家を売る前のリフォームはおすすめ?メリットとデメリットの紹介

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

家は買ったあとだけではなく、売る前にリフォームをするという方法もあります。家を売る前のリフォームにはメリットとデメリットがあるため、両方を知ったうえで行うか決めることがおすすめです。

また、リフォームする場合にはいくつかのポイントがあります。売却前のリフォームは、自分にとってメリットとデメリットのどちらが大きくなるか考え、自宅を少しでも好条件で売りましょう。

家を売るについて知りたい方は、 「家を売る4つの成功法!家を高く早く売るポイントを解説」 の記事をご覧ください。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

家を売る際にリフォームするメリット

家を売る前にリフォームをするメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 買主がリフォームする手間を省ける
  • 見栄えがよくなって売れやすくなる

これら2点が大きなメリットであり、好条件での売却にもつながりやすいポイントでしょう。

買主の手間が省ける

売主がリフォームをしておくことで、買主側でリフォームをする手間が省け、好条件とみなされることも少なくありません。中古物件は購入してからリフォームをすることもあり、特に築年数が古くて経年劣化している場合は行うことが多いです。

しかし、リフォームを実施するためには費用も時間もかかり、各種コストを考えると、購入代金は安くても、買主が購入を躊躇することもあります。その点、事前にリフォームされていれば、時間や金銭的なコストが削減できるため、買主にとってもメリットが大きくなり、好条件での売却も期待しやすいです。

見栄えがよくなって売れやすくなる

リフォームをすることで自宅の見栄えがよくなり、これによって売りやすくなることもあります。きれいな家と汚い家では、当然きれいな家のほうが売れやすく、買い手もつきやすいです。

古い家で見栄えが悪いと、どれだけ安価で売り出しても、景観の問題や使い勝手の悪さなどから、買い手がつかないことも少なくありません。リフォームをすることで、たとえ築年数が古くても見栄えのよい物件の売り出しができるため、売却はしやすくなるでしょう。

家を売る際にリフォームするデメリット

家を売る前にリフォームを行うことで、さまざまなメリットが得られますが、反対にデメリットもあります。売却前にリフォームをするデメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 買主によっては嫌がられる
  • リフォーム代がかかる

これら2つのポイントに注意しながら、売却前にリフォームを行うべきかどうかを考えてみましょう。

買主によっては嫌がられる

リフォームによって見栄えがよくなったり、住宅設備の機能性が上がったりして、買主に喜ばれることはありますが、内容次第では反対に嫌がられることもあります。それは買主がリフォームをすることを前提に、中古物件の購入を考えている場合で、他の人が行ったリフォームが自分の理想には合わないと判断されることもあります。

もしも自分の理想に合わなければ、購入してからリフォームのやり直しとなって余計なコストがかかるため、購入を躊躇されやすいことは理解しておきましょう。また、実施するリフォームの規模次第では、売主の好みが大きく反映されることもあります。売主の好みが強く反映されすぎていて、買主の好みとは外れてしまい、売れにくくなってしまう場合もあることは頭に入れておきましょう。

リフォーム代がかかる

リフォームを行うためには当然費用がかかり、金銭的なコストが発生する点はデメリットの1つです。ひとくちにリフォームといっても内容はさまざまであり、実際にいくらかかるかはその時々で異なります。しかし、安くても数十万円程度、高いと数百万円程度もかかるため、場合によってはリフォーム代が高くつき、物件売却で得られる利益が少なくなることもあります。

リフォームで住宅性能が上がった分は、売却価格に上乗せできますが、売り出し価格を高くしすぎると、売れ残ることも多いです。また、早く売ろうと売り出し価格を下げてしまうと、リフォーム代の相殺ができず、場合によってはマイナスになってしまう可能性もあるため注意しましょう。

結論として家を売るならリフォームしたほうがいいのか?

自宅売却前のリフォームにはメリットとデメリットの両方があるため、結局行うべきかどうか、悩む人は多いでしょう。売却前にリフォームをするかどうかは、その時々の状況によって異なります。どのような場合は売る前にリフォームをすべきか、反対に控えるべきなのはどのようなケースかを知り、損なく売却活動に臨みましょう。

個人ではリフォームしないのが正解

リフォームは業者に依頼するだけでなく、個人のDIYで行う方法もありますが、これはおすすめできません。DIYでのリフォームは成功率が低く、大がかりなものだと失敗して景観を損ねたり、設備を壊してしまったりすることもあります。

また、リフォームが成功したとしても、業者が施工した場合と比較すると完成度が低く、買主に見栄えが悪いと判断されることもあります。個人でのリフォームには手間もお金もかかりやすく、かつ売却時の減額交渉の材料にされてしまうこともあるため、売却前には行わないほうがよいでしょう。

リノベーションのための中古物件の需要について

中古物件の購入を検討している人の中には、購入してから自分でリフォームやリノベーションをしたいと考える人が多いです。中古住宅を安く買い、リノベーションをして自分好みの家に仕上げたいと考える人もいるため、売却前には余計な手を加えないほうが、市場の需要を獲得しやすいでしょう。

もちろん、売却前にリフォームをすることで得られるメリットも複数あります。しかし、リノベーション前提で購入を検討している人にとっては、事前のリフォームはマイナスになりやすいです。リフォームの手間やコストを考えると、売却前のリフォームはしないほうが、売主と買主双方の負担を抑えやすいといえます。

リフォームは転売業者に頼むのが吉

もしも売却前にリフォームをするなら、個人で行うのではなく、不動産転売業者に頼むことがおすすめです。不動産転売業者なら、個人でリフォームを行うよりも仕上がりは確実で、リフォームを行ったことでかえって売却条件が悪くなるという事態は避けやすいです。

また、リフォームした物件の売却ノウハウが蓄積されていることも多く、好条件での売却も目指しやすいでしょう。リフォームから売却まで一括で依頼できるなら、家を手放すまでのステップも進めやすく、スムーズに売却できます。

ノウハウがしっかりしているため工事費が安く済む

リフォームにはいくらかのコストがかかりますが、不動産転売業者はノウハウが蓄積されているため、リフォームにかかる工事費が比較的安いです。

売却を前提としたリフォームを実施するため、売却利益を減らさないように、工事費を節約するノウハウを身に付けていることが多いです。リフォームによって売却条件が悪くなりにくいだけでなく、コストが発生するというデメリットが抑えやすい点も魅力でしょう。

転売業者のリフォーム単価は安い

不動産転売業者のリフォーム単価は安く、個人で行う場合の約6~8割程度で済むことも少なくありません。なぜなら業者には専属の職人がいたり、固定の提携先があったりするためで、個人で行うよりもコストは格段に安くなると考えましょう。

もちろん、実施する内容次第では高額な費用がかかることもありますが、単価としては安いため、別の方法よりもお得であることは確実です。

リフォームするなら不動産会社と話し合ってから

売却前にリフォームをするかどうか悩む場合は、不動産会社と相談してみるとよいでしょう。不動産会社に相談して査定を出してもらったり、家の状態を詳細に見てもらったりすることで、リフォームを行うべきかどうかの判断をしてもらえます。

不動産会社に相談する場合は、リフォーム済みの家を売却した経験があるかどうかを指標にして、利用する業者を選びましょう。リフォーム済みの家の売却に慣れている不動産会社なら、適切な判断もしてもらいやすくなるため、その時々の状況に合った方法で売却しやすくなります。

簡易リフォームならあり

売却前には基本的にはリフォームをしないほうが無難ではありますが、簡易的なものなら、売る前に実施してもそれほど問題にはなりません。むしろ簡易的なリフォームをすることで、家の状態がよくなって、好条件で売却しやすくなることもあります。

簡易的なリフォームとは、時間やお金をそれほどかけずに行えるものであり、具体的には次のものが該当します。

  • 壁や床の部分的な補修
  • 水回りのクリーニング

これらの内容なら、実施しても売却利益を圧迫する可能性が少なく、かつ買主にも好印象を与えやすくなるためおすすめです。

リフォーム以外の家を高く売る方法

家を高く売るためには、売却前にリフォームをするだけではなく、事前に次の方法を試すこともおすすめです。

  • 物件に合った不動産業者に仲介を依頼する
  • 一括査定サービスを利用する
  • アピールポイントを考える
  • 内覧の雰囲気をよくしておく

これらのポイントを把握しておくことで、リフォームをしなくても自宅を好条件で売却しやすくなるでしょう。

物件に合った不動産業者に仲介を依頼する

不動産会社によって得意分野は異なるため、売りたい物件に合わせた不動産会社に仲介を依頼すると、好条件での売却を目指しやすくなるでしょう。不動産会社によっては、賃貸の仲介や都市開発などをメインに行う業者もあり、これらは売却には適さないため、別の業者を探すことがおすすめです。

また、売却に強みのある不動産会社でも、戸建ての売却が得意なのか、マンションの売却に強みがあるのかは異なります。同じ物件でも、仲介を依頼する不動産会社によって売却の条件が変わることは多いため、依頼先は慎重に選定しましょう。

また、営業担当者との相性も重要で、親身に相談に乗ってくれるか、コミュニケーションが取りやすいかも確認することが大切です。業者だけでなく、担当者との相性もチェックして、ストレスなく売却できる依頼先を見つけましょう。

一括査定サービスを利用する

売却の仲介を依頼する業者を選ぶ際には、一括査定サービスの利用がおすすめです。一括査定サービスを使うことで、一度に複数社から査定を受けられるため、結果を比較して依頼先を選定しやすくなります。不動産会社によって提示する条件が違うことも多いため、最低3社を目安に結果を比較しておくと、売却予定の物件の相場価格を判断しやすいでしょう。

もちろん、査定額は確定した売却価格ではないため、査定額だけで業者を選ぶと失敗することもある点には注意しましょう。複数社で比較する際には、提示された金額だけでなく、その金額になっている根拠まで含めて確認しておくことで、より自分に合った不動産会社を見つけやすくなります。

一括査定ならイエウールがおすすめ

一括査定サービスなら、イエウールの利用がおすすめです。イエウールは全国1,600社以上と提携しており、悪徳業者をすべて排除しているため、優良業者と契約しやすく、安心度は高いです。

また、一度の登録で最大6社から査定を受けられるため、結果を比較しやすい点も魅力でしょう。気になる不動産会社には、ネット上からより詳細な訪問査定の依頼も出せるため、売却までの流れもスムーズに進めやすいです。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

アピールポイントを考える

買主と交渉する際に備えて、自宅のアピールポイントを考えることもおすすめです。その物件はどのような点で優れているのか、いかなるポイントが売り出し価格につながっているのかを説明できると、高めの価格設定でも売却しやすくなります。

アピールポイントとしては、アクセスのよさや周辺施設の充実度だけではなく、屋内の設備や生活動線のスムーズさなどもあげられます。特に、住んでいるからこそわかるアピールポイントを提示することで、好印象を与えられ、売却の条件もよくなりやすいでしょう。

普段から便利に感じている点や、価格アップを狙えそうな設備がある場合は、内覧の際に強くアピールすることで、売却価格のプラスにつなげられます。

内覧の雰囲気をよくしておく

内覧時の対応や、物件の状態によっても売却価格は変わるため、自宅の雰囲気はできるだけよくしておきましょう。部屋を片付けてきれいに見せたり、広く見えるように演出したりすることでも、好印象は与えられます。また、照明も重要で、明るくしておくことで印象はよくなりやすいでしょう。

さらに、内覧では物件だけでなく、売主自身の印象も参考にされることがあるため、対応にも注意が必要です。買主がスムーズに内覧をできるように案内をしたり、冷暖房の調節をして快適に過ごせるようにしたりすることでも、売却価格の向上は目指せます。

リフォームするなら不動産業者に任せよう

家を売る前にリフォームをする場合は、一度不動産会社に相談してみることがおすすめです。物件の状態によって、売却前にリフォームすべきかどうかは変わります。

売る前のリフォームはメリット・デメリットの両面があるため、自分の場合はどちらが大きくなるかを考えることが大切です。メリットが大きいならリフォームを行い、少しでも好条件で自宅を売却して、利益を大きく残しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、「家を売る際の相場の調べ方|好条件で売却する3つのコツをご紹介 」の記事をご覧ください。
また、「 家を売る際に必要な税金は?利用できる控除や節税方法」という記事や、 「離婚で家を売る方法は?財産分与で失敗を避けるための知識」 という記事もご覧ください。
他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?