マンションの自動査定を解説!他の査定方法との違いを解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンションの自動査定サービスがあることはご存知でしょうか?自動査定にもいくつか種類があるのですが、以前からあるものは「シミュレーション」と呼ばれ、近年では「AI査定」と呼ばれるものが流行ってきています。

自動査定は実際のところ、正確に査定をしてもらえるのでしょうか。情報流出のリスクなどは大丈夫なのでしょうか。

今回はそんな疑問を解消します。マンションの自動査定や注意点についてわかりやすく解説していきます。

マンション査定について知りたい方は、「マンション査定の成功法を解説!査定の手順や方法」の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンションの自動査定とは何か

まずマンションの自動査定がどのようなサービスなのかを解説します。

マンションの自動査定の種類

マンションの自動査定ツールは大きく次の3つに分類できます

  1. シミュレーション
  2. データベース
  3. AI査定

シミュレーションとは、おそらく多くの方がイメージする自動査定だと思います。マンションの築年数や駅距離を入れるだけで、「〇万円~△万円です」と表示されるものです。

データベースとは、マンション名を入力することで、入力されたマンションの平均価格が表示されます。

AI査定とは、AIがかかえる膨大なデータベースを元に、マンションの査定価格を推定して算出するものです。

どれも共通ていることは、あなたのマンション情報を入力するだけで、瞬時に無料で不動産価格を知ることができることです。分析に用いられるデータは、固定資産税路線価や国勢調査報告、物件の取引データなどになります。

自動査定の比較

自動査定ツールの3種類を比較しました。はじめて自動査定を使う方は、手間の少ないシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

シミュレーションデータベースAI査定
査定額
  • 幅は1000万のこともあり参考にしづらい。
  • 幅は数百万程度で多少参考になる。
  • 「〇〇〇〇.〇万円」と細かくでる。
手間
  • 最寄り駅、築年数など、簡単な入力のみ。
  • マンション一覧から当てはまる物件を探すだけ。
  • 物件の詳細な情報を多く入れる必要がある。
デメリット
  • 価格が参考にならない。
  • 地域によっては利用できない。
  • 実際にその値段で売れるわけでは無い。

シミュレーションよりも正確に査定結果を知りたいときは、AI査定になるかもしれません。ただし編集部としては、AI査定くらいの手間をかけるなら、そもそも自動査定ではなく一括査定がおすすめです。

一括査定が何か気になる方は、次の章をご覧ください。

 

他の査定方法と比べてどのような特徴があるのか

結論として、「自動査定」と「一括査定」を比べた時、おすすめは「一括査定」です。具体的にどのような違いがあるか比較して結果をみてみましょう。

一括査定とは

編集部がおすすめする一括査定とは、不動産会社に査定依頼するサービスです。

自動査定と同様に物件情報を入力するだけなのですが、査定額には非常に納得感を持つことができるサービスです。

なぜなら、自動査定は単純に過去のデータから算出しているだけなので、リアルタイムな地域の相場観や、あなたの物件ならではの情報をくみとることができません。

一方の一括査定なら、不動産の専門家である不動産会社の人に査定をしてもらう事ができます。数多くの現場を経験しているからこそ、あなたの物件を納得度高く査定してもらう事ができます。

さらに、一括査定ならネット上のサービスなので、完全無料で24時間いつでも、複数の会社にまとめて依頼することができて非常に便利です。

自動査定と一括査定の比較表

自動査定一括査定など
算出時間数十秒~数分数分~数日
査定費用完全に無料完全に無料
手軽さ手軽にできる。物件の情報を入力のみ手軽にできる。物件情報を入力して待つだけ。
査定額の算出過去のデータから導く実際の地域の相場を知っている不動産の専門家が導く
査定額価格に幅があり参考にしづらい近隣の事例も交えて納得感のある価格をすばり出してくれる

手軽にできるという点では、比較すると自動査定になりますが、正直大差はありません。

それよりも、一番の目的は査定価格を知ることだと思います。査定価格を正確に知るなら、不動産のプロに査定額を算出してもらえる「一括査定」が良いでしょう。。

 

 

自動査定を使う事の注意点

自動査定でもすべてが万能なわけではありません。自動査定に期待してはいけないと言われていることを解説します。

 

物件の特徴を反映させるなら不動産会社に相談

ブランド力のあるマンションや周辺に便利な施設があるなど、何か特徴のある場合は直接不動産会社の人に相談してみると良いです。

なぜなら自動査定は、外れ値であったり感覚的な事の分析精度はまだまだ正確に算出できないからです。

例えば「内装の改装を行ったのに、推定価格が高くならない」場合が考えられます。どれほど価値が変わるかは、改装した内容次第で大きく変わっていくるのですが、自動査定には判断ができません。

過去データの揃う都市の物件やマンション戸建てが得意

自動査定は過去のデータを分析します。データが多いほど正確な価格が出せるので、人口の多い都市の物件やマンション戸建ては得意です。

一方で、中には査定対象に制限のある場合があります。例えば場所では、東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県という一都三県のみの扱いで、地方などその他の地域の物件の査定は個別相談を受け付けているサービスもあります。

参考程度に価格を知りたい時に有効

自動査定で算出する査定額は、参考程度に利用することがおすすめします。あくまで過去データをもとに予測された価格なので、取引が絶対に可能な価格ではありません。

 

売り時を逃さないためには一括査定

あなたが住んでいたりご両親がお持ちのマンションは、株などと同じように金融資産の一つです。つまり価格の変動が起こるものであり、売り時というものが存在します。

売り時を見過ごさないため、ただ現状の価格を知るためだけにでも、まずは一括査定を活用してみてはいかがでしょうか。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、「マンションの査定を無料でするには?無料で査定ができる理由も解説」の記事をご覧ください。

また、「マンション査定のシミュレーションを実際にしてみた!知っておきたい注意点も解説」という記事や、「マンション査定のポイントを解説!見られる場所や高額査定のコツを知ろう」という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?