中古マンションの査定で価格調査!影響するポイントはどこなのか

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

中古マンションの売却を考えているなら、まずは査定を受けてみることがおすすめです。査定を受けることで、中古マンションがいくらくらいで売れるのか、目安の価格を調べられます。

査定から売却までの流れをスムーズに行うためには、利用方法や活用のポイントを知っておくことが大切です。査定の上手な使い方を知り、中古マンションを少しでも好条件で売却しましょう。

マンション査定について知りたい方は、「マンション査定の成功法を解説!査定の手順や方法」の記事をご覧ください。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

中古マンションの査定は一括査定サイトを活用すべき

中古マンションの売却を考えているなら事前に査定が必要ですが、その際は一括査定サイトを利用することがおすすめです。一括査定サイトにはさまざまな魅力があり、活用することでよりスムーズに売却活動へと進めます。ただし、デメリットもあるため、マイナス面も含めて理解して上手な活用方法を考えていきましょう。

中古マンションの査定は複数社で比較すべき

そもそも一括査定サイトを利用すべきなのは、不動産の査定額は複数社で比較したほうが、より正確な相場価格を判断しやすいためです。不動産の価値は流動的であることに加えて、不動産会社によって査定評価の基準やポイントは異なります。

そのため、同じ不動産でも査定に出す時期や利用する不動産会社によって、提示される査定額は異なります。場合によっては100万円以上もの差額が出ることもあり、1社だけで決めてしまうと、いくらが適正価格なのかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

複数社で比較すると、おおよその平均価格がわかるため、中古マンションの価値を正しく把握して売却しやすくなります。

一括査定サイトを活用するメリットとデメリット

一括査定サイトは便利なサービスですが、次のようにメリットだけではなくデメリットもあります。

メリット
  • 手軽に査定依頼を出せる
  • 一度に複数社からの査定を受けられる
  • 無料で利用できる
デメリット
  • 不動産会社からしつこく営業をかけられることがある
  • 不動産会社の信頼度の見極めが難しい
  • 査定額は概算であり正確性は低い

一括査定はネット上で完結するため、不動産会社の営業時間に関係なく、いつでも手軽に行える点が魅力です。また、一度情報を登録すると、同時に複数社からの査定を受けられるため、効率的に相場価格を判断しやすいでしょう。

一括査定サイトは、提携している不動産会社から紹介料や広告料として報酬を得ているため、ユーザーは無料で使える点もメリットのひとつです。対してデメリットは、登録すると不動産会社からしつこく営業をかけられたり、本当に信頼できる業者の見極めが難しかったりする点にあります。

また、物件のデータで査定額を算出する一括査定は、実際にマンションに訪問して行う査定よりも、正確性が下がる点もデメリットでしょう。

中古マンションの査定依頼を出すサイトの選び方

不動産の一括査定サイトは複数あり、サイトによって特徴が異なります。そのため、複数あるサイトの中から、自分に合ったサービスを選ぶことが、中古マンションの売却をスムーズに行う秘訣といえるでしょう。一括査定サイトを選ぶときには、次のポイントに注目することがおすすめです。

  • 対象エリアの広さ
  • 登録されている不動産会社の数
  • 同時に査定できる件数

対象エリアはサイトによって違い、全国に対応しているものもあれば、都市部などに限定したサービスもあります。中古マンションが地方にある場合は、都市部限定のサービスは利用できないため、全国対応しているかどうかをチェックしておくとよいでしょう。

登録している不動産会社は、数が多いほど豊富な選択肢から利用先を選べます。また、提携数が多いほど、不動産会社から信頼されているサイトともいえるため、安心して利用できます。同時に査定できる件数に関しても、効率的に相場価格を把握するために重要です。

複数社同時に査定を受けられるサービスなら、1社ずつ査定依頼を出さずに済むため、相場価格の調査にかかる時間を短縮できるでしょう。

一括査定サイトはイエウールがおすすめ

一括査定サイトを利用して中古マンションを売却するなら、イエウールがおすすめです。イエウールは全国の不動産会社と提携しているため、都市部から地方まで幅広いエリアで利用できます。また、登録している不動産会社は1,600社以上と多く、利用先の選択肢が豊富であることも魅力のひとつでしょう。

登録している不動産会社は優良業者ばかりで、利用者からのクレームが多い悪徳業者は提携を解除しているため、安心して利用しやすいです。また物件情報を登録すると、一度に最大6社からの査定を受けられる点も魅力で、効率的に相場価格を判断しながら不動産会社ごとの条件を比較しやすいでしょう。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

中古マンションの査定を受ける手順

スムーズに売却活動を進めるためには、中古マンションの査定を受ける手順を知っておくことがおすすめです。査定は大きく「机上査定」と「訪問査定」の2つがあり、それぞれで詳細な手順や内容は異なります。それぞれの違いを把握して、査定の申し込みから結果の受け取りまでの手順を把握しておきましょう。

机上査定ならサイトで申し込むだけ

机上査定は、一括査定サイトなどからネット上で申し込むだけで完了します。物件の情報を登録するだけで行えるため、手軽に利用できる点が魅力でしょう。査定を受けるためには、まずはサイトにアクセスして、物件の所在地や種別などを入力します。サイトによって登録する情報は異なりますが、机上査定では主に次の情報が必要です。

  • 築年数
  • 間取り
  • 専有面積
  • 物件の状況
  • 物件との関係

築年数や間取り、専有面積などはおおよそで構いません。物件の状況は、空き家なのか現在も居住しているのか、あるいは賃貸利用しているのかなどを入力します。

物件との関係は自分が名義者なのか、あるいは代理で売却しようとしているのかなどを入力する項目です。これらの情報を登録すると、最短で当日から翌日、遅くても1週間後までには査定結果が受け取れるでしょう。

訪問査定は日時の相談から

物件のデータのみで査定を行う机上査定とは違い、訪問査定は実際に物件を見て査定額を算出します。一度マンションに来てもらう必要があるため、まずは不動産会社に査定の依頼をしてから日時の相談を行います。訪問査定の具体的な手順は、次の通りです。

  • 1. 不動産会社に査定を依頼する
  • 2. 訪問日の調整を行う
  • 3. 当日立ち会いのもと査定をしてもらう
  • 4. 物件についての書類を提出する
  • 5. 査定終了後に1週間程度で結果を受け取る

訪問査定は立ち会いが必要で、当日は30分から1時間程度時間がかかると考えましょう。また、その際に物件についての書類の提示を求められます。不動産会社によって求める書類は異なるため、依頼時に必要なものを聞いておき、事前に準備しておきましょう。

査定は物件の詳細な状態から、周辺施設や駅までのアクセスなど、さまざまな要因を考慮します。そのため、当日にすぐ査定結果が出るわけではなく、査定から大体1週間程度で結果が受け取れると考えましょう。

中古マンションの査定価格に影響する8つのポイント

中古マンションの査定価格は、次の8つから影響を受けます。

  • 中古マンションの立地条件
  • 売却する部屋の間取りや状態
  • 中古マンションの設備の充実度
  • 中古マンションの築年数と構造
  • 中古マンションの管理状況
  • 中古マンション自体のブランド
  • 管理費や修繕積立金の延滞
  • 査定を受けるタイミング

これらのポイントを総合して、査定価格を決定します。

中古マンションの立地条件

マンションは査定の際に立地条件をチェックされており、好立地にあるほど評価は高くなります。特に見られるのは、主要な交通機関からの距離や買い物のしやすさ、病院や学校などの公共施設の有無などです。駅から近く、ターミナル駅や各方面に接続のよい駅へのアクセスがよいと、査定価格は上がりやすいです。

また、マンション周辺にコンビニやスーパーが充実していて、買い物がしやすい場合も査定評価はよくなります。病院や学校といった公共施設の存在も重要で、近隣に便利な施設や生活に必要な施設が多いほど、査定価格は高くなりやすいでしょう。

売却する部屋の間取りや状態

部屋の間取りや状態も査定評価に含まれています。間取りはただ広いだけではなく、家事動線がよいことや生活しやすいかどうかもチェックされています。部屋の状態としては、設備の充実はもちろん、壁や床などに傷がないか、設備の劣化や故障がないかなどもチェックされるでしょう。

また、日当たりも評価されており、南向きで採光がよい物件は、査定でも高評価になりやすいです。同じマンションで間取りがまったく同じでも、階層によって査定評価は異なります。マンションの場合は、基本的に高層階ほど査定評価が高くなる傾向にあるため、この点も頭に入れておきましょう。

中古マンションの設備の充実度

マンションには住民全員が利用できる共用部分があり、この設備が充実しているかどうかも、査定時には見られています。査定で評価されやすい設備は、次の通りです。

  • オートロックや監視カメラ
  • 宅配ボックス
  • 休憩スペース
  • ゲストスペース
  • 駐車スペース

設備が多く、快適に生活しやすいほど査定評価は上がります。

中古マンションの築年数と構造

築年数はできるだけ新しく、耐久性の高い構造をしている中古マンションほど、査定評価は上がりやすいです。築年数は10年以内が売却しやすく、10年を超えると価値が大幅に下がりやすいため、この点には注意しましょう。

また、構造で見ると耐震性や耐久性の高いものが評価されやすく、中古マンションなら鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造が高額査定になりやすいです。建物の構造だけでなく、耐震工事がされているかどうかもチェックされており、耐震性が高いほど査定価格は上がりやすいと考えましょう。

中古マンションの管理状況

マンション全体の管理状況も査定時には見られており、エントランスや廊下、階段などの共用部分の整備が行き届いているかも評価されます。メンテナンスがきちんとされており、清潔な状態が保たれているマンションほど、査定価格は高くなりやすいでしょう。

また、管理人が常駐しているかどうかも見られることが多く、常駐しているほど管理が行き届きやすいことから、査定評価のプラスになりやすいです。

中古マンション自体のブランド

ブランド力の高いマンションほど、査定時には高評価を受けて査定価格も上がりやすいです。マンション自体のブランドは、どの工務店や建築会社が施工したか、どの販売会社が売っているかが見られます。信頼度の高い業者が施工や販売をしているなら、不具合が出る可能性は低いため査定でも評価されやすいでしょう。

また、アフターサポートが充実している業者なら補償も受けられるため、これが査定評価のプラスにつながることもあります。

管理費や修繕積立金の延滞

マンションの管理費や修繕積立金を滞りなく支払っているかどうかも、査定時にはチェックされます。支払いの延滞があると査定価格は下がりやすく、不動産会社からも信頼されにくくなるため注意しましょう。

また、自分だけではなく他の住民が延滞している場合も、住民の質が悪いと判断されたり、マンション自体の資金不足を心配されたりして、査定価格が下がることもあります。

査定を受けるタイミング

不動産の価値は流動的であるため、査定を受けるタイミングによって価格は変動します。影響を受ける主な要因としては、社会情勢や景気の変動、周辺住民の需要や周辺での不動産の販売状況などがあげられます。景気がよい場合は不動産需要は高くなるため、査定価格は上昇しやすいでしょう。

また、周辺に企業や学校ができるなど、その地域で暮らす人が増えることでも、査定価格は上がりやすいです。近隣で似たような物件が売り出されているかどうかも重要で、類似物件の売り出しが多いほど競争率は高くなり、査定価格が下がりやすいことは理解しておきましょう。

中古マンションの査定で失敗しないための4つの注意点

中古マンション売却前の査定で失敗しないためには、次の4つの点に注意しましょう。

  • 査定結果の価格で売却できる保証はない
  • 不動産会社は査定結果だけで選んではならない
  • 査定前にリフォームは不必要
  • 売却の依頼予定のない不動産会社の営業は断る

これら4つの注意点を把握しておくことで、失敗なくスムーズに中古マンションを売却しやすくなります。

査定結果の価格で売却できる保証はない

査定で提示されている価格は、その金額で絶対に売れると保証するものではありません。査定価格は3カ月程度で売却できる目安の金額であり、実際の売却価格とイコールではないことは理解しておきましょう。いくらで売れるかは売り出しの条件設定や、購入希望者との交渉の結果によって異なります。

そのため、交渉次第では査定価格よりも高額で売却できることもあります。もちろん、売却スピードを重視するなど、条件を下げて売却する場合は、査定価格よりも売却価格が下がりやすい点には注意が必要です。

不動産会社は査定結果だけで選んではならない

利用する不動産会社を選ぶ際には、査定で提示されている金額以外にも目を向けましょう。不動産会社によっては顧客を獲得するために、実際の価値よりも高額な査定を提示していることもあります。

つまり、査定価格をいくらにするかは不動産会社で自由に決められるため、その価格が適切であるかどうかを見極めることが重要です。査定結果を比較する際には、その金額になった根拠をチェックしておきましょう。

高額査定でも、金額に対する根拠が明確に提示されていれば問題はありません。根拠もなしに高値がついている場合は、信頼度が低いため利用しないほうがよいでしょう。また、実際に不動産会社の担当者と会い、その人との相性を確認することも大切です。

担当者との相性が合わないと、希望した通りに売却活動ができない可能性があります。担当者との相性や不動産会社そのものが信頼できるかどうかも確認して、利用先は慎重に選定しましょう。

査定前にリフォームは不必要

リフォームをして部屋の状態をよくしておくことで、査定価格は上がりますが、基本的には売却査定前のリフォームは不要です。リフォームによって査定価格が上がるといっても、上昇分は微々たるもので、リフォームにかけた費用が丸ごと上乗せされるわけではありません。

つまり、どれだけコストをかけても実際の売却では費用を回収できずに、かかったコストの分だけ利益が縮小して、場合によっては損をすることもあります。売却前のリフォームは有効ではないため、査定価格アップのためにメンテナンスをするなら、費用をかけずに行える掃除程度に抑えておきましょう。

売却の依頼予定のない不動産会社の営業は断る

一括査定や訪問査定などを利用すると、不動産会社から営業の電話がかかってくることが多いです。不要な営業の電話はきっぱりと断ることが大切で、きちんと断らないとしつこく営業をかけられることも少なくありません。

そもそも査定をしてもらったからといって、必ずしもその不動産会社に売却を依頼する必要はなく、他社を利用することも可能です。そのため、営業は断っても問題はなく、本当に利用したい不動産会社とのみコミュニケーションを取るとよいでしょう。

自分から断ることが難しい場合は、電話に出ないようにしたり、あまりにもしつこい場合は一括査定の運営会社や警察、国民生活センターなどに相談してみることもおすすめです。

中古マンションの査定を申し込もう

中古マンションの売却を考えているなら、まずは査定を受けて相場価格を知る必要があります。査定は机上査定と訪問査定の2つありますが、まずは机上査定をして不動産会社を選定してから、訪問査定で詳細な査定価格を出してもらうことが一般的です。

スムーズに売却活動を進めて好条件でマンションを売るためにも、査定の手順やポイントは細部まで把握しておくことが大切です。細かいポイントを守って売却活動を行い、中古マンションを納得できる条件で売りましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?