マンションの簡易査定とは|査定額の決まり方や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンションの売却を考えているなら、まずは簡易査定を利用することがおすすめです。簡易査定なら簡単にマンションの査定額を算出でき、その後の売却活動もスムーズに進めやすくなります。

ただし、上手に活用するためにはいくつかポイントがあります。簡易査定とはどのようなものか、基礎知識から活用方法まで知り、上手に利用してマンションのスムーズな売却を目指しましょう。

マンション査定について知りたい方は、「マンション査定の成功法を解説!査定の手順や方法」の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンションの簡易査定の基本

まずは簡易査定とはどのようなものなのか、基本的な知識から身につけていきましょう。知っておくべきことは、価格の算出方法や査定に必要な情報、査定にかかる時間などです。これらを把握しておくことで、簡易査定とはどのようなサービスなのかが理解できます。

簡易査定でのマンション価格の算出方法

簡易査定でマンションの価格を算出する際には、次の指標を用いることが多いです。

  • 周辺の類似物件の価格
  • 不動産会社での類似物件の取引事例
  • 市場の動向

近隣にある条件が似たマンションがいくらで売り出されているか、またいくらで成約したかを参考にして、査定額を算出します。不動産会社ごとの取引実績を参考にされることも多く、その際にも類似物件のデータから査定額を計算すると考えましょう。

また、不動産価格は流動的で市場の動向による影響も受けやすいため、これも考慮されます。主に需要と供給のバランスが関係しており、マンション需要が多くて供給が少ない場合は、より高額査定が期待しやすいと考えましょう。

マンションの簡易査定で必要な情報

簡易査定はサービスによって必要な情報が異なりますが、査定時には主に次の情報が必要な場合が多いです。

  • マンションの住所
  • 物件の種別
  • 専有面積
  • 間取り
  • 築年数
  • 物件の状況
  • 物件との関係

マンションの住所は必須で、都道府県や市区町村だけではなく、番地や部屋番号なども事前に調べておきましょう。物件の種別は分譲か一棟マンションなどの情報です。査定額を算出する際は専有面積や間取り、築年数などの物件の詳細情報が必要ですが、これらは大まかな数値でよい場合が多いです。

物件の状況は現在居住しているか空き家か、また賃貸や事業での利用がないかなどを入力します。売却予定のマンションと、自分はどのような関係かを入力する項目もあり、不動産との関係性は事前に確認しておきましょう。

自分が名義者なのか、代理で売却するのかなどを入力することが多く、その時々でどの項目を選択するかは異なります。簡易査定の際にはこれらの情報に加えて、氏名や連絡先の入力も行います。

マンションの簡易査定にかかる時間

簡易査定はサイトに情報を登録することで申し込めるため、ネットで簡単にサービスを利用できます。申し込み自体は情報の登録だけであるため、1分程度でできるでしょう。査定結果が返ってくるまでの時間は、サービスや不動産会社によって異なります。

対応が早い場合は、申し込んだ当日か翌日には査定結果が受け取れるため、売却活動をスピーディーに進めやすいでしょう。遅い場合でも1週間程度で査定が見られるため、スムーズに物件価値を調べたい人におすすめです。

マンションの簡易査定の注意点は3つ

ネットで簡単に利用できて便利な簡易査定ですが、利用時には次の3つの注意点があります。

  • 実際に売却できる価格ではない
  • 査定結果は不動産会社で差が出る
  • 簡易査定後に営業からのしつこい電話

これらのポイントを把握して、上手に簡易査定を活用しましょう。

実際に売却できる価格ではない

簡易査定で提示される査定額は、実際に売却できる価格とイコールではありません。簡易査定は物件のデータのみで査定額を算出するため、内外装やメンテナンスの状況、周辺施設の充実度などが反映されていないと考えましょう。

つまり、詳細に査定をしてみると、提示されている金額から変動することも多く、確定的な売却価格とはなりません。また、そもそも査定額は3カ月程度の期間で売却できる金額を想定したものであり、実際にいくらで売れるかは購入希望者との交渉次第です。

そのため、交渉がうまくいけば高額で売却できますが、相手が納得せずに条件を下げる場合は、売却価格が査定価格を大きく下回ることもあります。

査定結果は不動産会社で差が出る

査定の方法はさまざまあり、不動産会社によってどの方法を用いて、いかなる評価を下すのかは異なります。そのため、同じマンションでも依頼する不動産会社によって、査定結果にずれが生じることは理解しておきましょう。

査定結果は、大きい場合だと100万円程度も異なることがあるため、1社からだけ査定を受けて売却を決めることはおすすめできません。より正確な相場価格を知るためには、複数社から査定を受けて、結果を比較することがおすすめです。

簡易査定後に営業からの電話がしつこいことがある

査定で物件の情報や個人情報を登録すると、査定後に不動産会社からしつこい営業の電話がかかってくることもあります。その不動産会社を利用しない場合は、はっきりと断ることが大切で、相手の提案をずるずる受け入れてしまうと、悪い条件で売却してしまうこともあります。

営業があまりにもしつこい場合は、簡易査定の運営者に相談したり、連絡を無視したりしてもよいでしょう。営業に根負けして、納得しないままに売却などを決めてしまわないように注意が必要です。

マンションの簡易査定の賢いやり方

マンションを売却する際の簡易査定は、次のポイントを意識して行うとよいでしょう。

  • 査定依頼は複数社に出して結果を比較
  • 不動産会社は信頼できるところに査定依頼する
  • マンションの査定は一括査定サイトを使う

賢いやり方を知っておくことで、失敗なく簡易査定を利用しやすくなり、売却活動の成功も目指しやすいです。

査定依頼は複数社に出して結果を比較する

売却前の査定を受ける際には、複数社に依頼を出して結果を比較しておきましょう。査定は不動産会社によって結果が異なることが多く、1社だけで決めてしまうと、適切な相場価格を知らないままに売り出してしまう可能性があります。

複数社の結果を比較することで相場価格がわかるため、最低でも3社以上を目安にするとよいでしょう。また、査定結果を比較する際は提示されている金額だけでなく、詳細な内訳もチェックしておくことがおすすめです。

不動産会社によっては、顧客を獲得したいがために、実際の価値とは異なる高額査定を提示することもあります。金額の真偽を確かめるためにも、どのような根拠でその査定額が出ているのかを確認し、必要なら不動産会社に説明を求めることがおすすめです。

不動産会社は信頼できるところに査定依頼する

査定を依頼する不動産会社は、信頼度の高いところを選びましょう。仮に複数社に査定を依頼しても、悪徳な会社が混ざっていると、相場価格が見極めにくくなります。信頼度は重要であるため、実績や口コミ評価などを参考にして、査定の依頼先を決めることがおすすめです。

簡易査定では、サイトごとに登録されている不動産会社が異なります。そのため、まずはサイト自体の信頼性をチェックし、どのような基準で提携する不動産会社が選んでいるのかを、確認しておくことがおすすめです。

マンションの査定は一括査定サイトを使う

効率的に査定を行うためには、一括査定サイトを使うとよいでしょう。一括査定サイトでは、物件の情報を一度登録するだけで、複数社からの査定を受けられます。近隣の不動産会社をひとつずつ探す必要性がなく、一気にまとめて査定結果を見られるため、相場価格の把握がスムーズに行いやすいです。

マンションの簡易査定はイエウールがおすすめ

マンションの簡易査定を検討しているなら、一括査定サイトのイエウールがおすすめです。イエウールは一度の登録で、最大6社からの査定を受けられます。まとめて複数社の査定結果を比較できるため、効率的に相場価格を判断しやすいでしょう。

また、全国1,600社以上の不動産会社が登録しており、幅広いエリアで利用できる点も魅力です。提携している不動産会社は優良業者ばかりで、利用者からクレームの多い質の悪い不動産会社は提携を解除しています。便利に使えて、信頼度の高い不動産会社が選べるため、簡易査定をしたいならおすすめのサービスです。

↑完全無料で査定依頼できます↑

マンションの簡易査定と訪問査定の違い

査定は大きく2つの方法があり、1つが簡易査定でもう1つが訪問査定です。マンションを売却する際には、訪問査定も行うため、これがどのようなものか把握しておきましょう。また、簡易査定と比較して、どのような点で異なるのかを知っておくことも大切です。

マンションの査定価格

簡易査定と訪問査定では提示される査定価格が異なり、訪問査定のほうがより詳細な相場価格を算出してもらえます。なぜなら、簡易査定は物件のデータのみで査定額を出していることに対して、訪問査定では物件状態を実際に目で見て判断しているためです。

訪問査定の結果によっては、簡易査定よりも金額が下がることもあるため、この点は頭に入れておきましょう。また、築年数や間取りなど、データ以外の部分で物件に魅力がある場合は、訪問査定のほうが査定額が高くなることもあります。

査定を受けるためにかかる手間や時間

簡易査定はサイトにデータを入力するだけのため、査定にかかる手間は少なく、入力自体は1分程度で終了します。しかし、訪問査定は実際に物件をチェックするため、30分から1時間程度の立ち会いが必要です。

不動産会社によって訪問査定にかかる時間は異なりますが、あまりに短時間だと、きちんとチェックしてもらえていない可能性があるため注意しましょう。また、訪問査定では物件についてより詳しく知るために、次のような書類を提出しなければならないこともあります。

  • 登記済権利証
  • 間取り図と測量図
  • 固定資産税納税通知書
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 身分証明書
  • 建築確認済証
  • 検査済証
  • 地積測量図
  • 境界確認書
  • マンションの利用規約

必要な書類の詳細は不動産会社によって異なるため、訪問査定を実施する前に聞いておくとよいでしょう。

不動産会社の見極めが可能か

実際に不動産会社の担当者とコミュニケーションを取る訪問査定では、その業者が信頼できるかどうかの見極めがしやすいです。話してみたときの感触や印象、丁寧に対応してくれるかなど総合的に判断することで、その不動産会社を利用すべきかの見極めがしやすいでしょう。

対して簡易査定はネットで完結し、担当者の顔が見えません。そのため、信頼できるか、自分と相性がよいかを判断することは難しいです。簡易査定では条件や査定額の根拠を、訪問査定では査定額と担当者との相性や対応のよさなどに注目して、売却を依頼する不動産会社を決めるとよいでしょう。

簡易査定からマンション売却までの流れ

簡易査定を行ってから、実際にマンションを売却するまでの大まかな流れを知っていきましょう。

  • 1. 不動産会社を決めて媒介解約
  • 2. 売却活動を始めて買主を探す
  • 3. 買主と売買契約をして引き渡し

簡易査定で利用する不動産会社を決めたら、これら3つのステップで売却活動を進めていきます。

不動産会社を決めて媒介解約

簡易査定で条件のよい不動産会社を見つけたら、利用先を決めて媒介契約を結びます。媒介契約には3つの種類があり、それぞれで特徴が異なります。

媒介契約の種類メリットデメリット
一般媒介契約
  • 複数の不動産会社を利用できる
  • 個人でも買主を探せる
不動産会社が売却活動に積極的になりにくい
専任媒介契約
  • 個人でも買主を探せる
  • 不動産会社が積極的に売却活動を行ってくれる
不動産会社は1社とのみ契約可能
専属専任媒介契約不動産会社がより積極的に売却活動を行ってくれる
  • 不動産会社は1社とのみ契約可能
  • 個人では買主は探せない

不動産会社に力を入れて売却活動をしてもらいたいなら、「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」が、複数社と契約して自分でも買主を見つけたいなら、「一般媒介契約」がおすすめです。

専任媒介契約は2週に一度、専属専任媒介契約は1週に一度以上は、売却活動の報告義務が不動産会社にあるため、より積極的に買主を探してもらいやすい点が魅力です。一般媒介契約は自由度が高いものの、不動産会社からのサポートが受けづらいことは理解しておきましょう。

売却活動を始めて買主を探す

媒介契約を結ぶと、本格的に売却活動がスタートします。売却活動の具体的な内容としては、ネットや広告などで物件情報を公開したり、内覧希望者の対応をしたりなどがあげられます。

これらの活動は不動産会社に任せられますが、内覧対応は自分も一緒に立ち会っても構いません。購入希望者が現れて内覧をしたら、価格交渉を行って契約するかどうかを決めます。

契約が決まらなければ、また売却活動に戻り、買主が見つかるまで同じサイクルを繰り返します。ただし、あまりにも売却活動がうまくいかない場合は、条件を下げるなどの対策が必要です。売却は一般的に3~6カ月程度と長期になるため、スケジュールには余裕を持っておきましょう。

買主と売買契約をして引き渡し

買主と交渉をして、双方の合意が取れたら売買契約を締結します。契約締結後は引き渡し日までに、抵当権の抹消や片付けを済ませておきましょう。引き渡しの日時は契約時に定めますが、契約から大体1カ月後になることが一般的です。

また、特に定めがない場合は、決済日が引き渡し日になるため、これも頭に入れておきましょう。定めた日程で引き渡しが完了しないと、契約違反となって違約金を支払わなければならないこともあります。契約違反があった際の対応も契約書にて定めるため、サインをする前に詳細な条件を確認しておきましょう。

マンション売却のため簡易査定から始めよう

所有しているマンションを売却するなら、まずは簡易査定から始めることがおすすめです。簡易査定によってマンションの大体の相場価格がわかり、各社の査定結果を比較することで信頼できる不動産会社を見つけられます。

どの不動産会社を利用するかによって、売却の条件が変わることは少なくありません。利用先次第では損をすることもあるため、信頼できる不動産会社を簡易査定で探し、少しでも好条件でのマンション売却を目指しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?