不動産買取価格の目安や価格の決まり方を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産会社に直接不動産を買取してもらう場合、買取価格はいくらになるのでしょうか。

ここでは、買取価格の目安と物件種別の買取価格、買取価格の決まり方をご紹介していきます。

不動産買取について知りたい方は、 「不動産の買取を選択するべき理由と売却時に損をしない秘訣」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産買取価格はいくら?

まずは、買取に出した場合の価格相場がいくらくらいなのか、目安を知っておきましょう。不動産売却には仲介と買取があり、買取のほうが仲介よりも価格は安くなります。買取だとどれくらい金額が下がるのか、仲介よりもなぜ安くなるのかなど、理由も含めて把握しておくことがおすすめです。

市場取引価格の60~80%くらい

買取に出した場合の取引価格は、市場価格の60~80%程度になることが多いです。売却価格は仲介の60~80%程度であるため、仲介で1,000万円で売れる場合は、600~800万円程度になると考えましょう。

もちろん、これはあくまで目安のため、必ずしもこの金額で売れるわけではありません。場合によっては、もう少し好条件で売却できたり、反対にさらに条件が下がったりすることもあります。

仲介よりも安くなる理由

買取のほうが仲介よりも売却価格が安くなるのは、次の理由が関係しています。

  • 買取では仲介手数料が発生しない
  • 転売のためにリフォームやリノベーションが必要

仲介による売却の場合は、不動産会社は仲介手数料をもらうことで自社の利益を上げています。買取の場合は、不動産会社自体が買主になるため仲介手数料は発生しません。そのため、自社の利益がないことになり、これを補填するために、買い取った不動産を転売しています。

転売によって利益を得ている不動産会社ですが、買い取ったまま売れるとは限らず、リフォームやリノベーションを行い、付加価値をつけなければならないことも多いです。よって、買取から転売までには費用がかかり、この差額を埋めるためにも買取は安価で行われ、不動産会社は自社の利益を獲得していると考えましょう。

物件種別の最新不動産買取価格相場

続いては、物件種別に不動産買取価格相場がいくらになるのか確認しましょう。

ここでは、公益財団法人東日本不動産流通機構が発表している「首都圏不動産流通市場の動向(2019年度)」に掲載されているデータを基に一都三県の最新不動産買取価格相場を見ていきます。

なお、買取価格は成約価格のデータに7割をかけて編集部独自で算出しています。(小数点以下四捨五入)

一戸建て買取価格相場

一戸建て買取価格相場は以下の通りです。

エリア買取価格
東京都3129万円
埼玉県1481万円
千葉県1290万円
神奈川県2280万円

東京都は神奈川県にくらべ約1000万円買取価格が高いことが分かります。また、千葉県に比べると約2000万円高いことが分かります。

土地買取価格相場

土地面積100~200㎡の土地買取価格相場は以下の通りです。

エリア買取価格
東京都3248万円
埼玉県1357万円
千葉県1175万円
神奈川県1773万円

東京都は神奈川県にくらべ約1500万円買取価格が高いことが分かります。また、千葉県に比べると2000万円以上高いことが分かります。

マンション買取価格相場

マンション買取価格相場は以下の通りです。

エリア買取価格
東京都3028万円
埼玉県1554万円
千葉県1437万円
神奈川県2036万円

東京都は神奈川県にくらべ約1000万円買取価格が高いことが分かります。また、千葉県に比べると約1500万円高いことが分かります。

不動産買取価格の決まり方

買取を依頼した場合は、不動産会社が査定を行って買取価格を決定します。この際参考にされるのは、次の3つのポイントです。

  • 立地や周辺環境
  • 建物の築年数
  • 道路に接している向き

これらの状態によって買取価格は算出されるため、それぞれどのような点が見られているのか、詳細まで把握しておきましょう。

立地や周辺環境

立地や周辺環境は不動産の価値を決める重要なポイントで、好立地で周辺環境が充実していて快適に暮らしやすい環境にあるほど、買取価格は高くなります。立地は、駅から近くて交通アクセスがよいことや、スーパーやコンビニ、病院や学校などの便利な施設が周辺にあるかが見られています。

駅から近くて周辺施設が充実している立地ほど、暮らしやすいため買取価格も上がるでしょう。また、土地の形も重要で、正方形に近い形をしているほど活用しやすいため、価格は上がりやすいです。評価が下がりやすいのは、複雑な形状をした土地や飛び地などです。

さらに、不動産所在地の用途地域がなにであるかも重要で、工業地域や準工業地域は買取価格が下がりやすくなります。これは、工業地域などは工場の建設が可能で、近隣に工場ができて生活環境が悪くなる可能性があるためです。

住宅のみ建設可能な用途地域なら、大気汚染や高い建物ができたことによる日照の阻害などのリスクが少ないため、買取価格は向上しやすいでしょう。

建物の築年数

建物の場合は、築年数が買取価格に大きく影響します。基本的には築浅の物件ほど高値がつき、古くなるにつれて価値は下がると考えましょう。築年数による価格の変動幅は、建物の構造によって異なります。例えば、木造と鉄筋コンクリート造では耐久性が異なり、法律で定められている耐用年数も違います。

木造住宅の場合は耐用年数が22年とされていますが、基本的には20年を経過すると価値はほとんどゼロになると考えましょう。そのため、築20年以上の木造住宅は、土地部分のみを評価して買取価格が決まることが多いです。

鉄筋コンクリート造は丈夫であるため、築20年以上でも価値がつく可能性があり、20年以上経過すると年数経過による価格の下落幅も緩やかになります。また、同じ築年数でも耐震性や建物構造によって評価は変わり、耐震性が高く建物が丈夫で耐久性が高いほど、買取価格が上がりやすいことは理解しておきましょう。

道路に接している向き

建物が道路に接している向きによっても買取価格は異なりますが、もっとも評価が高いのは南向きの住宅です。これは日当たりがよいことが理由で、次に東向き、西向き、北向きの順番で評価されることも覚えておきましょう。

また、不動産が高台にあったり眺望のよい場所にあったりすると、眺めのよさも価値があると判断され、買取価格が上がります。マンションの場合は、同じ間取りでも階層によって評価は異なり、高層階にあるほど、買取価格は高くなると考えましょう。

不動産買取価格を調べる方法

買取で損をしないためには、事前に相場価格を調べておくことが大切です。不動産の相場価格は、次の方法で調べられます。

  • 土地総合情報システムを利用する
  • 路線価を利用する
  • 不動産会社の広告を確認する
  • 一括査定サービスを利用する

これらの方法を活用し、相場価格を調べてから不動産買取に臨みましょう。

土地総合情報システムを利用する

不動産の成約価格を調べる際は、土地総合情報システムを利用するのがおすすめです。このサイトは国土交通省が運営しており、不動産取引を行った人のアンケート結果をもとに、成約事例を掲載しています。

どのような特徴を持った不動産が、いくらで売れたのかがチェックできるため、周辺エリアの似たような物件の成約事例を参考にして、買取価格の相場を予想するとよいでしょう。ただし、土地総合情報システムでチェックできるのは、あくまで成約事例であって実際の相場価格ではありません。

価格については、買主と売主による交渉やお互いの金銭事情などが含まれているため、成約価格がそのまま市場相場にはならないことは理解しておきましょう。

参考:土地総合情報システム

路線価を利用する

土地の価格を調べるためには、路線価を利用することがおすすめです。路線価は、毎年国税庁が公表している土地の評価基準で、評価額に1.2~1.4倍程度をかけると、実際の市場取引相場が算出できます。

路線価は、主要な道路に面している土地の1平米あたりの単価を出すもので、場所によっては評価額が設定されていないこともあります。そのため、基本的には路線価の設定が多い、都市部の不動産向けの価値算出方法といえるでしょう。

参考:全国地価マップ

不動産会社の広告を確認する

不動産会社が公開しているチラシなどの広告や、不動産ポータルサイトで不動産価格を調べることもひとつの方法です。土地や物件の情報を確認し、似たような条件の不動産がいくらで売り出されているのかを調べておくと、相場価格は判断しやすいです。

ただし、これらで確認できるのはあくまで売り出し価格で、実際の相場とはかけ離れていることもあります。売り出し価格は売主が自由に設定できる金額のため、実際の不動産価値とは異なる金額設定をしているものもあります。

したがって、正確な相場を把握するためには、似た条件の物件を複数チェックし、それらの平均的な売り出し価格で判断するとよいでしょう。

一括査定サービスを利用する

不動産の価値を調べる際は、一括査定サービスを使うのもよいでしょう。不動産会社による査定を受け、その結果を比較することで、手持ちの不動産の相場価格が判断できます。

一括査定サービスは無料で利用でき、一度の登録で複数の不動産会社から査定を受けられるため、効率的に相場価格を判断できる点も魅力です。

一括査定サービスはイエウールがおすすめ

イエウールは不動産情報を一度登録すると、一度で最大6社からの査定を受けられます。全国1,600社以上が登録しており、幅広いエリアで利用できる点も魅力です。

加えて信頼度も高く、ユーザーからクレームの多い悪徳業者は提携を解除しているため、安心して利用できるでしょう。不動産会社の選定がしやすく、査定価格の比較もスムーズにできるため、相場価格を判断したい場合におすすめのサービスです。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、 「不動産買取チラシを信じてもよい?投函理由やルールを紹介」 の記事をご覧ください。

また、 「不動産買取相場は市場価格の60%~80%!理由と調べ方を解説」 という記事や、 「不動産買取のメリット・デメリットを仲介と比較しながら解説」 という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?