マンション買取でも一括査定を利用しよう!注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

インターネットの広告などでよく目にする不動産一括査定、マンションを売却するときに使うと高く売却出来そうですよね。

そして、マンションを業者に買取してもらう場合でも一括査定は利用することをおすすめします!

ここでは、買取でも一括査定を使った方が良い理由と利用時の注意点をご紹介していきます。

マンション買取に関して知りたい方は、「マンション買取の判断基準を仲介と比較して徹底解説」という記事もご覧ください。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション買取でも一括査定を使った方がいい理由

マンションを買取する場合でも、なぜ一括査定を利用したほうがよいのでしょうか。

以下2つの理由があります。

  • 複数の不動産会社から査定をしてもらえるから
  • 買取専用の一括査定サイトもあるから

それぞれ、確認していきましょう。

複数の不動産会社から査定をしてもらえるから

一括査定サイトは、複数の不動産業者や不動産物件をウェブで一括比較するためのツールです。

そのため、買取の場合でも複数の買取価格を比較することで、その物件についての平均相場を具体的に把握することができます。結果、より高い価格で売却するためのヒントを収集することにつながります。

また、不動産業者にはそれぞれに得意分野があるため、複数の不動産会社から査定をしてもらうことで、マンションに強い不動産会社を選ぶ事が出来ます。

たとえば、一戸建ての取引をメインに扱っている業者にマンションの買取を依頼したとしても、納得のいく査定価格が出ない可能性があります。マンションの売却であれば、マンション買取を専門的に請け負っている業者に買取を依頼することで、より正確な査定が期待でき、資産価値の高い状態でマンションを売却することができます。

買取専用の一括査定サイトもあるから

買取専用の一括査定サイトもあるため、マンション買取をする際も直接不動産会社に行って買取をしているか確かめるよりも、一括査定サイトを利用することをおすすめします。

すべての不動産業者が、買取方式での売却を請け負っているわけではありません業者によっては仲介方式のみを請け負っているところも多く、そうした業者に買取を依頼しても断られるだけです。

買取専用の一括査定サイトを利用することにより、「どの業者が買取方式を請け負っているか」ということを、一目瞭然で把握することができるので、事前の業者リサーチを効率的に進めることができます。

このような買取専用の一括査定サイトでは、間にエージェントが入って買取業者とのコミュニケーションを担ってくれるサイトがほとんどです。

出来るだけ手間をかけずにマンション買取を依頼したいという人は、直接不動産会社を探すよりも断然買取専用の一括査定サイトを利用するとよいでしょう。

マンション買取でおすすめな一括査定サイト

マンション買取で、出来るだけスムーズに・高く買取してもらいたいという方に特におすすめの一括査定サイトが「イエウール」です。

イエウールは業界No1の全国1,900社以上の不動産会社と提携しており、エリアカバー率も業界No1であるため、「自分が住んでいるエリアのマンション買取に対応している不動産会社がいない」という可能性を最も減らせる一括査定サイトだといえます。

また、利用者実績も1000万人以上と他の一括査定サイトのなかでもNo1であるため、利用者対応に慣れている不動産会社と多く提携しているともいえます。

イエウールでは厳しいチェック体制により、問題のある不動産会社を排除しているため、初心者でも安心して不動産物件についての情報をリサーチすることが可能です。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション買取で一括査定をする時の注意点

マンション買取で一括査定をするときは以下の3つのことに注意する必要があります。

  • 査定価格=買取価格ではない
  • 2種類の買取方法に対応しているか
  • 買取時には訪問査定が必要

それぞれ、具体的にどのようなことに注意すればよいのか確認していきましょう。

査定価格=買取価格ではない

買取で一括査定サイトを利用する際に最も注意しなければならないことは、査定価格です。

不動産一括査定で不動産会社が算出する価格は、不動産会社が仲介に入りマンションを売却した場合、いくらになりそうかという価格でしかありません。

一括査定サイトを利用しても具体的な買取価格を把握することは出来ないのです。

そのため、マンション買取で最終的に手元に入る「買取価格」と一括査定で提示される「査定価格」は異なるものだと考えることが必要です。

マンションの買取相場は市場価格の60~80%と言われています。そのため、物件情報を入力して1~数日後に不動産会社から得られる査定価格に60~80%の価格を掛け合わせた価格が、あなたのマンションの買取価格の目安ということです。

2種類の買取方法に対応しているか

買取には2種類の方法があります。「即時買取」と「買取保証」です。

査定結果を算出した不動産会社がこれら2種類の買取方法に対応しているか確認するようにしましょう。

即時買取では、不動産会社が物件の価格査定を行ったあとに直接買い取るため、早ければ3日~1週間程度でマンション買取が可能です。一方の買取保証では、まずは不動産業者が一定期間物件の売却活動を行い、買い手が見つからなかった場合に業者による買取が行われます。

なお、即時買取の場合は売り手側が査定価格に同意した時点で売買契約が成立し、まとまった資金が手に入るので、新規マイホームの購入を控えている方などにおすすめです。ただし、物件の査定価格が市場相場の5~8割程度に下がってしまうというデメリットがあります。

買取保証では、一定期間の売却活動が必要になるため、物件の売却までに時間がかかるというデメリットがある一方で、市場の相場に近い価格で物件を売却できるという利点があります。

買取時には訪問査定が必要

不動産一括査定サイトを利用して査定をするときに、ほとんどが机上査定です。

机上査定とは、直接物件を見ることなく過去の取引事例や独自の計算方法を基に査定する方法です。

一方で、マンションを買取で売却する際は必ず訪問査定を行う必要があります。正確な買取価格を知るためにも一括査定サイトで机上査定するだけではなく、訪問査定が追加で必要になります。

さきほど、マンション買取でおすすめの一括査定サイトとしてご紹介したイエウールでは、はじめから机上査定と訪問査定を選択できるため、買取をする予定の方は訪問査定を選択して一括査定を受けましょう。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション買取と仲介の違い

さて、ここまでマンションを買取で売却しようと決めていた方も、改めて仲介との違いを把握することで自分に適した売却方法でマンションを売却することが出来ます。

買取と仲介の違いは以下の表のようになります。

買取仲介
買い手個人不動産会社・買取業者
売却期間2週間~1ヶ月3~6ヶ月
売却価格相場価格相場価格の60%~80%
仲介手数料かかるかからない
契約不適合責任なしあり
手間なしあり:内覧対応など

買取と仲介でそれぞれの違いを確認していきましょう。

買取

買取最大の特徴は売却期間の短さです。売却を決めてから決済に至るまで1ヶ月ほどで完了することが出来ます。

買取では、不動産会社が直接不動産を買い取るため売却活動の大部分を省略することができ、マンションをスピーディーかつ確実に売却できます。

また、買取では契約不適合責任が免除になります。契約不適合責任とは、「物件に何らかの修繕箇所や不具合が生じた場合は、たとえ売却後であっても売り手側が修繕責任を負う」という契約事項のことです。

仲介方式による売却では、契約不適合責任が物件に設定されているケースが多く、物件を手放したあとで売り手側に修繕負担金が求められることもあります。一方買取方式では、物件の所有権が不動産業者に移管されるため、契約不適合責任は原則として免除され、売却後まで売り手側が修繕責任を負うこともありません。

買取方式の大きなデメリットとしては、物件の売却価格が下がってしまうという点が挙げられます。まったく同じ条件のマンションを同じタイミングで売却したとしても、仲介方式と買取方式ではどうしても売却価格に差が出てしまいます。

物件の状態や不動産業者の規模によっても左右されますが、買取価格は仲介の約60~80%程度になります。

たとえば、仲介であれば5000万円で売却できるマンションが買取では3000~4000万円になります。

そのため、売りにくいマンションを所有している方やどうしても急ぎで売却する必要がある方以外は買取は避けた方が良いでしょう。

仲介

仲介では、不動産会社が間に入り個人が買い手になります。

そのため、仲介方式による売却の場合売り手としてはまず物件の買い手を探さなくてはなりません。また、売却活動のなかで売主は購入希望者の内覧対応をする必要があるため、手間がかかる売却方法といえます。

そのうえ、売却活動の結果、必ずしも買い手が見つかるという保証はなく、数年単位で物件を処分できないというケースも決してめずらしくはありません。

また、成約した場合仲介してくれた不動産会社に対して、仲介手数料を支払う必要があります。

仲介手数料は、売却価格×3%+6万円(税込)が目安です。たとえば、マンションの売却価格が3000万円であるとき、仲介手数料は100万円ほどになります。

ただ、買取と比較すると最終的に手元に残る金額は圧倒的に仲介の方が大きいので、基本的には仲介での売却がおすすめです。

少しでも高くマンションを売却するなら仲介

マンションを少しでも高く売却するなら仲介がおすすめです。仲介の場合でも、一括査定を利用して売却して出来るだけ高く売却しましょう。

イエウールを利用してマンションの価格を査定してみてはいかがでしょうか。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

もっと詳しく知りたい方は、「マンション買取業者を選ぶ基準と流れや注意点を解説」という記事もご覧ください。

また、「マンション買取価格は仲介の6~8割が相場!価格の調べ方も解説」という記事や「マンションの持分買取をする方法と流れや注意点を解説」という記事もあわせてご覧ください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?