不動産買取における営業担当者の見極め方や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産買取に向けて不動産会社と接点をもつなかで営業担当者の対応を疑問に思ったことはないでしょうか。

「あまり信用できないのでは…」「うまく営業で丸め込まれたのでは…」、このような疑問をもちながら営業担当者に買取を依頼しても納得できない買取になってしまいます。

信頼できる営業担当者の見極め方や注意すべき営業担当者を理解して、買取による不動産売却の成功を目指しましょう。

不動産買取について知りたい方は、 「不動産の買取を選択するべき理由と売却時に損をしない秘訣」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

信頼できる営業担当者の見極め方

不動産買取を依頼する際、営業担当者によって取引の満足度が変わります。信頼できる営業担当者かどうかを見極めるには、次の5つのポイントをチェックしましょう。

  • 打ち合わせのときにメモをしているか
  • 査定額の根拠について具体的に答えられるか
  • 資格を持っているか
  • 質問に丁寧に答えてくれるか
  • 買取以外の提案もしてくれるか

これらのチェックポイントを満たす営業担当者を選ぶようにしましょう。

打ち合わせのときにメモをしているか

信頼できる営業担当者は、売主の話をきちんと聞くため、打ち合わせの際にはメモを取っていることが多いです。メモを取るのは話した内容を忘れないため、相手の要望を確認し、お互いに共通認識を持つためであり、顧客の話をきちんと聞こうとする姿勢の表れです。

つまり、売主の要望を汲み取ったうえで条件の交渉や売却プランを考えている場合が多く、スムーズにコミュニケーションを取って契約まで進めやすいでしょう。

査定額の根拠について具体的に答えられるか

業者が提示する査定額の根拠について、具体的に説明できる営業担当者は、信頼度が高いです。査定結果は金額だけ提示して合意を取らせようとする営業担当者もおり、具体的な説明を省くようなら、信頼度は低いと考えましょう。

査定額の根拠を具体的に答えられるということは、不動産の知識が豊富であり、かつ売却する不動産の状態やその金額になる理由を正しく把握できているということです。正確な認識で査定額を算出しているため、金額への信頼度も高く、適正価格で買い取ってもらえる場合が多いでしょう。

資格を持っているか

宅地建物取引士など、専門の資格を持っている営業担当者は、不動産についての知識が豊富であるため信頼しやすいです。宅地建物取引士の資格は必須ではなく、営業所では5人中ひとりが持っているなら、法的に問題はありません。

しかし、資格の有無で不動産についての知識が大きく違ってくることは多く、有資格者のほうが査定額も適正に判断しやすいです。資格を持っていると知識やスキルが一定程度保証されているため、営業担当者を選べるなら有資格者に依頼するとよいでしょう。

質問に丁寧に答えてくれるか

こちらの質問に対して丁寧に答えてくれるかどうかも、営業担当者を見極めるコツです。些細な質問にも丁寧に対応し、理解できるまでわかりやすく説明してくれる営業担当者なら、信頼度は高いでしょう。

反対に質問しても明確な回答が得られなかったり、専門用語などを並べて理解できない説明を繰り返したりする営業担当者は避けたほうが無難です。売主に親切に向き合い、疑問が解消できるまで何度も説明してくれる人なら、買取を任せても安心でしょう。

買取以外の提案もしてくれるか

信頼できる営業担当者は、こちらが買取を依頼しても、それ以外の提案をしてくれる場合があります。不動産の状態や売却の希望条件によって、買取がよいのか仲介がよいのかは異なります。自社の利益だけを考えるなら、仲介に適した物件でも買い取ったほうがよく、仲介ほど取引の手間もかかりません。

信頼できる営業担当者なら、売主の利益を最優先するため、その不動産にもっとも適した売却方法を提案してくれる場合があります。自分の要望に応えてくれるだけではなく、売却プランを積極的に提案してくれる人のほうが、好条件で不動産を売却しやすくなるでしょう。

注意すべき営業担当者の特徴

不動産買取では営業担当者選びを失敗すると買取価格が低くなるだけではなく、自分の要望を聞いてもらえなかったり、納得できる条件を提示してもらえなかったりして、不満が残ることも多いです。買取による売却の失敗を回避するには、信頼できない営業担当者がどのような特徴を持っているのかも、知っておくことが大切です。

  • 他社見積もりを取らせようとしない
  • 物件の悪い点や問題点ばかり指摘してくる
  • 一方的なトークを繰り広げる
  • 何でも知っているフリをする

これらの特徴がある営業担当者は注意すべきです。注意すべき理由を確認していきましょう。

他社見積もりを取らせようとしない

不動産査定による見積もりは、複数社に同時並行で依頼可能ですが、これを嫌がったり、他社見積もりを取らせようとしなかったりする営業担当者は、信頼度が低いです。

これは他社との価格競争を嫌がっているからであり、もし他社のほうが好条件の見積もりを出した場合、自社で買い取るにはより高い条件を提示しなければならないからです。つまり、買取の際のコストが高くなり、自社の利益が減ってしまうため、他社見積もりを取らせないと考えてもよいでしょう。

信頼できる営業担当者なら、他社の見積もりも考慮に入れたうえで買取条件を提示したり、売主の利益になるほうへと誘導したりすることが多いです。自社のみの情報で取引を完結させようとする場合は、信頼度が低い可能性があることは頭に入れておきましょう。

物件の悪い点や問題点ばかり指摘してくる

売却予定の物件の悪いところや問題点ばかりを指摘してくる営業担当者も、信頼度は低いです。これは問題点を指摘することで、少しでも安く買い叩こうとしているからです。物件にはよい点と悪い点の両方があるため、問題点を指摘すること自体はおかしくありません。

信頼できる営業担当者でも、物件の問題点や不具合を考慮に入れ、買取価格を下げることはあります。しかし、よいところを一切指摘せず、マイナスポイントばかりを挙げる場合は、自社の利益を優先しようとしている可能性が高いです。

物件の状態や築年数、周辺環境など不動産の価格を決める要因はさまざまありますが、これらのマイナス部分にばかり注目する営業担当者は、信頼度できないと考えましょう。

一方的なトークを繰り広げる

できる営業担当者ほど営業トークは上手いですが、一方的に話し続ける人には注意が必要です。自分の話や要望ばかりを一方的に押し付けるようなら、こちらの意見を聞いてもらえないことが多く、売却条件も業者が提示するまま押し通される可能性があります。

本当に営業トークが上手な人は、自分が話すばかりではなく、相手の話もしっかりと聞き、そのうえで相手の要望を叶えられる提案をします。一方的なトークでこちらの話を聞いてもらえない場合は、営業担当者の信頼度は低いと考え、提案をすべて鵜呑みにしないことが大切です。

何でも知っているフリをする

こちらの質問にきちんと答えてくれるかどうかは、営業担当者の信頼度を見極めるうえでの重要ポイントですが、回答があっても何でも知っているフリをする場合は注意が必要です。

知ったかぶりをする営業担当者は、こちらの要望や質問の意図を理解していない場合があり、認識のずれから売却時にトラブルが起きることも少なくありません。

知識が豊富なほうが望ましいですが、それ以上にわからないことは素直にわからないと答え、きちんと調べてから返事をする営業担当者のほうが信頼できます。

何でも知っているフリをして曖昧な返事ばかりする営業担当者は、不動産知識が身についていない可能性が高く、信頼度も低いでしょう。

不動産買取を成功させるためのポイント

不動産買取を成功させるには信頼できる営業担当者を選ぶことが重要です。また、営業担当者だけではなく、依頼する不動産会社も慎重に選ぶ必要があります。

  • 信頼できない営業担当者は替えてもらう
  • 複数の不動産会社に査定を依頼する
  • 一括査定サービスを利用する

これらのポイントを把握しておくことで、買取による売却も成功しやすく、納得できる条件で不動産を手放しやすくなります。

信頼できない営業担当者は替えてもらう

営業担当者との相性は人によって違い、一概に誰が信頼できると感じるかは異なります。そのため、営業実績や資格を持っているかどうかに関係なく、信頼できないと感じる部分があるなら、担当替えを申し出るとよいでしょう。

不動産取引は大きな金額が動くため、心から信頼できない担当者に依頼すると、売却してから後悔することも少なくありません。後悔なく不動産を売却するためにも、信頼できる営業担当者が現れるまで、担当替えを依頼しましょう。

また、何度担当替えをしても営業担当者との相性が悪い場合は、利用する不動産会社自体を替えてみることもおすすめです。

複数の不動産会社に査定を依頼する

同じ不動産でも不動産会社によって査定額は異なるため、売却前には複数社から査定を受けるようにしましょう。最低2社以上、可能なら3社以上の査定結果を比較することで、買取相場を把握しやすくなり、安く買い叩かれるリスクも回避できます。

最初の1社だけで売却を決めてしまうと、相場以下の条件を提示されていても、気づけずに売ってしまう可能性があります。売り損を出さないためには、相場価格を知っておくことが大切であり、これを正しく把握するためにも、査定は必ず複数社から受けておきましょう。

一括査定サービスを利用する

不動産会社1社ずつに査定を依頼すると時間がかかるため、効率的に行いたいなら一括査定サービスを使うとよいでしょう。一括査定サービスは不動産情報を入力するだけで査定を受けられ、無料で利用できます。

また、情報は一度登録すると複数社からの査定結果をまとめて受け取れるため、各社の提示条件を効率的に比較できるでしょう。不動産会社ごとの提示条件を一気に比較でき、相場価格も判断しやすくなるため、適正価格を提示している不動産会社を見つけやすくなります。

一括査定サービスはイエウールがおすすめ

イエウールは1分程度の情報の登録で簡単に査定が受けられ、無料で利用できるためおすすめです。一度の登録で最大6社から査定を受けられるため、各社の提示条件を効率的に比較できるでしょう。また、全国1,600社以上の不動産会社が登録しており、選択肢が多い点も魅力です。

買取は大手企業が中心に行っており、仲介よりも選択肢は少ないです。そのため、登録数の多いイエウールを利用すると、買取に対応している業者も見つけやすく、売却活動がスムーズに進められるでしょう。加えて、イエウールは悪徳業者は排除しており、信頼できる優良業者のみ登録しています。

利用者から苦情の多い不動産会社は提携を解除しているため、信頼度の高い不動産会社の中から、安心して利用先を選べる点も魅力の1つです。

↑完全無料で査定依頼できます↑

不動産買取は信頼できる営業担当者に任せよう

不動産会社による買取で売却を考えているなら、信頼できる不動産会社、および営業担当者を見つけることが大切です。利用先次第で、同じ不動産でも売却の条件は変わり、買取価格が安くなってしまうことも少なくありません。

買取で損をしないためには、売主の利益を優先してくれる信頼度の高い不動産会社や営業担当者を見つけることが重要です。業者や営業担当者の見極め方は細部まで把握しておき、自分に合った担当者を探して、買取による不動産売却の成功を目指しましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、 「不動産買取チラシを信じてもよい?投函理由やルールを紹介」 の記事をご覧ください。

また、 「不動産買取相場は市場価格の60%~80%!理由と調べ方を解説」 という記事や、 「不動産買取のメリット・デメリットを仲介と比較しながら解説」 という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?