不動産売却を成功させるコツ|ポイントを押さえて失敗を防ごう

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

「相場よりも安く売却してしまった」「想像以上に費用がかかり、ほとんど手元にお金が残らなかった」など、不動産の売却に失敗するケースは数多くあります。不動産の売却でこのような失敗を防ぐためには、あらかじめ売却を成功に導くコツを掴んでおくことが大切です。

この記事では、不動産の売却を成功に導くコツを「高く売る」「早く売る」といった2つの観点で紹介していきます。また、不動産の売却で失敗しないポイントも紹介しているので、これから不動産の売却を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産売却の流れ

不動産の売却を検討するタイミングは人によってさまざまで、場合によってはすぐにでも手放したいと考える人もいるでしょう。不動産の売却を検討したら、どのような流れで進めていくのかを把握しておくことが大切です。不動産の売却を成功に導くコツを紹介する前に、まずは不動産を売却するまでの流れを紹介していきます。

不動産の査定をする

不動産を売却する際には、どのくらいの価格で売却できるのか気になる人も多いのではないでしょうか。売却したい不動産の価格を知りたい場合は、不動産会社に依頼して査定額を算出してもらうケースがほとんどです。インターネットが普及していない時代では、不動産会社に電話で問い合わせたり、店舗を訪れて査定を依頼したりしていました。

しかし、インターネットが普及した現在では、不動産会社に電話で問い合わせたり店舗を訪れたりしなくても、査定を依頼できる方法が登場しています。それは、インターネットを介した一括査定サイトを利用する方法です。一括査定サイトとは、物件種別やエリアなどのちょっとした情報を入力するだけで、複数の不動産会社に一括査定を依頼できるサービスです。

一括査定サイトはイエウールがおすすめ

インターネット上には数多くの一括査定サイトが存在しますが、なかでも「イエウール」がおすすめです。イエウールは全国各地の1,600社以上の不動産会社と提携しており、最大6社に査定を依頼できます。提携している不動産会社は独自の審査基準をクリアしているため、安心して利用できることが魅力です。イエウールを利用して不動産の査定額が把握できれば、売却価格の目安が把握できます。

↑完全無料で査定依頼できます↑

不動産会社と契約する

一括査定サイトのイエウールを利用して不動産会社に査定を依頼すると、各社から査定結果がメールや電話で通知されます。仲介を依頼する不動産会社選びは重要なので、メールや電話でのやり取りで、信頼できる不動産会社かどうか見極めましょう。

信頼できる不動産会社が見つかったら、不動産会社と媒介契約を結びます。媒介契約とは、不動産会社に仲介を依頼するための契約で、次のような3種類に区分されています。

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

これらの媒介契約は、次の表で示すようにそれぞれ特徴が異なるため、自分に合う媒介契約を選ぶことが大切です。

一般媒介契約専任媒介契約専属専任媒介契約
複数の不動産会社との契約できるできないできない
売り手自身が買い手を見つけた場合の取引できるできるできない
レインズへの登録義務任意契約から7日以内契約から5日以内
進捗状況の報告義務任意2週間に1回以上1週間に1回以上
契約の有効期間なし3カ月以内3カ月以内

上記の通り、それぞれの媒介契約の特徴は異なりますが、一般的には「一般媒介契約」を選ぶ人が多いようです。

売却活動を行う

不動産会社と媒介契約を結ぶと、仲介を依頼された不動産会社による売却活動がスタートします。売却活動とは、物件広告の作成や各種媒体への掲載など、買い手を見つけるための作業です。買い手が見つからなければ不動産は売却できないため、売却活動を担う不動産会社の力量が試されます。

不動産会社による売却活動が功をなして購入希望者が現れると、実際の物件を見学してもらうための内覧が行われることが一般的です。内覧時の印象がよければ売買契約に繋がる可能性があるため、物件の整理整頓や清掃には力を入れましょう。

買い手と売買契約を結ぶ

内覧を経て、購入希望者が物件の購入意思を固めると、購入希望者から買い手になります。価格の値下げや条件交渉で、買い手と売り手の双方が同意したうえでついに売買契約です。売買契約は不動産会社や金融機関で行われ、不動産会社の担当者から重要事項の説明を受けます。

売買契約書や重要事項説明書の内容をきちんと確認し、疑問を感じたら不動産会社の担当者に速やかに質問するようにしましょう。売買契約時には、買い手から手付金として売買価格の一部を受け取り、残金の受け取り方法や物件の引き渡し日などを取り決めておきます。

不動産の引き渡し

売買契約後は買い手が住宅ローンの申請をしたり、売り手が物件を引き渡す準備をしたりする必要があるため、1カ月程度の期間をおいて、物件の引き渡し日を迎えるケースがほとんどです。ただし、この期間に買い手が住宅ローンの審査にクリアしなければ、最悪の場合は売買契約自体が解除となってしまいます。

このような場合の規定は、売買契約書に記載することになっているため、売買契約時にきちんと確認しておくことが大切です。売り手は、物件の引き渡し日までに転居や不用品を処分しておきましょう。買い手に物件を引き渡し、不動産の売却が完了します。

不動産売却で高く売る6つのコツ

不動産を売却するまでの流れを把握したところで、次に不動産をできるだけ高く売るコツを確認していきましょう。不動産を売り出す際に、相場よりも安い価格に設定してしまうと失敗に繋がりかねません。ここでは、不動産をできるだけ高く売るコツを6つ紹介していきます。

不動産の相場を自分で調べる

不動産をできるだけ高く売却するためには、相場をあらかじめ調べておくことが重要です。なぜなら、不動産会社から提示される査定額を鵜呑みにして売り出し価格を設定すると、本来よりも安い価格での売却が懸念されるためです。

不動産は相場より高すぎると買い手がつきにくく、相場よりも安すぎると買い手は現れやすいですが売り手が損をしてしまいます。そのため、不動産の売り出し価格を設定する際には、相場に見合った金額に設定することが大切です。

不動産の相場は、不動産会社に査定を依頼しなくても、自分で調べる方法はいくつかあります。たとえば、次のようなサイトを利用することで、同じエリアにある類似物件の相場が把握できます

土地総合情報システム

土地総合情報システムは国土交通省が運営する不動産情報共有サイトで、物件種別やエリアを絞って検索すると実際に取引された物件の価格が調べられます。

REINS Market Information(レインズマーケットインフォメーション)

REINS Market Information(レインズマーケットインフォメーション)は不動産流通機構が運営する不動産情報共有サイトで、物件種別やエリアを絞って検索すると成約価格が調べられます。

新聞の折り込み広告や不動産ポータルサイト

新聞の折り込み広告や不動産ポータルサイトでも、不動産の相場が調べられます。これらの媒体で同じエリアにある類似物件の売り出し価格を見れば、売り出し価格の目安が調べられます。

参考:国土交通省「土地総合情報システム」
参考:不動産流通機構「REINS Market Information(レインズマーケットインフォメーション)」

複数の不動産会社に査定依頼をする

「土地総合情報システム」や「REINS Market Information(レインズマーケットインフォメーション)」などで不動産の相場を把握できたら、次は不動産会社への査定依頼をします。その際には最初から1社に絞るのではなく、複数の不動産会社に査定を依頼することが大切です。なぜなら、査定額は不動産会社によって差があるからです。

そのため、複数の不動産会社に依頼して査定額を算出してもらい、提示された査定額を比較するようにしましょう。また、売却したい物件種別の売買が得意な不動産会社や担当者を選ぶと、スムーズな売却が期待できます。

複数の査定依頼は一括査定サイト活用しよう

電話での問い合わせや店舗を訪れるなど、複数の不動産会社に査定を依頼するのは手間と時間がかかります。手間や時間を省くためには、一括査定サイトのイエウールの利用がおすすめです。イエウールはインターネットを介した一括査定サービスで、最大6社の不動産会社に査定が依頼できます

物件種別やエリアといった、少ない情報を入力するだけで査定を依頼でき、各社から提示された査定額を比較できるので便利です。

導入:イエウール

売り急ぎをしない

不動産をできるだけ高く売却するためには、売り急がないことが大切です。人事異動による海外転勤や親の介護など、どうしてもすぐに売却しなければならない事情がある人もいるでしょう。このような事情がない場合は、売り急いでしまうことでトラブルに発展したり損をしたりする可能性があります

たとえば、売り出したときは相場に見合った価格で設定したものの、買い手が現れて値下げ交渉を求められるケースがあります。このような場合は、早く売りたいがために安易に価格交渉に応じやすくなるため、結果的に相場よりも安く売却してしまうリスクがあるといえます。

売りやすい時期を考える

不動産を売りやすいタイミングは、新年度や新学期が始まる前の1~3月、人事異動による転勤で人の移動が活発になる9~10月頃だといわれています。不動産をできるだけ高く売却するためには、これらのタイミングを見計らって売り出すことが大切です。

不動産を売りやすいタイミングは引っ越しシーズンと重なるため、急いで売却する必要がない場合は、ニーズが高くなるタイミングで売りに出すと高値での売却が期待できます。

室内をきれいにする

売り手が購入希望者に与える内覧時の印象が、購入意思を固めるか否かに大きく影響します。購入希望者は複数の類似物件を見定めている可能性が高いため、少しでも印象がよい物件のほうが高値で売れやすいといえるでしょう。

売り手には室内の整理整頓や清掃はもちろんのこと、室内をできるだけ広く明るく見せる工夫が求められます。また、売り手の印象が悪ければ、高値で売却できるタイミングを失う可能性もあります。そのため、内覧の案内のときや購入希望者から質問があった場合には、懇切丁寧に対応するようにしましょう。

売れないときの値下げ額を考えておく

相場に見合った価格で不動産を売り出しても、売買契約までに購入希望者から値下げ交渉を求められるケースがほとんどです。また、買い手がなかなか現れない場合は、不動産会社から当初設定した売り出し価格の値下げを求められる可能性も考えられます。

そのため、不動産をできるだけ高く売却するためには、値下げ交渉やなかなか買い手が現れなかった事態を想定しておくことが大切です。値下げせざるを得ない事態に陥ったときに、値下げできる範囲をあらかじめ決めておきましょう。

不動産売却で早く売る4つのコツ

不動産は売り急ぐと売り手が損をする可能性があり、なかなか売れないと価格の値下げを検討しなければなりません。ここでは、不動産をできるだけ早く売るコツを4つ紹介していきます。

適正な売り出し価格を設定する

不動産をできるだけ早く売却するためには、売り出し価格の設定が大切です。周辺の類似物件に比べて、売り出し価格が高すぎると買い手は競合物件に流れてしまい、売り出し価格が低すぎると売り手が損をしてしまう可能性があります。

そのため、一括査定サイトや土地総合情報システムなどを利用して、あらかじめ不動産の相場を把握し、相場に見合った売り出し価格の設定を心がけましょう。売り出し価格を設定する際には、同じエリアで間取りや築年数が似ている物件の売り出し価格を参考にするのも手段のひとつです。

媒介契約の選び方は重要

仲介を依頼する不動産会社と結ぶ媒介契約には3種類ありますが、それぞれ特徴が異なるため、不動産をできるだけ早く売るためには、自分に合った媒介契約を選ぶことが大切です。

たとえば、自分で買い手を見つけられる可能性が限りなく低い場合は「専属専任媒介契約」、不動産会社同士で情報を共有できるレインズへの登録義務を求める場合は「専任媒介契約」や「専属専任媒介契約」がおすすめです。

また、一般媒介契約は複数の不動産会社と契約できるため、不動産会社同士による競争原理が働きやすいといえます。そのため、一般媒介契約を選ぶことで、不動産をできるだけ早く売却できる可能性が高まります。

内覧の対応も随時行う

物件に興味を持った購入希望者が現れると、実際に物件を見学してもらうための内覧が行われることが一般的です。不動産をできるだけ高く売却するためには、内覧の対応もスピーディーに行うことが大切です。なぜなら、内覧の日程調整に手こずっていると、購入希望者の物件への興味が薄れる可能性があるからです。

購入希望者とのやり取りは不動産会社が担ってくれますが、内覧の日時は絞らずに余裕を持たせておきましょう。また、内覧時は購入希望者にどの部屋も見せられるように、準備しておくことが大切です。

売却に必要な書類を揃えておく

不動産をできるだけ早く売却するためには、必要な書類をすべて準備しておくことが大切です。不動産の売却を進めていく過程では、さまざまなシーンで次のような書類を準備しておかなければなりません。

  • 購入時の売買契約書
  • 重要事項説明書
  • パンフレット
  • 建築確認済書
  • 土地測量図面
  • 固定資産税納付書 など

これらの書類を紛失している場合は、再発行などに時間がかかる可能性も考えられます。そのため、不動産の売却を検討したら、これらの書類の有無をあらかじめ確認しておくようにしましょう

不動産売却で失敗しないための4つのポイント

不動産をできるだけ早く売却できるコツを把握したところで、次に不動産の売却で失敗しないためのポイントを押さえておきましょう。ここでは、不動産の売却で失敗しないためのポイントを4つ紹介していきます。

査定金額で売れるわけではない

不動産を売却する際には、不動産会社に依頼して査定額を算出してもらうケースがほとんどです。ただし、不動産会社から提示された査定額通りに、不動産が売却できるわけではありません。複数の不動産会社に査定を依頼して、各社から提示された査定額を比較することは大切です。

しかし、最も高い査定額を提示された不動産会社に仲介を依頼しても、売り出し価格を設定する際には、相場に見合った金額になるケースがほとんどです。また、買い手から価格交渉を求められる可能性や、なかなか売れずに値下げを検討する可能性もあります。そのため、不動産会社から提示された査定額は、あくまでも目安として留めておきましょう。

売却の目的を明確にしておく

人事異動による転勤や子供の成長に合わせた住み替えなど、不動産を売却する理由は人によってさまざまです。また、場合によってはすぐにまとまったお金が必要になり、不動産を売却するケースもあります。

そのため、不動産を売却する際は、売却の目的や希望額、時期を明確にしておくことが大切です。たとえば、売却したい時期が明確でない場合は、なかなか買い手が現れずに値下げを余儀なくされる可能性も考えられます。

瑕疵(かし)がある場合は必ず伝える

不動産を売却する際は、売り手は一定の期間にわたって「契約不適合責任」を負う必要があります。契約不適合責任とは、不動産の売却後に欠陥が見つかった場合に必要な修繕費などを、売り手が負担するというものです。

瑕疵(かし)を隠したまま不動産を売却すると、損害賠償を請求されるリスクがあるので注意が必要です。不動産を売却後のトラブルをあらかじめ防ぐためには、瑕疵(かし)がある場合は不動産会社や買い手にきちんと伝えておきましょう。

住宅ローンの残債がある場合は銀行に連絡をする

住宅ローンを返済中の不動産は売却できないため、売却までに完済するか、売却と同時に売却代金をあてて完済するしか方法はありません。そのため、住宅ローンを返済中の不動産の売却を検討したら、住宅ローンの残債を確認することが大切です。

残債がある場合は、不動産の引き渡し日に抵当権を抹消する必要があるため、あらかじめ住宅ローンの借入先の金融機関に連絡しておきましょう。

不動産売却のコツを押さえて上手に売ろう

不動産の売却を成功に導くコツを押さえておかなければ、相場よりも安く売却してしまうといった損をする可能性があります。「売り急ぎをしない」「売りやすいタイミングを考える」などの高く売るためのコツや、「適正な価格を設定する」「媒介契約を慎重に選ぶ」などの早く売るコツを参考にして、不動産の売却を成功に導きましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?