不動産鑑定にかかる費用は?相場や費用を抑える方法について解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産の価値を詳細に知る方法として、不動産鑑定があります。不動産鑑定では不動産鑑定士が国の基準に従って、該当の不動産の評価を決定します。 不動産鑑定には費用がかかるため、実施するならコストを把握しておくことが大切です。

不動産鑑定の費用相場はいくらか、コストを抑える方法も含めて、費用についての理解を深めていきましょう。 不動産鑑定について知りたい方は、 「不動産鑑定とは?依頼するための流れやかかる費用について解説」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産鑑定の費用相場はいくらなのか

不動産鑑定の費用に明確な決まりはなく、鑑定事務所によってコストは異なります。しかし、ある程度の費用相場はあり、一般的な不動産の鑑定なら、20~30万円程度であることが多いでしょう。

不動産鑑定の際にかかっている費用としては、不動産鑑定士への報酬と、鑑定評価書などの書類の作成があげられます。対象となる不動産を詳細まで調査し、評価を行うという作業にコストがかかっており、人件費や鑑定作業の実費精算という名目でも費用がかかっていることが多いです。

不動産の売却価格を知りたい方は、まず査定を検討するとよいでしょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

不動産鑑定費用はどのように決まっているのか

不動産鑑定費用は、鑑定する不動産の価格と不動産の種類によって決まります。不動産の価格が高いほど、鑑定費用も高額になります。これは鑑定額が高いほど、評価の正確性を保証しなければならず、不動産鑑定士個人や鑑定事務所がより大きな責任を負うからです。

つまり、保証する責任が多く、鑑定者の負担が大きいことから、評価額が高いものほど、費用は高額になると考えましょう。また、不動産の種類によっても費用は異なり、種類別の鑑定費用の相場は次の通りです。

不動産の種類費用の相場
更地20~30万円程度
建物+土地25~50万円程度
宅地見込地の所有権25万~60万円程度
農地・林地の所有権および地代35~70万円程度

権利関係の鑑定をしてもらったり、建物と土地など、鑑定対象となる不動産自体が多くなる場合は、費用も高くなりやすいでしょう。不動産鑑定の費用は業界で規定があるわけではないため、同じ不動産でもどの鑑定事務所を利用するかによって、かかる費用は異なります。

それぞれで料金体系が異なるため、実際に話を聞いてみなければいくらかかるのかがわかりません。そのため、より安価で利用できる業者を見つけたいなら、事前の見積もりを複数社で取り、料金を比較してから依頼先を選ぶとよいでしょう。

不動産鑑定の3種類の費用

不動産鑑定には3つの種類があり、それぞれでかかる費用が異なります

  • 不動産鑑定評価書
  • 調査報告書
  • 意見書

また、費用が違うだけではなく、鑑定結果からわかることも異なるため、それぞれの違いを正しく把握しておきましょう。

不動産鑑定評価書

不動産鑑定評価書は、対象となる不動産についての詳細な事項が記載されており、もっとも多くの情報を正確に知りたい場合に利用します。大きな特徴は法的な効果を持つという点であり、例えば財産分与や相続などの際に裁判所に提出する書類としても使えます。

不動産の価格評価基準にもとづいて、評価した内容が記載されているため、信頼度が高いことも特徴でしょう。より詳細な評価内容が記載されており、法的な効力も持つ書類であるため作成に手間がかかり、鑑定費用は高くなりやすいです。

調査報告書

不動産の価格について調査したい場合は、調査報告書のように簡易的なものを使用するという方法もあります。調査報告書は不動産の価値評価基準だけで決めず、簡易的に不動産の評価を行います

そのため、法的な効力は認められませんが、手間をかけずに不動産鑑定を行いたい場合にはおすすめでしょう。不動産鑑定評価書ほど作成に手間がかからないため、安価で利用しやすく、低コストで不動産評価を行いたい人や、法的な効力が不要な場合に向いています。

意見書

さらに簡易的に不動産の価格を調査して作成するのが、意見書です。意見書は法的な効力を持たないため、裁判所への提出書類としては使えないため注意が必要です。

より簡易的な評価となるため、一度鑑定してもらった不動産を再評価してもらう際などにおすすめであり、できるだけコストをかけずに鑑定を受けたい人に向いているでしょう。

不動産鑑定評価の費用を安く抑える方法

高額な費用がかかることも多い不動産鑑定ですが、方法次第ではコストを抑えることも可能です。不動産鑑定にかかる費用を少しでも抑えたいなら、次の2点を押さえておくとよいでしょう。

  • 鑑定を依頼すべき場合と依頼しなくてよい場合を知る
  • 査定なら一括査定サイトがおすすめ

これらのポイントを踏まえて不動産鑑定を依頼することで、コストを削減して不動産の詳細な価値を調べられます。

鑑定を依頼すべき場合と依頼しなくてよい場合を知る

不動産の価値を知る方法としては、不動産鑑定をしてもらうだけではなく、不動産会社による査定を受けるという方法もあります。シーンごとにどちらが適しているかは異なるため、鑑定を依頼すべき場合とそうでない場合には、どのような違いがあるのかを知っておくことが大切です。

不動産鑑定が必要なのは、主に裁判所や税務署などに不動産評価の書類を提出する場合です。いわば、不動産の価値を明確に証明でき、法的な効力を持つ書類を提出をおこなう場合は、鑑定費用が高額になりやすい不動産鑑定を受ける必要があります。

対してただ不動産の価値を知りたい、売却前に相場価格を知りたいなど、法的な効力を必要としない場合は、無料で行える不動産査定がよいでしょう。

不動産査定で提示される結果は不動産会社によって違うため、複数社から査定を受ける必要がありますが、それぞれの査定内容を比較することで、所有している不動産の相場価格は無料で調べられます。

査定なら一括査定サイトがおすすめ

より簡単に不動産の価値を知りたいなら、ネット上の一括査定サービスを利用するとよいでしょう。不動産の一括査定サービスは数多くあり、すべて無料で利用できます。

サイトに不動産の情報を入力するだけで査定が受けられ、一度に複数社からの査定結果を受け取れる場合が多いため、各社からの評価を比較しやすい点も魅力でしょう。入力する情報としては、不動産の所在地や種類、築年数などが多く、登録も5分程度で終わるものが多いです。

不動産会社に直接査定を依頼する場合は、訪問から査定、結果の提示までに1週間程度かかることが多いですが、一括査定サービスなら翌日か、早いと当日に査定結果を確認できます。

手軽さに加えて、素早く査定結果が受け取れるため、売却の予定がなく、ただ手持ちの不動産の価値を知りたいという人にもおすすめのサービスです。

不動産の一括査定サービスは数多くありますが、そのなかでもイエウールは使い勝手がよいためおすすめです。イエウールは5分程度の情報の登録で、一度に最大6社の査定結果を表示できます。まとめて複数社から査定を受けられるため、結果を比較して対象不動産の相場価格を効率的に調べられるでしょう。

また、全国1,600社以上の不動産会社と提携しているため、地方にある不動産の査定も受けやすく、利用先の選択肢も多いです。

提携している不動産会社はすべて優良業者であるため信頼度も高く、ネットでの査定から訪問査定の依頼も可能であるため、今後売却を予定している人にもおすすめです。

↑完全無料で査定依頼できます↑

必要な場合だけ不動産鑑定を利用しよう

手持ちの不動産の詳細な価値を知る方法として、不動産鑑定はおすすめです。しかし、不動産鑑定には20万円以上の高額な費用がかかる場合が多いため、利用するなら本当に必要なシーンだけに限定したほうがよいでしょう。

不動産鑑定が必要なのは、公的な機関に不動産価値を示した書類を提出する場合であり、これ以外のシーンでは基本的には必要ありません。不動産の価値を知るだけなら、不動産査定という方法もあるため、シーンに合わせて利用するサービスを使いわけ、余計な費用をかけずに不動産の価値を判断しましょう。

もっと詳しく知りたい方は、「不動産鑑定を依頼するときの基礎知識|費用や注意点をおさえよう」という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?