マンション売却の失敗とは?失敗の原因や失敗を避けるコツ

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンション売却で失敗したくない方に向けて、失敗例や失敗する原因、対策を分かりやすく解説します。

マンションの売却は一生で何度もするものではありませんが、失敗して公開する人が決して少なくはありません。どのようなポイントに注意すればマンション売却を失敗しないのか、チェックしていきましょう。

この記事では、マンションの売却を失敗しないコツを失敗例とともに紹介していきます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

マンション売却における売り出し前の失敗

引っ越しや投資、買い替えなど、マンションを売却する理由は人によってさまざまです。まとまったお金が必要になるなど、状況次第では今すぐにでも売却したい人もいるかもしれません。

しかしながら、何ら準備や調査を行わずに慌ててマンションを売却してしまうと、相場より大幅に低い金額で売却してしまったり、買い手を見つける事すら失敗する可能性があるので注意が必要です。

これからマンション売却を考えている方は、具体的にどのような点を心がけておくことが大切になるのか、気になるところでしょう。今後の参考のために、まずは成功事例ではなく、マンション売却の失敗事例に目を通すことをおすすめします。

実際の失敗例を通して学ぶべきことが多々あります。ここからは、マンション売却の場面で実際にあった典型的な失敗例を全部で5つ紹介していきます。

失敗1:時間に余裕が無く売り急ぐ

できるだけ早くマンションを売却したい気持ちがあまりに強く、事前に十分な準備を行わないまま急いで売却すると、相場より大幅に低い値段で売却することになりかねないため注意が必要です。

時間の余裕がないまま売り急いだ結果、相場より極端に低い価格で売却してしまう例は枚挙にいとまがありません。

マンション売却を成功させるためには、リサーチや販売準備にできるだけ多くの時間をかけることが大切になります。ある程度時間をかけて相場価格を意識した販売価格の設定やマーケティングに基づく集客、買主の目線に立った物件準備などを行う必要があるのです。

これらの準備を怠ったまま売り急いでしまっても、思うようにマンションを販売することはできないでしょう。

失敗2:過度なリフォームをしてしまう

マンションを売却したいがために過度なリフォームをした結果、思うようにマンションを売却できなくなる結果になるケースが多いので気をつけましょう。

特にこだわりが強く、自分の意向が入りすぎた個性的なリフォームをしてしまうと、逆に敬遠されてしまう傾向があるため注意が必要です。

リフォームを行う際は、できる限り万人受けするシンプルなパターンにとどめることが大切です。自信がなければリフォーム業者や不動産業者と事前に相談しながら決定し、場合によってはリフォーム内容を業者に任せてみても良いでしょう。

失敗3:1社からしか査定を受けない

マンション売却に際してたった1社からしか査定を受けず、しかもその会社に仲介を依頼することは避けるべきです。

仲介業者を探す際は、できるだけ多くの業者の査定を受けて査定結果を比較検討することが大切になります。仲介を行う不動産会社は、どの会社も優良であるとは限りません。現実には悪質な業者も少なくないのですが、1社からしか査定を受けなければ判別は難しいでしょう。

査定を受けるのであれば、できる限り多くの会社に査定依頼を出して比較検討することをおすすめします。複数の業者とやりとりすることで、業者を見る目も養われることでしょう。

失敗4:マンション売却が苦手な不動産会社に依頼する

全ての不動産会社が、マンションの売却が得意というわけではありません。不動産会社にも得意分野があり、賃貸が得意な業者や一戸建ての実績が多い業者など、それぞれ特徴があるのです。

しかしそのような事情を知らず、安易に身近な不動産会社に依頼した結果売却が思うように進まなかった事例が多いようです。

業者を探す際は時間をかけて事前にリサーチを行い、マンション売却の実績の多い業者に依頼することをおすすめします。ホームページやネット上の口コミを参考にしたり、実際に足を運んで直接聞くことも可能です。

くれぐれもマンション売却の実績が乏しく、マンション売却を苦手としている不動産会社に依頼することがないよう注意しましょう。

失敗5:売り出し価格の設定を誤る

マンションの売り出し価格は、仲介を依頼した不動産会社と相談して設定するのが一般的です。不動産会社と相談せず売主が一方的に価格を設定すると、マンションの売却が失敗に終わる可能性が高いといえるでしょう。

相場に比べて極端に高い金額を設定することで、買い手が一向に現れなかった失敗例は多数あります。

売り出し価格の設定は、決して簡単ではありません。ここでは、相場よりも高い価格を設定した場合と相場よりも低い価格で設定した場合に分けてそれぞれ解説します。

相場より高い価格で売り出した場合

多くの人が、マンションを売却する際には、できるだけ高値で売却したいと考えることでしょう。しかし相場よりもあまりに高い価格で売り出しても、思うように買い手がつかない可能性があるので価格設定は慎重に行う必要があります。

自分のマンションと似た物件が近隣にあり、自分のマンションの価格よりも安い価格で売り出されていれば、買い手がそちらの方に流れることになるでしょう。

その結果、買主をひきつけるために大幅に値下げをせざるを得ない結果になる可能性もあるので気をつけましょう。

相場より安い価格で売り出した場合

相場よりも安い価格で売り出した場合、早い段階で価格につられた買い手が現れる傾向があります。 しかし、本来売却できる価格よりも安く売却することになり、結果として大きな損失が発生することになるので注意が必要です。

場合によっては数百万円単位の機会損失が生じることもあります。売り出し価格を設定する際には、相場よりも大幅に安い価格を設定することなく、相場に見合った価格にすることが大切です。

マンション売却における売り出し中の失敗

ここからは、マンション売却における売り出し中での代表的な失敗事例を、全部で5つ紹介します。マンションの売却に失敗する人は多いのですが、失敗する理由は実はそれほど多くありません。

それぞれ頻繁に起こりうる事例であることから、これからマンション売却を予定している方はしっかりと目を通して参考にすることをおすすめします。

失敗1:同じマンションの部屋の売り出し時期とかぶる

不動産市場においては、1年のうちで物件が売れやすい時期と売れにくい時期があります。そのため、売れにくい時期にマンションを売り出してしまうと、なかなか買い手が現れないことから避ける必要があるのです。

実際に同じマンションの別の階の部屋と売り出し時期がかぶった事例が、いくつも見られました。同じマンションであればできるだけ条件が良い方が購入されやすくなるので注意が必要です。

年間でマンションが売れやすい時期は、新学期や新年度がスタートする春先の3〜5月前後、さらに会社の人事異動による転勤時期である9月前後が一般的です。

しかしこれらの時期には他の物件も多数販売される傾向があります。場合によっては同時期に同じマンションの部屋も売り出される可能性があるため、売却時期は慎重に検討することが大切です。

実際に同じマンションの部屋の売り出し時期と被ってしまった場合は、売却の時期をずらすか販売価格を再検討するなどの対策を講じる必要があるでしょう。

失敗2:広告に載せる物件情報が乏しい

物件の買主を探す際は、通常広告に物件情報を掲載します。しかし掲載した内容が、物件の間取りや家賃といった最低限の情報しかない場合には、買い手側が判断ができず購入まで至らないケースが多いようです。

物件情報を広告に掲載する際は、その物件の特徴だけでなく周辺の住環境や相場状況、将来的な見通しなどできるだけ多くの情報を載せた方が人の興味をひきやすくなります。

一般的に、マンションの買主は多くの物件の情報を収集し、その中から理想に合致する物件を選択します。他の物件と比較しやすいように、広告にはできる限り多くの情報を掲載して買主側の満足度を高める努力を行いましょう。

失敗3:不動産会社との連絡が疎遠になる

不動産を売却する際には、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。マンションの売却を成功に導くためには、不動産会社と信頼関係を築くことが大切です。

しかし不動産会社の中にはあまり連絡をすることなく、スムーズに信頼関係を築くことができない会社も多く存在します。不動産会社との連絡が疎遠になってしまい、思うようにマンションを売却できなかった事例も数多く見られます。

仕事上のパートナーとも言える不動産会社とは、確固とした信頼関係を構築することが大切です。信頼できる不動産会社と歩調を合わせながら売却を進めていくことにより、マンションの売却を思いどおりに進めることができるでしょう。

そのためには全ての業務を丸投げすることなく、不動産会社の担当者と密にコミュニケーションをとるよう心がけましょう。

失敗4:部屋を整理せずに内覧対応する

マンションや戸建て住宅を売却する際には、購入希望者に対して内覧を行うのが一般的です。内覧時の印象が良ければ売買契約につながる可能性があるため、印象を良くするための工夫が求められます。

部屋を整理せずに私物が出しっ放しになっていたり、玄関周りが土やほこりで汚れていると、それだけで物件に対する印象が悪くなってしまいます。

内覧準備を怠り物件の印象が悪くなれば、成約までたどり着くことが困難になるでしょう。売り出し価格を下げざるを得ない結果になってしまう可能性もあるのです。

内覧の際には、事前に室内の清掃や整理整頓をきちんと行い、室内が清潔かつ明るく見えるためのな工夫をすることが大切です。

失敗5:すぐに値下げ交渉に応じてしまう

多くの買主はできるだけ安い価格で物件を購入したいことから、値下げ交渉を行います。この際、できるだけ早く物件を売却したいため安易に値下げ交渉に応じてしまうケースがありますが、注意が必要です。

相場を十分に把握していない状態で安易に値下げ交渉に応じた結果、相場よりも大幅に低い価格で売却してしまうことにもなりかねません。

値下げ交渉に応じるとしても、相場を理解した上で、自分にとって損にならない範囲で値下げを行うことをおすすめします。

マンション売却における売り出し後の失敗

ここからは、実際にマンションを売り出した後に生じた失敗事例を2つ紹介します。マンション自体高額な商品であることから、仮に失敗をすると大きな損失が生じる可能性があるため慎重に進める必要があります。

以下のような失敗を起こさないように、注意して行動するよう心がけましょう。

失敗1:買主が見つからないだけで売却をあきらめる

マンションを売り出してまだ間もない段階で、買主が思うように見つからないことからすぐにあきらめてしまうケースがあります。

マンション売却には、立地や価格だけでなく、販促活動や不動産業者との出会い、販売するタイミングなどな要素が複雑に影響します。

一度売却を始めたら安易にあきらめるのではなく、自分がやるべきことをしっかりと確認しながら、一定期間継続することをおすすめします。

失敗2:節税せず税金を多く払ってしまう

物件種別に関わらず、不動産を売却して利益が出た場合は譲渡所得税が課せられます。譲渡所得税は不動産の所有期間によって税率が異なりますが、特に所有期間が5年以下の場合は税負担が多くなるので注意が必要です。

所有期間が5年以下の場合は「短期譲渡所得」となり、以下の式で税金が算出されます。

譲渡所得×39.63%

一方、所有期間が5年超の場合は「長期譲渡所得」となり、以下の式で税金が算出されます。

譲渡所得×20.315%

上記の式に当てはめて所有期間5年以下のマンションを売却した場合、5年超で売却した場合に比べて税負担は2倍程度多くなります。

できるだけ税負担を抑えるためにも、所有期間が5年を超えた段階で売却を行うことをおすすめします。

マンション売却の失敗体験談

ここからは、実際にマンションを売却した方の失敗体験を紹介させていただきます。具体的にどのような失敗をしてしまったのでしょうか。

失敗体験の中ではマンションを売却された方の後悔や葛藤など、心のうちをリアルにお伝えしています。自分のケースと置き換えながら、他の方の失敗体験を今後の参考にすることをおすすめします。

売却検討のきっかけ

会社から転勤の辞令が下り、住んでいる分譲マンションを急きょ引っ越すことになりました。賃貸に出すことも考えましたが、次にいつ戻って来れるのか分からないことから、家族で話し合った結果現在のマンションを売却することにしました。

マンションの売却資金は、引っ越し先で新たな物件を購入するための購入資金にあてようと計画していました。そのためできる限り高値で売却できたらいいねと、当初は淡い期待を抱いていました。

どんな手順で売ろうとしたか

実際に転勤が決まってから引っ越しまで時間がほとんどなく、これまで不動産を売却した経験もないことから不動産会社に全て任せることにしました。

普段からネット広告でマンション販売のCMを見かけていました。まずは良さそうな不動産業者をネットで見つけてコンタクトを取り、条件が合えばマンションの売却を任せようと考えていました。

今振り返ってみると、もっと時間をかけてマンション売却手順を設定し、計画的に進めるべきだったと反省しています。

何に失敗したか

不動産会社の選択を失敗しました。何ら事前情報を得ずにネット上の広告を見て不動産会社を決めたのですが、その会社はマンション売却に関する仲介の経験がほとんどなかったのです。

売却を急ぐあまり、他の不動産会社に査定依頼をすることもなく安易に最初の会社と仲介契約を交わしてしまいました。

その結果、不動産会社は積極的に仲介活動を行なってくれず、売却まで想像以上に時間がかかりました。しかも売却価格は相場よりも大幅に低くなり、いまだに後悔しています。

どうすれば良かったと思うか

転勤が決まってから短い期間で売却しようという気持ちが強く、そのため十分な情報収集を行わないまま不動産会社に任せてしまいました。

マンションを売却する際は事前にしっかりと計画を立て、入念にリサーチした上で不動産会社と交渉すればよかったと思います。

また、不動産会社に完全に丸投げするのはやめるべきでした。全ての不動産会社がマンション売却に詳しい訳ではありません。次回は経験が豊富な会社を入念に探し、複数の会社に査定依頼を行い決定するよう心がけます。

マンション売却の失敗を避けるために大切なこと

マンションを売却する方の多くが、これまでマンションを売却した経験が乏しいことから多少なりとも不安を抱えています。

マンション自体が高額であることから、マンション売却を失敗すると多大な損失を被る可能性があります。したがって可能な限り、慎重に手続きを進めることが大切です。

ここからは、マンション売却での失敗を避けるために大切なポイントを2つ紹介します。今後マンション売却を検討しているのであれば、ぜひ最後まで目を通して参考にされることをおすすめします。

理由を明確にしてから売却活動を始める

マンションの売却を行う際に大切なポイントは、売却の理由を明確にしてから売却活動を始めることです。理由を曖昧にしたまま活動を始めると、不動産会社選びや価格設定、集客活動などな場面で悩みや戸惑いが生じてしまいます。

逆に理由を明確に設定することによってその理由が行動基準となり、効率よく売却活動を進めることができるようになるでしょう。

新たに購入する不動産の頭金にしたいのか、さしあたっての生活費にあてたいのか、投資として運用したいのか、マンション売却の理由は人によって異なります。しかしなぜマンションを売却するのか。その理由を明らかにして行動することをおすすめします。

売却価格の最低額と理想額を事前に定める

マンションを売却する際は、売却価格の方向性や一定の目安があると手続きを進めやすくなります。特に売却価格の最低金額と理想の金額の2点は、売却前に時間をかけて設定することをおすすめします。

以下それぞれのケースごとに、その具体的な中身や理由について解説します。

売却価格の最低金額を設定する

マンション売却での失敗を防ぐためには、マンションの売却価格の最低金額を設定することが大切です。

あらかじめ最低金額を設定しておくことで、査定を依頼した不動産会社がそれ以下の金額を提示した際に、提案を断ることができるようになります。さらに最低金額を設定することで、買主から値下げ交渉された場合でも余裕を持って対応することが可能です。

しかし極端に低い金額を設定すると大半の契約が決まらないことから、まずはその地域の相場を正しく把握する必要があるでしょう。

地域の相場を把握するためには、ネット上にあるな物件情報サイトやで調べたり、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」や、情報システムである「レインズ」などを参考にすることをおすすめします。

売却価格の理想金額を設定する

マンションの売却をする際には、いくらで売れたら満足できるのか、理想の売却金額を事前に設定すると良いでしょう。この場合の理想の金額は、目標金額と言い換えてもいいかもしれません。

この理想金額が曖昧なままであれば、値下げ交渉に簡単に応じたり不動産会社との交渉が弱腰になるなど、手続きを力強く進めることができなくなります。

多くの方は、マンションを売却して得たお金を何らかの資金にすることでしょう。新たな物件を購入するのであれば、それなりにまとまった金額が必要になります。

最低金額を設定する場合と同じように、理想金額を設定する際は事前に相場をきちんと把握することをおすすめします。相場よりも極端に高い金額であればその理想を叶えることは困難になってしまうので、これまでの取引状況を確認しながら決定すると良いでしょう。

まとめ:マンション売却を失敗しないためには

普通の人にとって、マンションの売却は一生のうちにそう何回も経験するものではありません。金額も大きくなることから、できれば失敗せずに満足いく結果に終わらせたいと誰もが思うことでしょう。

しかし現実にはマンション売却を失敗する人も多く、その原因の大半は事前に十分準備しておけば避けられたものばかりです。

これからマンションを売却する予定がある方は、ぜひ時間をかけて入念に計画を立て、今回の記事を参考にして慎重に手続きを進めることをおすすめします。

マンションの売却は人生にとって大切な節目だとも言えます。これまで売却してきた方の経験を踏まえて、同じ失敗をしないように心がけましょう。

マンション売却を考えているならイエウールの一括査定機能をお試しください。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?