不動産を売却するときの業者選びを解説|売却をもっと有利にしよう

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

家や土地などの不動産を売ろうと決めたら、必然的に業者に売却を依頼することになります。しかし現在、不動産業者は全国各地にたくさんあるので、「どの業者にお願いしたらよいのか」、「そもそもおすすめの業者をどのように調べたらよいのか」などと悩んでしまいます。

そこで今回は、知らなければ損をする「不動産売却の仲業者の選び方」を詳しく解説します。なお、業者に売却を依頼する前にしておくべきことがいくつかあるので、こちらにも注目してください。

不動産の相場を下調べしておくなどの事前準備を実践していないと、信頼できる業者を見つけるのに時間がかかってしまうので、これらの方法についてもしっかりとチェックしていきす。

不動産売却について知りたい方は、 「不動産売却にかかる期間と売却に影響するポイント」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

業者選びが不動産売却の鍵

個人で所有している戸建て・マンション・土地・農地・工場/店舗を売却するときのキーポイントとなるのは、業者選びです。業者は、価格の設定から買主探しをはじめ、内覧の準備や購入価格の交渉、その他契約書の準備などの販売活動などすべてをサポートする役割を担っています。

やるべきことが非常に多く、かなりの労力が必要となる業務です。そのため、実際に売却を進めていく担当者の力量により、スピードや精度などが左右されてしまう可能性があることは否めません。特に、土地売却の場合には、家やマンションを売るとき以上に業者の重要性が高くなります。

物件を売るときよりも、行わなければいけない作業や手続きが多いからです。このように、人柄のよさだけではなく十分な実績があり「信頼できる業者」を選ぶことが、不動産売却を成功させる上で最も重要な要素となるのです。

 

不動産売却で業者を選ぶ時のコツ

不動産には「誰々の持ち物」という権利が生じます。不動産売却は、権利関係が複雑になりやすいため、はじめて行う人には扱いにくいです。そのため不動産売却を依頼する仲介業者を選ぶ際には、親身になって相談してくれたり、売り手のために動いてくれたりするかどうかを基準にしましょう。今回は、信頼できる不動産業者の選び方を紹介していきます。

不動産の売買を専門にしている業者を選ぶ

不動産売却を依頼する仲介業者は、宅建建物取引業の免許を所持している業者であればどこでもよいわけではないことを頭に入れておきましょう。同じ免許を取得していても業務は、それぞれの不動産業者により異なるからです。それに伴い不動産業者ごとに得意分野が生じるので、それを見極める必要があります。次に、不動産業者の業務内容を分類した表を記載するので一覧してみてください。

分譲業者マンションデベロッパー・開発業者・建売業者など
買取再販業者新築売れ残り物件や中古物件の買取再販・競売物件の買取再販など
媒介業者売買物件の媒介・投資用物件の媒介・事業用物件の媒介など
専門系・その他企画開発業・不動産投資ファンド・テナントビルや商業施設の運営など

確認すると、所有する不動産売却の仲介を依頼する場合は、売買物件の媒介業務を取り扱う業者を選べばよいことが分かります。ただしその中でも、土地や一戸建てを中心に取り扱う業者や中古マンションを中心に取り扱う業者、というようにいくつかのタイプに分類されるので、安易に決定してはいけません。

なぜなら不動産売却は専門性が高い業務で、売買の契約を上手くまとめるためには専門分野での経験と実績が必要になるからです。そのため、各業者が取り扱っている売却の業務内容とその実績を下調べしてから、話を聞くようにしてください。

会社の規模よりもサービスの充実度で選ぶ

不動産売却の仲介業者の検討中、「大手企業か中小企業か」という選択で迷う人が少なくありません。しかし実際は大手にしろ中小にしろ、売却力に差はないため、業者の規模で売却力に大きな差があるわけではありません。

業者を決めるポイントの1つとして、「サービスの充実度」があげられます。なぜ「サービスの充実度」で判断するのが良いかというと、不動産業者の評価は、売主が不動産売却で重要視する点によって変わるからです。例えば買主をできるだけ多く集めたい売主であれば、物件を魅力的にPRして集客率をあげるサービスを提供している業者を仲介に選ぶべきです。またどうしても物件を売りたいと考えている売主なら売れなかった場合の買取保証サービスを提供している業者を仲介に選ぶべきです。

このように売主のニーズによって不動産業者の評価はわかれるため、大手か中小かといった業者規模のような軸ではなく、自分が重要視するサービスが充実しているかどうかといった軸が業者を選ぶようにしましょう。

免許番号を確認する

不動産業者が優良かどうかをみきわめる基準として、「宅建業免許証内の()の中の番号が大きいこと」があげられます。免許番号が大きければ大きいほど長く、不動産仲介業をやっている証拠だからです。

どの不動産業者も不動産売買の仲介を行うには、宅地建物取引業の免許が必要です。不動産業者が免許を持っているかどうかを確認するには、業者のHPの下に「国土交通大臣免許(1)第×××××号」、「東京都知事(1)第○○○○○号」というような文言が書かれているかを確認するようにしましょう。

また()の中の番号は、免許の更新回数を表しています。この免許更新回数が免許番号です。免許の更新回数が多ければ多いほど長い間仲介業をやっていて、不動産売却のノウハウが豊富な業者が多いということになります。

例えば3回更新している場合は、(4)という数字が書かれます。免許の更新周期は、1996年以降は5年に1回の頻度で行われます。
大手の不動産業者を5つ選んでみました。この表を見てみると、免許更新回数が9回を超えている業者は、「販売力がある」ということができそうです。

不動産業者名免許番号
三井不動産 リアルティグループ国土交通大臣(14)第777号
住友不動産販売国土交通大臣免許(12)第2077号
東急リバブル国土交通大臣(11)第2611号
野村不動産グループ国土交通大臣(13)第1370号
三井住友 トラスト不動産国土交通大臣(9)第3397号

出典:公益財団法人不動産流通推進センター「2020不動産業統計集

 

不動産業者の担当者が信頼できるか見分ける方法

次に信頼できる担当者の確認方法について、説明していきます。信頼できる業者を見つけても、担当者が頼れる存在でなければ、売却をスムーズに進めることは難しいということができます。信頼できる担当者の特徴には、下記のような3つをあげることができます。それぞれの特徴について、詳しく説明していきます。

  1. 宅建士の資格を持っている
  2. 売却仲介の経験が長い
  3. 親身になって相談にのってくれる

宅建士の資格を持っているか確認する

不動産業者の担当者が宅建士の資格を持っているかを確認しましょう。なぜかというと、宅建士の資格を持っていない担当者に比べて、より多くの専門的な知識を持っているからです。

宅建士とは、宅地建物取引士の略で、「宅地建物取引業者が行う宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引に対して、購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資するよう、公正かつ誠実に法に定める事務を行う、不動産取引法務の専門家」を指します。

例えば売主が物件を高く売りたい場合、高く売れるかどうか、もしくは相場より安く売る必要があるかを宅建士の資格を持っている担当者は、法律のルールに基づいた具体的な説明をしてくれるため、売却価格に納得して売却活動を進めることができるということができます。担当者が全員宅建士の資格を持っていれば安心して売却を進めることができますが、実際は担当者全員が資格を持っているわけではありません。

宅建業法上では、不動産会社では5人に1人以上の割合で専任の宅建士を置くことと定められています。そのため、宅建士の資格を持つ担当者の割合は非常に小さいということができます。

宅建士の資格を持つ担当者に当たりたい場合は、母数である従業員の数が大きい、大手の不動産業者を尋ねるとよいでしょう。

売買仲介の経験が長いか確認する

担当者は、売却仲介の経験が長いベテランのほうが良いということができます。なぜなら仲介経験が長い担当者は、「買主に物件を魅力的に見せるコミュニケーション力や交渉力」を備えていることが多いといえるからです。

コミュニケーション力や交渉力といったスキルは、不動産仲介業においては、物件のアピールポイントが場合によって異なるので、すぐに身に着けられるスキルではありません。長い間仲介業をやっていないとなかなか身に着けることのできないスキルです。

また仲介歴が長いと、専門知識や特定の地域に精通していることもあげられます。なぜ安く売らなければならないのか、どうやったら高く売れるのかを専門知識をもとに説明してくれるので、安心して売却を進めることもメリットの1つです。担当者がベテランかどうかを見極めるには、「3年以上不動産売買仲介に携わっているか」を確認してみると良いでしょう。

親身になって相談にのってくれるか確認する

不動産売却を成功させるには、資格を持っていたり、経験豊富な担当者以外に親身になってくれる担当者を選ぶのも1つの手です。なぜ親身になってくれる担当者が良いかというと、「本当にお客さんのことを考えて行動してくれるから」です。簡単なことではありますが、このことができている担当者は、多くはないと思います。

なぜなら不動産仲介業者では、親身になって売主の相談に乗ったとしても、社内での評価が上がるわけではないからです。むしろ面倒が増えることにもつながり、上司にも「そんな客は対応するな」と暴言を浴びせられることもあります。

厳しい社内環境でもお客さんに寄り添い、親身になって相談に乗ってくれるような担当者は、売却活動がうまく進まなくても根気強く、営業活動を続けてくれます。親身になってくれる担当者に売却活動を任せた結果、お客さんの希望の条件のまま営業を根気強く続けてくれ、売却が成功したという事例も聞きます。

親身になってくれる担当者を見分けるには、お客さんの物件について詳しく調べてくれている、具体的かつ的確なアドバイスをしてくれるなど、お客さんの不安をできるだけなくそうと努力してくれるかどうかをみてみると良いでしょう。

 

不動産売却の業者選びなら一括査定サイトがおすすめ

不動産の仲介業者を選ぶ際には、一括査定サイトを利用することをおすすめします。一括査定サイトなら、手間をかけることなく複数の業者を比較できるうえ、手数料が無料だからです。

失敗しない仲介業者選びは、業者の比較検討からはじまります。心から信頼できる業者を見つけ売却を成功させるため、面倒がらずに複数の業者の情報を収集してください。

簡単に複数の業者を比較できる

業者を比較したうえで業者を選んだほうがよいのは理解できるものの、実際に複数の業者をピックアップするのが面倒なのは確かです。従来であれば、自分で業者を1社ずつ検索し、アポイントを取るために何度も同じ説明を先方に繰り返し伝えなければなりませんでした。

しかし現代においては、一度に複数の仲介業者に査定の依頼ができ、なおかつ簡単に比較することが可能な「不動産一括査定」と呼ばれる非常に便利なサービスが提供されています。

この一括査定サイトを使えば、ネットで一度査定依頼を行うだけで、自分が売却したいエリアが得意分野とする業者を自動的に選別してくれるので、高額で売却してもらえる業者を効率よく見つけられます。なお、査定依頼は無料です。

おすすめは無料一括査定のイエウール

提携している業者が約1,600社以上と業界No.1のイエウールなら、大手や中手の業者だけではなく、地域に密着している業者にも査定の依頼を出せます。提携業者数だけではなく、不動産査定の総依頼数までもが業界でNo.1(2018年7月時点)を誇り、実績がかなり豊富です。そのため、初めて不動産を売却する人でも安心して利用できます。

また、最大6社まで査定を依頼できるのも、イエウールの大きな魅力です。一度の査定でできる限り多くの業者と比較したほうが売却の成功率が向上するとの理由で、他社よりも多い6社を設定しています。

さらにイエウールは、お客様からのクレームが多い業者は契約を解除できる仕組みを取り入れているため、非常に優良な業者ばかりが集まっています。なお、登録は査定を依頼したい不動産の情報とお客様情報を入力するだけで(入力時間の目安1分)簡単に完了します。ぜひ一度、次に紹介する公式サイトを検索してみてください。

↑完全無料で査定依頼できます↑

信頼できる業者を選んで売却を有利に進めよう

信頼できる不動産売却の仲介業者を選ぶためには、その業者の得意分野を見極めたり会社の規模よりも販売活動の内容を確認したり、また囲い込みをしないかどうかを確認したりすることが大切です。

また、複数の業者の情報を比較しながら検討することも重要なポイントとなるので、必ず行うようにしてください。その際の有効な手段として紹介したいのが、簡単に複数の業者を比較できる一括査定サイトです。信頼できる業者を効率よく選んで、不動産の売却を有利に進めていきましょう。

もっと詳しく知りたい方は、 「不動産売却はどこがいい?仲介業者を選ぶコツと注意点を解説」   の記事をご覧ください。
また、 「不動産売却を成功させるポイントを徹底解説!損をしない売却方法」という記事や、 「不動産売却を成功させるための注意点!かしこく売却する方法」  という記事もご覧ください。
他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?