マンション査定のシミュレーションを実際にしてみた!知っておきたい注意点も解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンションを売却するときは、まず査定のシミュレーションを使って自分で価格を調べておきたいですよね。

シミュレーションは簡単に出来る一方で、注意しておくべきこともあります。

シミュレーションにはどのような特徴があるか、注意点は何かを知って、マンションの売却を少しでも成功に近づけましょう。

マンション査定について知りたい方は、「マンション査定の成功法を解説!査定の手順や方法」の記事をご覧ください。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション査定のシミュレーションをしてみた!結果は?

マンションのシミュレーションサイトは、「マンションの住所などを入力するだけで、簡単に不動産の価格を知ることができる」ものです。

経済やインターネット技術が発展してきた昨今では、マンションをシミュレーションするサイトは複数あります。編集部でシミュレーションを実際に使ってみました。どんな結果がでたのか解説します。

シミュレーションしたマンションの情報

実際にシミュレーションをしてみたマンションの情報は次のとおりです。

  • 東京都内
  • 築21年
  • 駅から徒歩5~10分

それでは検証結果をみてみましょう

実際の査定シミュレーション結果

代表的なシミュレーションを3つ試してみました。結果は下の表のとおりです。

シミュレーションAシミュレーションBシミュレーションC
入力項目マンション名のみエリアの選択
マンション名
最寄りの駅
駅からの徒歩距離
…等5項目
表示価格4,972万円 〜 5,788万円4,740万円~5,040万円3,800万円〜4,700万円
価格幅816万円300万円900万円

編集部が良いと思った点は、入力が非常に簡単な点です。場合によっては10秒もかからずに結果がでました。また、価格帯もなんとなく知ることはできました。

一方で悪いと思った点もありました。

1つ目は想像よりも価格幅が大きいことです。仮に実際売るつもりで計画を立てようとしていても、1000万円弱もブレがあると計画を立てる事ができません。

2つ目は、簡単な計算しかされていなさそうなことです。ツールによりますが、マンションの階や部屋、間取りや劣化状況などは全く計算に含まれていない印象を受けました。これでは、参考しづらいと思いました。

実際に使ってみた感想のまとめとしては、簡単に利用できるのは良かったです。しかし正直なところ、表示される価格にどこまで意味があるかは考える必要があり、利用する価値はあまり無いのではないかと考えます。

 

査定シミュレーションを使うときの注意点

シミュレーションは簡単に価格を算出できる反面、勘違いしてしまいがちな注意点がいくつかあります。3つの注意点を解説します。

  1. 正確な数字は出ない
  2. 絶対に売れる価格というわけではない
  3. 販売戦略や売却後の住まいに関する相談ができない

注意点1:正確な数字は出ない

基本的には過去の取引事例をもとにしているので、今あなたが気になっているマンションの価格とは異なってしまいます。

表にまとめているとおり、表示される価格には価格幅が生じるでの、参考程度に考えることをおすすめします。

注意点2:絶対に売れる価格というわけではない

シミュレーターで表示される金額は、売れる額とは違います。地価や過去の取引データをもとに機械的に算出した価格は、これで売買が決まるという価格ではないからです。実際に売れる価格とは、買い主が買いたいと言った値段と売り主の双方の合意がなされた値段になります。

バス停が近かったり便利なスーパーが近いなど、プラスの要素があるマンションであれば相場と比べて高くなることもあります。一方で水回りや壁の劣化が激しいなど、マイナスな点があれば相場よりも安くなることもあります。

注意点3:販売戦略や売却後の住まいに関する相談ができない

当然ですが、シミュレーターで価格を算出するだけでは売却に関する相談ができません。例えばどのように売却を進めれば良いかや、少しでも高く売るためのコツに関してプロの意見を聞くことができません。

 

マンション査定のシミュレーションを上手に活用する方法

シミュレーションでは、価格幅が大きく参考にしづらいものとなってしまうかもしれません。シミュレーションを試したあとは、実際に査定をしてもらいましょう。

実際に査定をしてもらえば「無料」で「正確な相場価格」を把握できます。そこで、査定をするときの方法を2つ紹介します。

  1. 不動産会社に依頼する
  2. 一括査定を依頼する

詳しく見ていきましょう。

方法1:不動産会社に依頼する

不動産会社に査定を依頼する場合、先ずは査定を依頼する不動産会社を探すことからスタートします。不動産会社を探すには、以下のような方法があります。

  • 最寄りの不動産業者
  • 住宅情報誌から不動産業者
  • インターネットで検索する

不動産会社は、価格査定にあたって、公益財団法人である不動産流通推進センターが価格査定に関するマニュアルを整備しており、このマニュアルに沿った価格査定をする不動産業者がほとんどです。

しかし、物件の築年数や立地条件に加え、不動産業者が取り扱った実際の売買実績などを参考にするのが一般的です。そのため、不動産業者毎に査定額に多少違いがあるのが現状です。

従って、1社の不動産業者だけの査定額を参考にして売却を進めていくのではなく、複数の不動産業者に査定を依頼し、査定額を比較して検討することが重要だと言えます。

方法2:一括査定を依頼する

最近では、不動産業者や不動産鑑定士に1件ずつ依頼しなくても、インターネットを利用して複数の不動産業者に一括査定を依頼できるサイトが登場しています。

無料で便利な一括査定サイトを使うなら、業界最大手の「イエウール」がおすすめです。「イエウール」では、最大6社の不動産会社に一括で査定依頼ができます。

イエウールは全国各地の厳選された1,600社以上の不動産会社と提携しているため、安心して査定を依頼できます。

まずは下のバナーを押して査定依頼をする事から始めましょう。24時間、完全無料でご利用可能です。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

 

マンションの査定シミュレーションを使うシーンは少ない

編集部としては、マンションの査定シミュレーションを使うシーンは少ない考えます。シミュレーション結果は価格幅が大きく、知っても活用先があまりないからです。

そこで、マンションの価格が気になるなら一括査定で査定をすることがオススメです。無料で正確な査定額を知ることができるからです。また、専門家なので価格以外の相談も乗ってもらうことができます。

マンションを所有している方は一度イエウールを使っての査定依頼をしてみましょう。下のバナーから無料でできます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

もっと詳しく知りたい方は、「マンションの自動査定を解説!他の査定方法との違いを解説」の記事をご覧ください。

また、「マンションの査定を無料でするには?無料で査定ができる理由も解説」という記事や、「マンション査定のポイントを解説!見られる場所や高額査定のコツを知ろう」という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?