりますので、必ず手入れしてください。

ハウスクリーニングやリフォームもおすすめ

自身で掃除する時間の取れない人は、ハウスクリーニング業者に頼んでも良いでしょう。自分では落とせない汚れを除去してくれるだけではなく、取れないタバコの臭いを取り除いてくれたり、ペットを飼っていた人にもおすすめ。

部屋の広さなどによって料金が異なりますが、ぜひ一度業者に相談してみてください。ピカピカの部屋であれば、そうではないマンションよりも、早く売却できるでしょう。

また、ある程度築年数が経っている不動産であれば、リフォームもおすすめ。その費用を売却で回収できるとは限りませんが、買主に良い印象を与えることは自明です。すべての部分をリフォームするのではなく、「リビングだけ」、「トイレのみ」と劣化がひどい場所だけでも部屋の印象は大きく変わるでしょう。

居住中のマンションに限った話ではありませんが、マンションを早めに、そして高値で売却するためには、他の不動産と差別化しなければなりません。

立地的に恵まれていなかったり、古いマンションであれば尚更そうです。ハウスクリーニングやリフォームを活用すれば、他の物件に負けない魅力を引き出すことも可能。もちろん予算的に無理であれば諦めるしかありませんが、検討する価値はあります。

 

マンション売却は居住中に行いメリットを実感しよう

マンション売却は居住中でも可能です。売主としては、買い手を見て選択できるメリットがあり、買主は居住者に質問できる利点があります。しかしながら、居住中マンションは、見学者の少ない可能性があり、日程調整が困難になってしまうデメリットなどがあるでしょう。

居住中でもマンション売却できる秘訣は、しっかりと掃除をしておくことです。リビングを広く明るく見せられるように、いらないものは処分して、トイレ、風呂、キッチン、押し入れ、窓、ベランダなど、至る所をできる限りピカピカにしておきましょう。

掃除する時間のない時や落ちない汚れが多い場合は、ハウスクリーニングを依頼してもOK。マンションの状態によっては、リフォームもありです。居住中マンションの売却は、やり方によっては、早めに売れます。メリットとデメリットを押さえて、賢く売却できるようにしましょう。

もっと詳しく知りたい方は、「マンションを売却する流れを解説!注意点と費用も確認しよう」の記事をご覧ください。
また、 「マンション売却のときの専任とは?メリットデメリットやおすすめ理由を紹介」 という記事や、 「マンションを売却する前にリフォームは必要かリノベーションすべきか」 という記事もご覧ください。
他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?