家を売るならどこがいい?高く売るために業者を厳選しよう

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

家を売るなら、少しでも高値で売却したいと考える人は多いです。しかし、家の売却は利用する業者によって条件が変わることも多いため、注意しなければなりません。

好条件での売却を目指すなら、どこがいいのかを知っておくことが大切です。家を売るならどの業者がいいのかを知り、利用先を厳選して好条件での売却を目指しましょう。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

家を売るなら一括査定サイトで業者を厳選するのがおすすめ

家を売るなら条件のよい業者を探すことが大切であり、そのためには一括査定サイトを利用するとよいでしょう。

一括査定サイトは、好条件で利用できる不動産会社の選定をしやすく、どこがいいのかも比較しやすいです。利用するメリットや上手な活用方法を知り、一括査定サイトで業者を厳選しましょう。

一括査定サイトで業者を探すメリット

一括査定サイトで利用先の業者を探すメリットとしては、次の2つがあげられます。

  • 複数社の条件を効率的に比較しやすい
  • 自分で最寄りの不動産会社を探さなくて済む

一括査定サイトは、一度物件の情報を登録すると、まとめて複数社から査定結果を受け取れます。そのため、1社ずつ査定を依頼する必要がなく、まとめて得られた情報を比較することで、どの不動産会社を利用するとよいのかが効率的に判断できます。

また、一括査定はネット上で完結するため、自分で最寄りの不動産会社を探す手間もありません。効率的に不動産会社探しができ、手間をかけずに査定ができるため、一括査定サイトは業者探しに便利です。

一括査定サイトの選び方

一括査定サイトを利用する際には、どのサイト利用するかが重要です。サイトを選ぶ際には、次のポイントを意識するとよいでしょう。

  • 対象エリアの広さ
  • 登録されている不動産会社の多さ
  • 同時に何件に査定依頼を出せるか

対象エリアが広いと、都市部だけではなく地方にある不動産の売却も可能です。サイトによって対象のエリアは異なるため、幅広いエリアで利用できる全国対応のものがおすすめです。

登録されている不動産会社が多いと、より幅広い選択肢から利用先を選べます。査定時に比較できる判断材料も多くなるため、登録数が多いサイトを選ぶとよいでしょう。

また、効率的に査定を行うには、一度に複数社に査定を依頼できるサイトがおすすめです。同時査定の数が多いほど、各社の条件の違いを比較できるため、より自分が売りたい家に合った不動産会社が見つけられるでしょう。

一括サイトでおすすめは「イエウール」

一括査定サイトなら、イエウールの利用がおすすめです。イエウールは一度の登録で同時に6社から査定を受けられるため、効率的に条件を比較できます。また、登録数も多く、全国1,600社以上と提携しています。

対象のエリアも広く、幅広い選択肢から不動産会社を選べるため、売却したい家に合った業者を見つけられるでしょう。利用するにはサイトにアクセスし、売却したい不動産の所在地を入力します。

その後物件の専有面積や間取り、築年数などを大まかに入力して、物件の状態や物件との関係を選択すると申し込みは完了です。登録は1分程度でできるため、手軽に利用できる点もイエウールの魅力です。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

一括査定サイトで査定依頼する際の注意点

一括査定サイトを使って不動産会社を選ぶ際には、次の2点に注意しましょう。

  • 家の相場を知るためにまずは机上査定を依頼する
  • 仲介と買取の業者の違いに注意

これらの注意点を守ることで、よりスムーズにサービスを利用しやすくなり、自分に合った不動産会社を見つけられます。

家の相場を知るためにまずは机上査定を依頼する

査定には机上査定と訪問査定の2つがあり、家を売却するなら相場価格を知るために机上査定を行います。

机上査定は物件のデータをもとにして査定額を算出する方法であり、サイトでの査定がこれに該当します。机上査定で複数社からの査定を受け、相場を把握してから条件のよさそうな業者に訪問査定を依頼しましょう。

訪問査定は実際に家に訪れ、詳細な状態まで確認して、より正確な査定額を算出します。

正確な査定額を出してもらうには訪問査定がおすすめですが、机上査定よりも時間がかかりやすいです。そのため、訪問査定だけで利用先を選定すると、時間のロスが多いため、まずは机上査定で利用先の選択肢をある程度絞り込んでから、気になった不動産会社に訪問査定を依頼するとよいでしょう。

仲介と買取の業者の違いに注意

不動産会社には仲介と買取の2種類があり、それぞれの違いを把握しておきましょう。

業者の種類買主売却の期間売却の価格売却費用
仲介主に個人完了まで時間がかかる相場価格で売却しやすい仲介手数料(3%+6万円)がかかる
買取不動産会社早期に売却手続きが完了する相場価格よりも安くなりやすい仲介手数料はかからない

仲介と売却の大きな違いは、買主が個人か不動産会社かです。仲介の場合は個人に売却が可能であり、買主との交渉次第で高値で売れることもあります。ただし、その分仲介手数料がかかったり、売却に時間がかかることもあります。

買取は不動産会社との契約のみで売却できるため、確実に売りやすく素早く売却が完了する点がメリットです。仲介手数料もかからないため、売却費用も抑えられますが、売却価格は相場よりも安くなりやすい点には注意しましょう。

これは不動産会社が買い取った後に、自社でリフォームは修繕などをして再活用をするためです。これらの費用が先に差し引かれて売却価格が決定することも多く、素早く売りやすい分、得られる利益は小さくあります。

売却期間に余裕がない人は買取を、時間に余裕があって少しでも高値で売りたい人は仲介に強みのある業者を選ぶとよいでしょう。

不動産会社を選ぶ際に査定額以外で見るべきポイント

利用する不動産会社を選ぶ際には、査定額だけではなく、次の4つのポイントにも注目しましょう。

  • 訪問査定の結果に根拠があるか
  • 営業の担当と話してみて信頼できるか
  • 似た条件の家を売った実績が豊富か
  • 効果的な広告の出し方をしているか

これらのポイントをチェックしておくことで、どこがいい業者なのかが判断しやすくなり、スムーズに利用先を選びやすくなります。

訪問査定の結果に根拠があるか

売却前にはより正確な査定額を出してもらうために訪問査定を依頼しますが、この結果にはきちんと根拠があるかを確認しておきましょう。

明確な根拠なく査定額が下げられている、あるいは上げられている場合は注意が必要であり、不動産会社に説明を求めることがおすすめです。

根拠のない結果を信用して売却活動を行うと、実際の価値とは違った金額で売り出してしまい、売り損や売れ残りといった失敗が起きる可能性があります。

査定結果は詳細まで確認して、プラスとマイナスの両方が記載されているか、それぞれに根拠があり、細かく説明してもらえるかで利用先を選びましょう。

営業の担当と話してみて信頼できるか

不動産会社の営業担当者とは綿密にコミュニケーションを取ることが大切であり、話してみて信頼できるかどうかも業者選びの指標にしましょう。

不動産の売却は3カ月かそれ以上の長期間かかることも多く、担当者とは密に連絡を取らなければなりません。

このとき担当者との相性が悪かったり、信頼できなかったりすると、売却活動がスムーズに行えないこともあります。気軽に質問でき、聞いたことに対して明確な答えが返ってくるか、自分の要望に合った売却プランを親身に考えてくれるかなどをポイントにして、担当者の信頼度も測っておきましょう。

似た条件の家を売った実績が豊富か

好条件で家を売るなら、売却予定の物件と似た条件の家の売却実績があるかどうかも確認が必要です。不動産会社によって強みのある分野は異なり、例えば居住用住宅の売却が得意でも、それが戸建てなのかマンションなのかが違うこともあります。

似た条件の家の売却実績が豊富なら、自分の家も好条件で売れる可能性が高く、売却活動もスムーズに進めやすいでしょう。

不動産売買を成功させるには、利用先の得意分野と売りたい不動産の特徴を合わせることが大切です。不動産会社の規模に関係なく、得意分野や売却実績をチェックすることが、自分に合った業者を見つける近道です。

効果的な広告の出し方をしているか

不動産会社によって広告活動の方法は異なり、スムーズな売却を目指すには、業者が効果的な広告を出しているかどうかも重要です。

広告の方法としては、不動産情報サービスのレインズへの物件情報の公開や、不動産ポータルサイトの活用、自社事務所での物件情報の公開などがあげられます。

公開している広告数が多いだけではなく、物件のアピールポイントが詳細に書かれているか、外観や内装の写真が魅力的に撮られているかもチェックしましょう。

どれだけよい物件でも、広告の出し方で失敗すると売却活動が上手くいかないことも少なくありません。不動産売却の成功において不動産会社の広告は重要であるため、どのような広告活動をしているかは事前にチェックしておきましょう。

家を売る業者選びで失敗すると起きる問題

売却活動をスムーズに行うには、どの不動産会社を利用するかが重要であり、この選び方に失敗すると様々な問題が発生します。

  • 実績が乏しい業者でいつまでも家が売れない
  • 査定結果より安く家を売ってしまう
  • レスポンスが悪くストレスがたまる

業者選びに失敗すると、これらの問題が起きやすいため、どこがいい業者なのかは念入りに選定するようにしましょう。

実績が乏しい業者でいつまでも家が売れない

売却実績が乏しい業者に依頼してしまうと、いつまでも家が売れずに、売却活動が滞ってしまうことがあります。家がいつまでも売れないとどんどん価値は下がってしまい、いざ売却できたとしても獲得できる利益が少なくなってしまう可能性があります。

また、不動産は所有しているだけでもコストがかかるため、売却期間が長くなるほど、出費が増えてしまうこともあります。仮に売却実績の豊富な業者でも、不動産会社の得意分野と売却したい家の種別が合っていないとなかなか売れないこともあります。

業者を選ぶ際には、実績が多いかどうかだけではなく、戸建とマンションのどちらの売却実績が豊富なのかもチェックして、自分の家の種別に合った不動産会社を利用することが大切です。

査定結果より安く家を売ってしまう

査定結果は3カ月程度で売れる目安であり、売却価格と必ずしもイコールになるわけではありません。そのため、査定は目安と考えて、これだけを指標に売却活動を行わないことが大切です。

また、業者によっては根拠なく査定を高額に提示することもあります。これを信用して高値で売り出しても買い手がつかず、結局値引きして査定結果を大きく下回って売却しなければならないこともあるでしょう。

利用する不動産会社を間違えてしまうと、査定額と相場価格が大きくずれてしまい、適正価格がわからずに売却に失敗しやすいため注意が必要です。

レスポンスが悪くストレスがたまる

自分に合わない不動産会社を選んでしまうと、担当者からのレスポンスが悪く、売却活動でストレスを抱えてしまうこともあります。すぐに連絡がつかなかったり、質問してもすぐに答えが返ってこなかったりすると、売却活動そのものが後手に回って、売れ残ってしまうこともあるでしょう。

また、担当者にミスが多いと、交渉で失敗したり、契約書類の不備などでトラブルが起きたりすることも少なくありません。

利用する不動産会社はもちろん、営業担当者との相性も重要であるため、家を売る際にはこれもチェックしておきましょう。

家を高く売るために業者選び以外で工夫したいこと

家を少しでも高く売りたいなら、利用する不動産会社選び以外にも工夫しておきたいポイントがあります。

  • 家を売る時期をしっかり検討する
  • 内覧時は家をきれいにして好印象を与える
  • 戦略を持って値下げをする

これら3つのポイントを意識して売却活動を行うことで、より好条件で家を売却しやすくなるでしょう。

家を売る時期をしっかり検討する

家はいつ売るかも重要であり、時期によって売却価格が変動することも多いです。特に高値で売りやすいのは、転勤や新生活の準備などで家の購入を検討する人が多い2月や3月です。4月以降になると需要が落ち着き、売却価格は下がりやすいため注意しましょう。

2月から3月に物件を売却するには、少し前から準備を始めておくことがおすすめです。物件の売り出しまでには1~2カ月程度の期間がかかることもあるため、年明けすぐか、12月ごろから準備を進めておくとよいでしょう。

また、家を売却して利益が出ると、利益分に所得税と住民税がかかります。この税率は所有期間によって変わり、5年を超えると長期譲渡所得になるため、税金は安いです。5年未満だと短期譲渡所得になり、税率が2倍程度になるため注意しましょう。

区分所得税特別復興所得税住民税合計
短期譲渡所得30%2.1%9%41.1%
長期譲渡所得15%2.1%5%22.1%

利益が出る見込みがないならいつ売っても問題はありませんが、利益が出そうなら不動産の所有期間は確認が必要です。5年を超えるかどうかの判断は、その年の1月1日時点での所有期間によって決まります。

内覧時は家をきれいにして好印象を与える

家を買ってもらえるかどうかは、内覧時の印象によって左右されることも多いため、家はきれいにして好印象を与えられるようにしておきましょう。部屋を片付け、不要なものを捨てておくことで、広く見せられて印象はよくなります。

また、掃除をすることも大切であり、汚れが目立ちやすく見られやすい玄関周りや水回りは、念入りに清掃しておきましょう。

自分で掃除をしても汚れが取れない場合は、部分的にハウスクリーニングを依頼し、プロに清掃してもらうこともおすすめです。

部屋の印象は明るさによっても変わるため、内覧のときだけ明るい色の照明を使ったり、大きな窓があるなら採光のよさをアピールしてもよいでしょう。

家のアピールポイントを伝える際には、物件情報には載っていない、住んでいるからこそわかる魅力を述べることもおすすめです。

戦略を持って値下げをする

売り出し価格のまま家を売却できるとは限らず、購入希望者に合わせて値下げをしなければならないことも多いです。値下げをする場合は戦略を持って行うことが大切であり、何の根拠や戦略もなく、ただ値引きをするのは避けましょう。

購入希望者に値下げを求められた場合は、なにを根拠に値下げをするのかを明確にしておくことが大切です。求められるままに値下げをすると、相手の要求に応えすぎて、売却価格が希望より大幅に下がってしまうこともあります。

そのため、住宅設備の不備やアクセスの悪さなど、マイナスポイントをあげたうえで値引きに応じると、無理なく値下げができて購入希望者も納得しやすくなります。

また、なかなか家が売れない場合は小刻みに値下げをするよりも、3ヶ月や半年に一度の長期スパンで売り出し価格の見直しをすることがおすすめです。1カ月ごとに下げていると、ずっと物件情報を見ている人は、さらに安くなってから買おうと待つことも少なくありません。

値下げをする際にも適当に金額を引き下げるだけではなく、3,000万円を2,980万円にするなど、端数で操作して安く見える工夫をするとよいでしょう。

不動産会社はどこがいいかをじっくり検討して家を売ろう

家を売るときには、利用する不動産会社はどこがいいのかを念入りに検討することが大切です。同じ家でも利用する不動産会社次第で、売却条件が変わってくることも少なくありません。

スムーズに売却活動を進め、好条件で売るには自分に合った業者を見つける必要があります。一括査定を利用したり、業者ごとの違いをチェックしたりして、適切な不動産会社を選んで家の売却を成功させましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?