戸建て売却で築年数は価格に影響する!資産価値との関係を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

戸建てやマンションといった住宅は、築年数が古くなるにつれて価値が下がるのが一般的です。特に木造の戸建ての場合、鉄筋コンクリート造のマンションに比べると価値が下がりやすいといわれています。 戸建てを売却するタイミングを誤ると、想像以上に安く売却してしまう可能性が考えられます。

築年数は戸建てを売却するタイミングをはかる目安となるため、自身の戸建てが築年数による査定額の影響をどのくらい受けるのか把握しておくことが大切です。 この記事では戸建ての資産価値と築年数の推移に加えて、戸建てを売却する際の注意点などを解説していきます。

戸建て売却について知りたい方は、 「戸建て売却したい方必見!戸建てを高いうちに売るための全体像を解説」 という記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

戸建てを売却するなら「築22年」まで

戸建て売却に適した築年数は、「築22年」までと言えます。なぜなら、戸建ては築年数によって資産価値が減っていき、築22年で資産価値がほぼゼロになるためです。具体的には、築10年の戸建て売却で資産価値は「約60%」、築15年の戸建て売却で「約40%」、築20年の戸建て売却で「約20%」ほどに下がります。

戸建ての築年数と資産価値や売却価格との関係を確認していきましょう。

戸建ての築年数経過に伴う資産価値の推移

戸建ての築年数と資産価値は密接に結びついており、築年数経過とともに戸建ての資産価値は下がっていきます。

以下は、不動産の築年数と資産価値との関係を表したグラフです。横軸に築年数・縦軸に資産価値の割合をとり、築年数経過に伴う資産価値の推移を示しています。

オレンジ色のグラフが木造戸建て住宅の資産価値の推移を示していますが、新築ではなくなった時点から徐々に資産価値が下がり続けることが分かると思います。

資産価値は建物部分と土地部分で分けて評価されますが、築年数経過と関係があるのは建物部分のみであるため、注意が必要です。

資産価値下落を示した図

参考:「中古住宅流通、リフォーム市場の現状」国土交通省

先ほどのグラフにもありましたが、不動産の資産価値を測る指標の一つとして「耐用年数」があります。耐用年数は不動産の建築資材や建築工法によって差があります。

例えば、以下の表にあるように鉄筋コンクリート造のマンションの場合の法定耐用年数は47年です。一方で木造の戸建ての場合、法定耐用年数は22年となっています。

建物の構造法定耐用年数
木造22年
鉄筋コンクリート造47年
軽量鉄骨プレハブ造(厚さ3mm以下)19年
軽量鉄骨プレハブ造(厚さ3~4mm)27年
重量鉄骨造(厚さ4mm以上)34年

そのため、戸建てはマンションより築年数経過に伴う資産価値への影響が大きいことが分かります。

戸建ての築年数と売却価格の関係

資産価値に影響を及ぼすということは、築年数は戸建ての売却価格にも影響があるということです。

以下の表に、実際の築年数ごとの平均成約価格(実際に取引が行われた価格)を表しています。

築年帯成約価格築0~5年の値を基準にした時の割合
築0~5年4,149万円100%
築6~10年3,915万円94%
築11~15年3,689万円89%
築16~20年3,555万円86%
築21~25年2,963万円71%
築26~30年2,605万円63%
築31年~2,177万円52%

ご覧のように、築年数が古くなるにつれて成約価格が安くなっていることが分かります。

また、築0~5年の値を基準にした時の割合を見ると築31年超で約52%まで安くなっていることが分かります。

戸建て売却を検討している方は、まず査定を検討するとよいでしょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

築年数ごとの戸建て売却のポイント

戸建ての売却を考えるときには、築年数ごとの違いを知っておくことで、売却によってどれくらい手元にお金が残るのかがわかりやすくなります。

同じ住宅でも築年数によって売却時の条件は異なるため、築年数別の売却時のポイントを確認していきましょう。

築10年未満の戸建て売却

築年数10年未満の戸建て住宅は、比較的高値で売りやすいです。戸建ては10年で築年数が大体半分になるため、売却によって住み替えなどの資金をある程度確保したい人におすすめでしょう。

また、築5年以内などの築浅住宅の場合は、さらに高値で売りやすくなります。住み替えの資金をできるだけ多く確保したいなら、資産価値が十分に残っている10年未満で売却したほうがよいといえます。

築15年の戸建て売却

戸建ての資産価値は築年数10年で約半分に下がりますが、築年数15年を過ぎると資産価値が下がる割合は緩やかになります。木造の戸建ての場合、築年数15年で新築価格の約20%まで下がります。

1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災など、日本では大規模な地震が頻発している状況です。そのため、築年数が古い戸建てに対しては耐震性能を気にする購入希望者も増えています。

木造住宅に対する耐震基準の見直しが2000年に行われたため、2000年6月1日以降に建築確認された戸建ての場合は耐震性能を前より良くしています。

築年数10年未満の住宅よりも売却価格は下がりやすいですが、ある程度は資金を獲得しやすいことが築15年の戸建て住宅といえるでしょう。また、下落幅が緩やかになることから、資金を確保したい人だけではなく、焦って売却したくない人にもおすすめの年数といえます。

築20年の戸建て売却

築年数20年を超えた戸建ての場合、資産価値はほとんどないといわれています。しかし、築年数20年を超えた戸建てだからといって売却できない訳ではありません。資産価値自体は低くても、売却は可能であり、ある程度の金額で売れることもあります。

そのため、家が不要になった場合や住み替えを検討している際などは、築年数20年程度で売却してもよいでしょう。また、住宅ローン控除といった税制優遇が、築年数が20年を超えると適用できなくなります。

そのため、住宅ローン控除が終了したなど、税金面でのメリットがなくなった場合にも売却がおすすめといえるでしょう。

築30年の戸建て売却

築年数が30年を超えると、建物の価値はほとんどなくなります。ただ価値がなくなるだけではなく、土地に古い家が建っていると認識され、売却においては大きなマイナスになってしまうこともあるでしょう。

そのため、築年数が30年を超えている場合は、解体して更地にしたほうが買い手がつくこともあります。家が不要になり、土地の活用方法も特にない場合は、更地にして土地のみで売却を検討することもおすすめです。

戸建て売却が築年数に影響されないケースとは

基本的には戸建て住宅を売却する際には、売却価格や条件などが築年数に影響されます。しかし、次の4つのケースでは、売却による築年数の影響が少ないです。

  • 人気のエリアなど土地の価値が高い場合
  • 安心して購入できる状態を保っている戸建て
  • ホームインスペクションを実施している場合
  • リフォーム・リノベーションを行っている場合

これら4つのうちいずれかに当てはまるなら、多少築年数が経過していても好条件で売却できることが多いです。

人気のエリアなど土地の価値が高い場合

同じ間取りの戸建てでも、都市部と地方では査定額が異なります。なぜなら、地価が高いエリアにある戸建ては査定額も高くなるからです。既述の通り、土地の資産価値は築年数の影響をほとんど受けません。

そのため、地価が高いエリアや人気エリアにある戸建ての場合は、建物の築年数が古くても資産価値が下がりにくいといえます。

特に人気エリアでは土地の資産価値が高いため、土地の査定額が値上がりすることで建物自体の資産価値が下がりにくいケースもあります。

いわば建物部分の価値減少を地価の高さで補っているような状態であり、人気エリアでも仮に地価が減少すると、不動産の資産価値が全体的に下がってしまう点には注意しましょう。

安心して購入できる状態を保っている戸建て

安心して購入できる状態を保っている戸建ての場合、築年数が古くても資産価値は下がりにくいといわれています。安心して購入できる状態とは、主に次の2点です。

安心して購入できる状態詳細
ホームインスペクションを実施している
  • 劣化の状況を把握
  • 欠陥の有無を把握
  • 改修の必要性を把握
  • 改修が必要なタイミングを把握 など
リフォーム・リノベーションを行っている
  • 特にキッチンや浴室などの水回り
  • 必要に応じて耐震補強工事の実施
  • バリアフリー化
  • 省エネ対策の実施 など

詳細は下記について説明しますが、これらを行っている戸建て住宅は安全性や安心度が高く、築年数が多少古くなっても高値で売却しやすいでしょう。

ホームインスペクションを実施している場合

ホームインスペクションを実施している戸建ては、安心して購入できる状態を保っているといえます。ホームインスペクションとは、住宅の構造などに精通した住宅診断士によって住宅の状況を診断することです。ホームインスペクションでは、主に次のような住宅の状況診断を行います。

  • 劣化状況
  • 欠陥の有無
  • 改修の必要性 など

これらの診断に加えて、改修が必要なタイミングなどを専門的な観点からアドバイスしてくれます。ホームインスペクションをしていることで、住宅の状態がよくわかっているため、買い手からしても安心です。

住宅の状況が詳細にわかっているほど、買い手がつきやすくなり、築年数が古くなっても好条件で売却しやすいでしょう。

リフォーム・リノベーションを行っている場合

戸建てやマンションといった住宅は人が生活するスペースであるため、さまざまな場所が劣化していくのが一般的です。特にキッチンや浴室といった水回りの設備は毎日使う場所なので、汚れや不具合が生じやすいといえるでしょう。

適切なタイミングで修繕していれば、買い手にとって安心して購入できる状態を保っている戸建てだといえます。次の表では、各設備の耐用年数を示しています。

設備耐用年数
キッチン10~20年程度
浴室(ユニットバス)20~30年程度
トイレ15年程度
洗面所15年程度

このほかに、耐震補強・バリアフリー・省エネといったリフォームを行って建物の付加価値をアップすることで、買い手にとって安心して購入できる戸建てになります。

また、劣化や故障した設備を補修するだけではなく、付加価値をつけるリノベーションをした物件も、築年数に関係なく高値で売りやすいです。

リノベーションをしているなら、建物の劣化が防げるだけではなく、見た目も新しく生まれ変わっているため、内装もきれいに見えることから好条件で売却しやすいでしょう。

少しでも早く売却したほうが良い築年数の古い戸建ての条件

戸建て住宅の中でも、次の条件に該当する物件は、早めに売却したほうがよいでしょう。

  • 過疎化の可能性がある地域の物件
  • 間取りが一般的ではない物件

これらの条件に当てはまる場合は、資産価値が下落しやすかったり、買い手がつきにくかったりするため、築浅のうちに売りだすことがおすすめです。

過疎化の可能性がある地域の物件

過疎化の可能性がある地域だと、人気が低く買い手がつきづらいです。また、人が少ないことでエリア自体の人気も下がり、地価が下落する可能性もあるため注意しましょう。

人気のないエリアは資産価値の下落スピードも速くなりやすいため、過疎化している地域では築浅のうちに売ったほうが、好条件で売却しやすいです。

間取りが一般的ではない物件

注文住宅などでこだわった設計をしており、間取りが一般的ではない物件も、早めに売却したほうがよいでしょう。注文住宅は自分が住みやすいように設計できますが、万人にとって住みやすい環境であるとは限りません。

つまり、建売の住宅よりも需要が少ない場合が多く、早めに売り出さないとなかなか買い手がつかずに売れ残ってしまう場合もあるでしょう。

好みのわかれやすい内装や間取りの物件は、買い手を選ぶため、需要が少なく、築年数が経過するとさらに需要は下がる傾向にあるため早めの売却がおすすめです。

戸建て売却で築年数が古いときの注意点

築年数が古い戸建てを売却する場合、想像以上に安い査定額を提示される可能性が高まります。築年数が古くても資産価値が下がりにくい場合もあるため、必要に応じてホームインスペクションやリフォームすることで付加価値がアップできます。

しかし、戸建てを売却する際には、次のような点に注意が必要です。この章を読んで注意点を押さえ、スムーズに高値での売却を目指しましょう。

戸建てを売却するときの注意点詳細
セールスポイントを整理してアピールする
  • 築年数に応じてセールスポイントが異なる
  • 内覧時の印象アップが狙える
買主に不利なことは隠さずに伝える必要がある
  • 隠したまま売却すると契約不適合責任に問われる
  • 一般的な契約不適合責任は3ヶ月
隣地との境界を明確にしておく必要がある
  • 築年数が古い戸建ては隣接する土地との境界が曖昧なケースがある
  • 必要に応じて確定測量を実施
  • 確定測量にかかる費用は60~80万円程度

セールスポイントを整理してアピールする

築年数が古い戸建てだからといって、高値での売却を諦めるのは時期尚早です。なぜなら、不動産会社や購入希望者に対して次のように築年数に応じてアピールできるポイントがあるからです。

築年数アピールポイント
築年数5年以下(築浅物件)
  • ほとんど新築に近い状態
  • 新築を購入するよりもお得な価格で手に入る
築年数10~15年
  • ホームインスペクションの実施によって安全性が高い
  • 地盤調査の実施によって安全性が高い
築年数20年以上
  • 適切なタイミングでリフォームを実施
  • 立地条件のよさ

自身が所有する戸建ての築年数を考慮し、セールスポイントを整理しておきましょう。特に内覧時の印象がよいと売買契約に繋がる可能性が高いため、必要な対処は内覧時までに済ませておくと安心です。

瑕疵は隠さずに伝える必要がある

築年数が古い戸建ての場合、シロアリ被害や雨漏りといった不具合が生じやすくなります。このような瑕疵(かし)を隠したまま戸建てを売却すると、売り手が契約不適合責任に問われるリスクがあるので注意が必要です。

契約不適合責任は売却しても永久に続く訳ではなく、売買契約書に記載してある期間限定です。一般的な売買の場合、契約不適合責任は売却してから3カ月程度だと言われています。売却予定の戸建てに何か問題がある場合は、不動産会社や買い手に隠さずに伝えるようにしましょう。

隣地との境界を明確にしておく必要がある

築年数が古い戸建てを売却する場合、隣接する土地との境界が曖昧なケースがあります。隣接する土地との境界が曖昧なまま戸建てを売却すると、買い手が新たに建物を建てる際に隣接する土地の住人とトラブルに発展するリスクがあります。

このようなトラブルを防ぐには、売却までに確定測量をしておくと安心です。一般的な広さの土地の場合、確定測量に60~80万円程度の費用がかかります。確定測量をしていない土地は売れにくい性質もあるため、スムーズに売却するためにあらかじめ確定測量しておきましょう。

戸建ての築年数への理解を深めて売却を進めよう

戸建ては築年数に応じて資産価値が下がり、築年数10年で約50%、築年数20年を超えるとほぼ0%に近い状態だと言われています。しかし、築年数に応じてアピールできるセールスポイントがあるため、不動産会社や購入希望者に上手くアピールして印象アップを狙いましょう。

戸建てをスムーズに高値での売却を目指すなら、不動産会社選びが大切です。査定を依頼する際は「イエウール」などの一括査定サイトを利用し、納得のいく売却を目指しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、「戸建て売却の税金とは?所得税や住民税などの目安を知ろう」の記事をご覧ください。 また、「築浅の戸建てを売却するコツは6つ!損をしないためのポイントを解説」という記事もご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?