不動産売却の査定をするなら?査定方法の解説やおすすめサイトの紹介

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産を売却する際には、事前に査定を行います。査定にはさまざまな種類があり、これを行うことで売却予定の物件が、どれくらいの価格で売れるのかがわかります。

売却前の査定は必須であるため、どのような仕組みで行われるのかを知っておきましょう。査定の方法や売却時のポイントを知っておくことで、不動産を好条件で売りやすくなります。

不動産一括査定について知りたい方は、「不動産一括査定を解説!サイトの選び方や利用時の注意点を知ろう」 の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産売却の査定をするなら

不動産を売却する場合の最初の手順が、不動産会社に査定を依頼することです。査定とは、不動産会社に売却したい不動産の状況を調査してもらい、どのくらいの価格なら売れそうか、売却予想価格の見積もりを出してもらうことです。

査定を依頼する不動産会社をどうやって探したらいいのかわからないという方もいるでしょう。どのように不動産会社を探したらいいのかをまずはみていきましょう。

おすすめは一括査定サイト

不動産会社の査定方法には、机上査定と訪問査定があります。机上査定とは、立地や築年数、間取り、周辺の相場といったデータだけで査定する方法です。訪問査定とは、実際に不動産会社のスタッフに現地まで来てもらい、実際に細かい部分まで見てもらった上でより正確な査定金額を算出してもらうことです。

通常は、机上査定を依頼して、その結果を見た上で訪問査定を依頼します。机上査定の依頼方法には、電話やWebサイトからのメールなどで不動産会社に直接お願いする方法と、一括査定サイトから査定を依頼する方法があります。

不動産会社で知り合いが働いているなどという場合には、直接お願いする方法でもいいでしょう。しかし、普段不動産会社と付き合いのない方にとっては、どこの不動産会社がいいのか全くわかりません。

不動産会社には、会社によって得意や苦手なジャンルがあります。長年地域密着で営んできて、地域の土地の事情には精通しているけれども、新しいマンションは苦手だという不動産会社もあります。一方で全国規模で誰でも名前が知っているような大手は、比較的新しいマンションや開発した分譲地などは得意でも、その地域に特有の事情には疎い場合もあります。

どこの不動産会社に依頼したらいいのかわからない場合には、一括査定サイトからまずは机上査定を依頼することをおすすめします。一括査定サイトから売却したい不動産の情報を登録すると、その地域で、その種類の不動産を扱っている不動産会社数社から査定が届きます。

一括査定サイトを利用すれば、一度の登録で、複数の不動産会社から簡単に査定を取り寄せられるので、不動産会社を探す手間を省くことができます。また、査定金額やその査定金額になった理由などを比較することで、訪問査定を依頼する不動産会社を自分で考えて選ぶこともできます。

一括査定サイトならイエウール

現在、不動産の一括査定サイトはいろいろとあります。どこの一括査定サイトで査定したらいいのか、迷ってしまうという方もいるでしょう。現在、最もおすすめな不動産の一括査定サイトはイエウールです。

イエウールには全国の1,600社以上の不動産会社が登録されています。登録されている不動産会社の数は、同じような不動産一括査定サイトの中で最多です。また、出来る限り悪徳業者を排除して、良心的な不動産会社だけを登録するように努めているサイトです。

不動産会社の中には、自社の利益だけを考えて売主の事情をくまずに、囲い込みを行ったり、適切なアドバイスをしてくれない会社もあります。イエウールでは、サイトの利用者からのクレームが多い不動産会社を、定期的に登録から外すことで、できる限り悪徳業者を排除するように努力しています。

安心して不動産売却の仲介を依頼できる不動産会社に出会える可能性が高いサイトがイエウールです。ぜひ、不動産売却の査定を依頼するのであれば、まずはイエウールへの一括査定依頼から始めましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

不動産売却の査定の手順

不動産を売却するという経験は、多くの一般の方にとっては一生のうちで何度もあることではありません。査定の方法もよくわからないという方もいることでしょう。不動産を売却する場合の査定の流れについて詳しく解説します。

step1:一括査定サイトで机上査定を依頼する

査定の流れの第一歩は、机上査定を依頼することです。机上査定を依頼する方法には、不動産会社に個別に電話やメールなどで依頼する方法と、イエウールなどの一括査定サイトなどで依頼する方法があります。

「おすすめは一括査定サイト」でもお伝えした通り、不動産会社との関係が全くないのであれば、一括査定サイトを利用することをおすすめします。一括査定サイトで、査定に必要な住所や築年数、部屋やベランダの向き、面積、階数などのデータを入力して送信します。

一括査定サイトに情報を送信したら、サイトの方から提携している不動産会社で、売却したい不動産の周辺の不動産会社で、その物件を扱っている不動産会社に査定の依頼が入ります。査定を依頼された不動産会社は、送られてきたデータを元に、売却できそうな価格を見積もって、査定金額として返事をします。

step2:訪問査定を依頼する不動産会社を決めて日時を決める

一括査定サイトで机上査定の依頼をした場合、通常は複数の不動産会社から査定の結果が届きます。全く同じ金額が出されるということはないでしょうが、あまり、低すぎる金額と高すぎる金額は信用しない方がいいでしょう。平均的な金額が妥当な金額と考えましょう。

査定金額の理由なども記載されていたら、そちらも考慮に入れたうえで、訪問査定をしてもらう不動産会社を選びます。訪問査定は、必ず立ち会いを求められて、手間も時間もかかるので、一括査定サイトから返事をもらった全ての不動産会社には依頼しない方がいいでしょう。

2社から3社程度を選んだら、そちらの不動産会社に連絡を入れて訪問査定を依頼します。机上査定の結果に必ず、電話番号かメールアドレスなどの連絡先が記載されているはずなので、そちらから連絡します。

訪問査定をお願いしたい旨を伝えたら、お互いの都合をすり合わせて、訪問査定の日時を決めます。

step3:訪問査定の準備

訪問査定の日時が決まったら、訪問査定の日までにいろいろと準備をしておきます。

清掃や修繕

一戸建てやマンションの場合には、大規模なリフォームまでは必要はありません。しかし、常識的な範囲での清掃や整理整頓は行なっておきましょう。家の雰囲気も査定金額に響いてきます。乱雑で汚い印象の家よりは、片付いて掃除も行き届いている家の方が、高額査定を期待できます。

一戸建てであれば、家の中だけではなく、庭の片付けや草刈り、庭木のせん定もしておきましょう。日当たりは査定金額に大きく影響します。庭木や雑草が生い茂って部屋への日当たりが悪い、といったことはないように心がけましょう。

また、屋根の雨漏りや、水回りの水漏れ、玄関やクローゼットの扉の戸車の故障などは修繕しておきましょう。購入した人の不具合になるようなことがあった場合には、契約不適合責任を購入者から問われることもあります。リフォームは必要ありませんが、修繕はしておきましょう。

書類の準備

書類はなくても訪問査定を受けることはできますが、あればより正確な情報を伝えられるので、できる限り用意しておきましょう。用意しておいた方がいい書類は次の通りです。

用意しておいた方がいい書類解説
登記簿謄本もしくは権利証売却しようとしている不動産に抵当権が設定されていないか確認するのに必要です。
売買契約書売主が購入した時の状況を確認する場合に必要です。
土地や建物の図面一戸建ての場合には建物設計図面一式が必須です。土地の場合には境界線が明確にわかる図面が必須です。マンションの場合には、間取りがわかる平面図があれば大丈夫です。
大型設備の仕様書風呂、トイレ、キッチン、洗面台、エアコンなどの大型設備の仕様書を用意しておきましょう。手元になければ、メーカーのホームページからダウンロードできないか確認してみましょう。
固定資産税納付通知書毎年、どのくらい固定資産税がかかるのか把握するのに必要です。滞納がないか確認するのに、領収書などの納付を確認できるものを求められることもあります。
マンション管理規約マンションの場合には必須です。管理組合でもらえます。
購入時のチラシやパンフレットマンションや分譲住宅の場合には、アピールポイントをより具体的に伝えるためにあるといいでしょう。

step4:訪問査定

訪問査定の日になったら、不動産会社からスタッフが現地に行ってきて、細かい調査を行います。現地に来る途中で、最寄駅からの距離や、道路の状況、周辺の環境などの調査をしてくる場合もあります。

用意した書類と、不動産の実際の状況とをみながら、いろいろな質問をされることもあります。質問の答えが査定金額に影響することもあります。わかる範囲でいいので、正確に誠実に答えるようにしましょう。

step5:査定結果を受け取る

査定結果が届くまでには、訪問査定から1週間程度かかります。査定結果を受け取ったら、仲介を依頼して媒介契約を結ぶ不動産会社を選びます。

査定結果を見るときには、その査定金額になる理由に特に注目しましょう。確実に売れるであろう金額をしっかりと分析した上で算出しているのか、ざっくりと大雑把に出しているのかは、理由をみればわかります。

不動産を売却するまでには、少なくとも3カ月、長ければ1年程度かかることもあります。仲介をお願いする不動産会社とはかなり長くお付き合いしなくてはいけません。信頼のおける不動産会社と媒介契約を結ぶためにも、訪問査定の結果から不動産会社選びを慎重に検討することをおすすめします。

不動産売却で査定されるポイント

実際に、不動産会社に査定を依頼した場合には、どのようなポイントがチェックされているのでしょうか。こちらでは、不動産会社がチェックしている査定金額が決まるポイントをお伝えします。

ポイント1:登記簿謄本での権利関係

一戸建てや土地の場合には、相続を繰り返すことで、権利関係が複雑になっていることがあります。所有者が複数いる場合には、全員の同意がなければ売ることはできません。また、売ろうとしている人が、実際の所有者とは違う場合もあります。所有者が明確ではない不動産は、買主も不安になるのでなかなか売れません。

不動産会社は登記簿謄本で、売却依頼のあった不動産の権利関係をチェックしています。もしも売却しようとしている人と、所有者が違う場合には所有者移転登記をあらかじめ行っておきましょう。

売ろうとしている不動産の権利関係が複雑になっている場合には、売却に出す前に、そちらを整理しておくことをおすすめします。

ポイント2:立地・周辺環境

不動産の売却にあたっては、立地や周辺環境も重要な査定ポイントとなります。マンションや一戸建ての場合には、駅やバス停からの距離、ターミナル駅までの所要時間、自動車が必要なら駐車場はあるのか、幹線道路の状況はどうか、といったことがチェックされます。

また、周辺の環境もチェックされます。騒音や振動、においなどの問題はないか、ご近所トラブルはないかどうか、といったことも査定ポイントとしてチェックされます。騒音は防音サッシを使っていることがアピールポイントになる場合もあります。窓を閉めてアピールすることを忘れないようにしましょう。

ポイント3:土地の面積・境界線

一戸建てや土地を売却する場合には、土地の面積と境界線が確定しているかどうかも査定ポイントとなります。売主は買主に対して、土地の境界線を明確にするように求められます。境界線を明確にした確定測量図が作成されていれば、その写しを用意しておきましょう。境界を確定した資料がない場合には、不動産会社に正直にその旨を伝えてください。

ポイント4:日当たり・眺望・通風

一戸建てやマンションの場合には、日当たりや眺望も査定ポイントになります。最も高く評価されるのは、南向きの物件ですが、日当たりが良ければ、必ずしも南向きでなくても大丈夫です。

高台で見晴らしのいい場所であれば、査定ポイントが上がることもあります。建物の構造が、風が通りやすい構造になっている物件は、通風状態がいい物件として高く評価されます。

ポイント5:築年数・利用状態

マンションや一戸建ての場合には、築年数による経年劣化と、利用状況による劣化具合が査定ポイントとなります。建物は、年数がたつにつれて経年劣化していくので、まずは築年数による経年劣化が査定されます。その上で、個々の利用状況によって変わる劣化状況も加味して査定されます。

特に水回りやキッチン、玄関、クローゼットの扉は、同じ築年数でも普段の使い方や手入れの仕方によって、傷み具合が大きく変わってきます。

また、外壁や屋根の塗装を定期的に行っているかどうかも確認されます。できることなら、それまでの外壁塗装などの修繕の履歴を事前にまとめておくようにしましょう。

ポイント6:施工会社・販売会社

マンションの場合には、施工会社や販売会社も査定ポイントになることがあります。これは、後から建物に重大な欠陥が見つかった場合の対応に、大手と中小企業とでは、対応に大きな違いが出るためです。また、しっかりとした信頼のおける施工会社であれば、重大な問題が起こる可能性も低くなります。

新築で購入したのであれば、購入時のパンフレットやチラシを用意しておくことで、この点をアピールできます。

不動産査定時の注意点

不動産査定を行う際には、次の2点にも注意しましょう。

  • 査定額が高額な場合は注意が必要
  • 匿名での査定依頼はできない

これらの注意点を把握しておくことで、利用する不動産会社の選定や査定サービスの利用がしやすくなり、スムーズな売却を目指しやすくなります。

査定額が高額な場合は注意が必要

高額査定だと好条件での売却も目指しやすいですが、他社と比較してあまりにも査定額が高すぎる場合には注意が必要です。他社よりも高額の査定額を提示している場合は、根拠なくその金額を出していることが多く、悪徳業者の可能性もあります。

査定額は売り出し価格を決める際の目安となる金額であり、確定的な売却価格ではありません。そのため、高額査定を提示した不動産会社を利用したからといって、必ずしも高値で売れる保証はないと考えましょう。

むしろ高額査定を提示しておいて、後でさまざまな売却費用を請求したり、安い金額でしか売れなかったりして損失が出ることもあります。この点には注意が必要です。

匿名での査定依頼はできない

不動産査定は簡易査定でも訪問査定でも、匿名での利用はできません。査定の際には氏名や住所、連絡先などの登録が必須であり、これがないと査定は受けられないと考えましょう。

情報を登録することで不動産会社から営業の連絡が来ることもありますが、これはすべて対応する必要はありません。興味のない不動産会社からの連絡は受けないか、あまりにしつこい場合は一括査定サイトの運営者に問い合わせるといいでしょう。

不動産を売却する際は一括査定サイトを利用する

不動産の売却を予定しているなら、一括査定サイトを利用するといいでしょう。一括査定を行うことで、複数社からの査定を一度に受け取れ、各社の結果を効率的に比較できます。

業者ごとの違いを比較することで、より自分に合った不動産会社が見つけやすく、好条件での売却も目指しやすいです。査定の結果を見る際には、提示された金額だけではなく、その金額になった根拠もチェックし、信頼できる業者を選んで不動産売却を成功させましょう。

もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をご参考にしてみてください。

 

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?