不動産買取の流れまとめ!手続きや事前準備も解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産売却方法のひとつである買取は、仲介と比べ一般的ではないため全体感をつかむことが難しいです。

買取という売却方法の仕組みを知っていたとしても実際の買取の流れを理解しないと、いざ行動することが難しいです。

買取による売却を成功させるためには、買取のおおまかな流れや各ステップでやること・まずはじめにやるべきことを知っておくことが大切です。

不動産買取について知りたい方は、 「不動産の買取を選択するべき理由と売却時に損をしない秘訣」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産買取の流れと期間をざっくり把握【図解】

はじめて不動産買取を行う場合、買取の流れをまずはざっくりと把握することが必要です。

不動産会社に直接買い手となる不動産買取では下図のような流れで進みます。

不動産買取の流れ

 

買取相談から決済・引渡しまでにかかる期間は約1ヶ月です。買取業者によっては2週間と少しの期間で決済・引渡しまで完了することも可能です。

仲介で一般個人に対して不動産売却する場合は、マンションでも約3ヶ月・一戸建てでも約6ヶ月かかるため買取の場合短期間で売却が完了します。

不動産買取の流れは6ステップ

不動産買取の流れは以下の6ステップに分かれています。

  • ステップ1:買取相談
  • ステップ2:物件調査
  • ステップ3:買取査定
  • ステップ4:条件確認
  • ステップ5:売買契約
  • ステップ6:決済・引渡し

これらの流れを把握しておき、それぞれのシーンでどのようなことを行うのかを知っておくと、買取はよりスムーズに完了します。

ステップ1:買取相談

まずは、不動産会社に売却の相談を行います。

評判や実績などを基に不動産買取を依頼する不動産会社を選び、売却相談を行います。

↑完全無料で査定依頼できます↑

ひとくちに不動産会社といっても種類はさまざまあり、すべての業者が買取に対応しているとは限りません。そのため、不動産買取を利用したいなら、まずは買取に対応しているかどうかをチェックして、利用先を選ぶとよいでしょう。

不動産会社を選んだら、電話やメールや直接訪問によって接点を持って買取相談を行いましょう。

ステップ2:物件調査

買取相談の後正式に査定依頼をすると、不動産会社の担当者が物件調査を行います。不動産買取の物件調査には、現地調査と役所調査の2種類あります。

現地調査とは、売却したい不動産を訪れ調査員が現場にて不動産の詳細を確認する調査です。現地調査では、立地・周辺環境や建物状況などを確認します。そのため、都合の良い日にちを調整する必要があります。

周辺環境では、スーパーやコンビニなどの商業施設や病院や学校などの公共施設の有無が確認されます。建物状況は、外装・内装、住宅設備の導入状況・劣化具合などを見られます。また、壁などに傷がないか、雨漏りやシロアリによる被害の有無も確認されます。

役所調査とは、売却予定の不動産に法令上の問題がないか、規制に引っかかっていないかなどを確認する調査です。いわば、違法建築ではないかをチェックされており、法規制に引っかかるものは査定額を大幅に減額されたり、場合によっては買取自体を断られたりすることもあるでしょう。

また、謄本では登記情報がチェックされており、該当不動産のこれまでの取引履歴などもチェックされます。誰が所有してどのような用途で使用されていたか、現在の名義者に至るまで、どのような履歴で取引されていたのかも、査定額に考慮されると考えましょう。

ステップ3:買取査定

物件調査が終了すると、買取業者独自の査定マニュアルに基づき査定額が提示されます。

買取価格が通知され、金額に納得できれば売買契約締結に向け話を進めます。

金額に納得できない場合は交渉が可能で、この際には査定項目やその金額になった根拠を詳細まで聞いておきましょう。詳細まで確認して納得できない場合は、無理に契約する必要はありません。

買取査定のみなら無料という不動産会社は多いため、金額に合意できない場合は買取を断り、別の方法で不動産売却を考えてもよいでしょう。ただし、現地調査や役所調査にかかった諸経費を請求されることはあるため、査定を依頼する際にはどれくらいの費用がかかるのかは、事前に聞いておくことをおすすめします。

ステップ4:条件確認

買取査定額に同意したら、売買スケジュールや物件引渡しの際の条件確認を行います。

不動産会社と打ち合わせを行い、売買契約を結ぶ日時や決済・引渡しの日時などのスケジュール調整を行います。

あわせて、以下のような物件引渡しの際の条件確認も打ち合わせします。

  • 家具や家電の処分の要不要
  • 空調設備やトイレタリーの撤去要不要

トラブルを避けるためきちんと文書として残しておきましょう。

ステップ5:売買契約

条件確認を済ませたら、売買契約を締結します。契約書の読み合わせを行い双方が合意して契約内容に問題がないかをチェックします。

仲介時と異なり売買契約時に仲介手数料を支払う必要がないため、物件情報や付帯設備などの確認を終えたら記名・押印して契約が締結されます。

契約締結時には、手付金として売却価格の数%を先に受け取ることが一般的です。手付金がいくらになるかは不動産会社や契約内容によって異なるため、これらに関しても確認しておきましょう。

ステップ6:決済・引渡し

売買契約が終わると、あとは事前に定めた日程に決済・引渡しを行うだけです。

引渡し日までに売主は抵当権抹消手続きや引越し手続きを済ませておきます。

不動産の引渡しと残金の決済は同日となることが基本で、引き渡し日に手付金を除いた買取代金の全額を受け取ります。

引渡しの際には物件に関する書類の提出も行い、詳細な内容は司法書士による確認が必要です。不動産会社の担当者と司法書士、売主の3人で書類の確認を行い、問題がないかをチェックして引き渡しと決済が行われます。

不動産買取をはじめる前の手続き

不動産会社による買取を利用する場合は、事前に次の2つの準備をしておきましょう。

  • 買取相場を調べる
  • 必要書類を準備する

これらの準備を行うことで、よりスムーズに不動産買取を完了させやすくなります。

買取相場を調べる

まずは、売却したい不動産の価格相場を調べておきます。不動産買取の際には、売却前に査定が行われますが、この金額は不動産会社によって異なります。そのため、提示される金額が適正かどうかを判断するためにも、事前に自分で調べておくことが大切です。

相場価格を把握せずに、不動産会社に言われるがままに売却すると、相場以下の金額で売ってしまい損をすることもあるため、事前調査は必ず行いましょう。事前に自分でも相場を調べ、提示された査定額と比較することで、適正価格で売却しやすくなります。

買取相場を調べる際は、次のいずれか3つの方法を利用するとよいでしょう。

  • 物件のチラシやインターネット広告を参考にする
  • 不動産ポータルサイトの売り出し価格をチェックする
  • レインズマーケットを利用する

現在売り出し中の物件情報を参考にすることで、売りたい物件がどれくらいの価格相場なのか、ある程度判断できます。チラシやインターネット広告、不動産ポータルサイトの売り出し情報で似たような物件を探し、それがいくらくらいで売り出されているかをチェックしておきましょう。

また、レインズマーケットというサイトを利用すると、実際に不動産がどれくらいで売却できたのか、成約事例を確認できます。似た条件の物件がいくらで売れたのかを参考にすることでも、相場価格は判断できるでしょう。

売り出し価格や成約価格は、売主の希望や買主との価格交渉を反映しているため、そのときどきの状況で金額は変動します。そのため、売り出し価格と成約価格の両方を確認しておくことがおすすめで、これらを総合して相場価格を割り出しましょう。

必要書類を準備する

買取査定には次の書類が必要なため、事前に準備しておきましょう。

  • 固定資産評価証明書
  • 登記済権利証または登記識別情報
  • 建物図面
  • 地積測量図
  • 不動産購入時のパンフレット

利用する不動産会社によって必要な書類の詳細は異なるため、査定を依頼する際になにが必要なのかを確認しておくとよいでしょう。これらの書類を準備しておくことで、不動産のより正確な価値が判断しやすくなり、査定額も適正価格になりやすいです。

書類の不備があると査定が正しく行えなかったり、そもそも査定自体ができずに買取の流れが滞ったりすることもあるため、事前準備はきちんと行いましょう。

流れを知って不動産買取の全体感を把握

不動産買取の流れを知って買取の全体感を把握したうえで、買取か仲介どちらで売却するか選びましょう。売却方法を決めたら、不動産会社を選んで売却を進めていく必要があります。

不動産会社を選ぶためには複数の不動産会社に査定依頼が出来る不動産一括査定サイトの利用をおすすめします。

不動産会社1社ずつに査定を依頼するよりも効率的で、ネット査定の条件から利用先を選定し、より詳細な現地調査や役所調査を依頼する業者を決めることが出来ます。

代表サイトである「イエウール」は1分程度の情報の登録で、一度に最大6社からの査定結果を受け取れます。効率的に査定ができて無料で使えるため、所有する不動産の価値を気軽に調べたい場合にもおすすめです。

登録している不動産会社も1,600社以上と多く、対象エリアが全国と広い点も魅力です。また、ユーザーからクレームの多い業者は提携を解除しており、信頼度の高い業者に限定して利用できます。

信頼できる不動産会社を見つけやすく、かつスムーズに査定額の比較ができるため、不動産の売却を検討している人におすすめのサービスです。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、 「不動産買取チラシを信じてもよい?投函理由やルールを紹介」 の記事をご覧ください。

また、 「不動産買取相場は市場価格の60%~80%!理由と調べ方を解説」 という記事や、 「不動産買取のメリット・デメリットを仲介と比較しながら解説」 という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?