中古住宅を購入するメリットとは|リスクや購入時のポイントも紹介

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

家を買う際の選択肢としては、新築を選ぶだけではなく、中古住宅を購入するという方法もあります。中古住宅の購入にはさまざまなメリットがあり、新築で買うよりお得ということも少なくありません。

しかし、中古住宅を購入しても大丈夫なのかと、不安に思う人もいます。中古住宅ならではのメリットを知り、購入しても問題はないのかを見極めていきましょう。

中古住宅の注意点について知りたい方は、「【中古住宅の注意点】選ぶ時に気を付けることや購入段階ごとの注意点」の記事をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

中古住宅(戸建て)のメリット

中古住宅を購入することには、さまざまなメリットがあります。中古住宅の中でも戸建てを購入するメリットとしては、次の3つがあげられます。

  • メリット1:新築住宅より安い
  • メリット2:物件の状態をチェックできる
  • メリット3:空き家が多いため購入しやすい

これらのメリットを把握して、中古住宅で戸建てを購入するメリットを知っていきましょう。

メリット1:新築住宅より安い

中古住宅は新築住宅よりも安く、より低価格で住宅を購入できる点がメリットです。住宅の購入には高額の費用がかかり、数千万円から場合によっては億を超す金額がかかることもあります。

中古住宅でも周辺環境やアクセスのよさ、築年数などによっては高い場合もありますが、新築住宅と比較すると安くなることは間違いありません。新築の住宅でも一度誰かが住むと、その時点で中古住宅の扱いになります。

そのため、新築ですぐに退去した家なら、新築同然のまま中古価格で安く購入できます。築浅の住宅は大幅に価格が下がらないことも多いですが、新築同然の住宅を通常よりも安価で買える点は大きなメリットでしょう。

メリット2:物件の状態をチェックできる

中古住宅はすでに家が建っているため、物件がどのような状態にあるのかを現地に赴くことでチェックできます。実際に現地を訪れて物件の詳細な状態を確認できるため、自分の理想に合致する住宅かどうかをチェックできるでしょう。

新築住宅でも住宅展示会や事前に発表されている物件情報で状態の確認はできますが、まだ施工が完了していない場合は、完成するまで現地で確認することはできません。そのため、実際に部屋を見てから購入したいという人には新築住宅の購入には不向きであり、中古住宅のほうが理想に合う住宅を購入しやすいでしょう。

メリット3:空き家が多いため購入しやすい

日本は中古住宅が多く売り出されており、これは空き家が多いことが理由です。空き家が多いため、戸建ての中古住宅は購入できる選択肢が多いです。

これは人口減少によって空き家が増えていることや、空き家のまま放置すると固定資産税が高くなるなどの法律が制定されたことが理由です。家の数に対して住んでいる人がいなくなったことや、空き家のまま所有し続けるコストが高くなったことで、家を手放す人は増えています。

空き家が増えて選択肢が多くなったため、中古住宅でも自分の理想とする住宅を購入しやすく、安価で好きな家を買いやすい点もメリットでしょう。

中古住宅(マンション)のメリット

中古住宅でもマンションを購入する場合は、戸建てを購入する場合とは違ったメリットがあります。

メリット1:安く購入できる
メリット2:どのような人が住んでいるか確認できる
メリット3:幅広い選択肢を検討できる

中古でマンションを購入するメリットは、これら3つです。マンションならではのメリットもあれば、戸建て住宅と共通のメリットもあるので、どの点が違うのか、何が同じなのかをあわせてチェックしておきましょう。

メリット1:安く購入できる

中古のマンションは、戸建て住宅と同様に、安く購入できる点がメリットです。戸建てとマンションを比較すると、マンションのほうが安い傾向にあるため、よりコストを抑えて住宅を買いたい人におすすめでしょう。

これは戸建てよりもマンションのほうが間取りが狭いことや、土地の範囲が狭く、この分の費用が安くなることが理由です。マンションも部屋の持分に応じて土地の価格はかかりますが、戸建てよりも土地が小さくなる分コストは安くなるでしょう。

また、新築のマンションと比較しても、同じ間取りでも中古住宅のほうが安く購入できます。築浅の物件でも、誰かが住めば中古住宅の扱いになるので、少しでもコストを抑えて購入したい人におすすめでしょう。

メリット2:どのような人が住んでいるか確認できる

マンションの場合は、戸建てと違って同じ建物に他の人が住みます。同じマンションに誰がいるかは重要な問題であり、これが事前に確認できるのは中古マンションならではのメリットです。

新築の場合はまだ居住者が決まっておらず、自分が住み始めてから誰かが入居してくる可能性もあります。住んでいる人との相性が悪いと、近所トラブルになることもあり、それが原因で住みづらくなってしまうことも少なくありません。

新築の場合は誰が住むことになるのかがわかりにくいので、事前に住んでいる人を見て判断できる中古マンションのほうが、近隣トラブルは回避しやすいでしょう。

メリット3:幅広い選択肢を検討できる

中古マンションは売り出されている数が多いため、幅広い選択肢から購入する住宅を検討できます。新築のマンションを建てるとなると、高額なコストと時間がかかるため、すぐに何棟も建つわけではありません。

そのため、新築のマンションにこだわって購入する住宅を探すと、タイミングによっては選択肢すらないということもあります。すでに建っている中古マンションならこの心配はなく、入居者の状況によっては人気のエリアでも購入できる可能性はあります。

中古マンションは売り出されている数が多いので、根気強く探すことで中古のマンションでも自分に合った住宅を見つけられるでしょう。

中古住宅のリスク

戸建て、マンションともにメリットのある中古住宅ですが、購入時にはリスクがあることも忘れてはいけません。

  • リスク1:耐震性能が低い住宅がある
  • リスク2:再建築不可な場合がある
  • リスク3:住宅に不具合が起きている場合がある

これら3つのリスクを把握して、中古住宅の購入における危険性を把握しておきましょう。

リスク1:耐震性能が低い住宅がある

中古住宅の中でも、特に古い住宅の場合は、耐震性能が低い場合があります。耐震性能が低いと、地震による倒壊のリスクが高く、万が一の際に不動産を失ってしまう危険性があります。

また、新耐震基準に適合していない中古住宅の場合は、特に耐震性能が低いため、注意しなければなりません。購入する際には耐震リフォームを行っているかどうか、新耐震基準で建てられている住宅がどうかを確認しておくことが大切です。

耐震性能が低い住宅の場合は、単に倒壊リスクが高いだけではなく、住宅そのものの老朽化が進んでいることも多いです。耐震性能が低いと住宅そのものが古く、見た目が悪かったり、住宅設備が今の生活様式に合っておらず、不便な場合もあるので注意しましょう。

リスク2:再建築不可な場合がある

古い住宅は昔の建築基準法で建てられており、現在の法律の要件を満たしていない場合があります。道路の要件を満たしていない場合は、再建築が不可となっており、建て直しができません。

また、建て直しができないだけではなく、大規模なリフォームやリノベーション、増改築などもできないケースがあるので注意が必要です。再建築が不可とされている場合に、どの程度まで住宅を改修できるかは、住宅の状態によって異なります。

そのため、大規模改修を検討するなら、専門家の意見を聞き、どこまでの範囲でなら改修ができるのかをチェックしておきましょう。

再建築や大規模改修を前提として購入する場合は、道路要件を満たしているかどうかを確認して、自分が思い描いているリフォームやリノベーションができるかをチェックしておくことが大切です。

リスク3:住宅に不具合が起きている場合がある

中古住宅は老朽化が進んでおり、住宅に不具合が起きている可能性があります。不具合として考えられるのは、次の通りです。

  • 雨漏り
  • 水回りの老朽化
  • シロアリの被害

天井や屋根などが老朽化していると、雨漏りをしている場合があります。雨漏りをしていると屋根や天井が腐っていたり、水が垂れた場所にシミができていたりすることもあります。

住宅設備の中でも水回りは特に劣化しやすく、古い住宅ほど劣化が進んでいることも少なくありません。特に見えない配管部分で水漏れを起こしていることもあるので、ホームインスペクションをするなどして、状態を確認しておくことが大切です。

また、床下にシロアリの被害が発生していることもあり、これによって柱が腐ったり、ボロボロになっていたりすることもあります。シロアリ被害があると、最悪の場合、建物が倒壊するリスクもあるので、これも中古住宅を購入する際には気をつけなければなりません。

中古住宅の購入を成功させる方法

中古住宅の購入を成功させるには、次の3つのポイントを意識しましょう。

  • ポイント1:現地を訪問して住宅の状態を確認する
  • ポイント2:立地を確認する
  • ポイント3:資金計画を立てる

これらのポイントを把握しておくことで、住宅購入を成功させやすくなり、購入から住み替えまでの流れもスムーズになりやすいでしょう。

ポイント1:現地を訪問して住宅の状態を確認する

中古住宅を購入する際には、実際に現地を訪問して、住宅の詳細な状態を確認しておきましょう。中古住宅は住宅によって導入されている住宅設備の種類や状態などが大きく異なります。

そのため、どの住宅を購入するかによって、居住環境は大きく違ってくることは理解しておきましょう。物件情報は不動産会社でも確認できますが、詳細な状態は実際に部屋を見てみないとわかりません。

訪問せずに物件情報だけで購入を決めてしまうと、自分の理想をすべてかなえられるとは限らないので、現地訪問は必ず行いましょう。一度だけでよくわからない場合は、何度も足を運び、疑問点がなくなるまでチェックしておくことが大切です。

ポイント2:立地を確認する

購入前には家の状態だけではなく、立地も確認しておきましょう。生活の満足度を考えると、立地は重要な要件となり、環境が悪いと家の状態がよくても満足度は下がってしまいます。立地のよさを決めるポイントは、次の3つがあげられます。

  • 交通アクセスがよいか
  • 生活に必要な施設がそろっているか
  • 治安がよいか

まずは最寄り駅までのアクセスのよさを確認しておきましょう。最寄り駅までの距離があまりにも遠いと、通勤や休日の外出などで不便を感じてしまう場合があります。また、会社の最寄り駅などよく使う駅へのアクセスがよいか、ターミナル駅まで一本で出られるかどうかもチェックしておくことがおすすめです。

生活に必要な施設としては、スーパーやコンビニ、病院などがあげられます。特にスーパーや病院は近くにないと普段の生活や病気などの緊急時に困るので、確認しておくことが大切です。治安のよさも住みやすさを決める重要なポイントの1つです。

近くに暴力団の事務所などがあるかどうかもは確認しておきましょう。閑静な住宅街であったり、近くに公園が多かったりするなら、治安はよい可能性が高いです。立地次第で生活環境は大きく変わるので、家の状態と同様に念入りにチェックしておく必要があります。

ポイント3:資金計画を立てる

中古住宅を購入する際には、今住んでいる自宅を売却して住み替えるという人が多いでしょう。住み替えには費用がかかるので、資金計画は綿密に立てておく必要があります。新居の購入にいくらかかるのか、引越しなど新生活をスタートさせるまでのコストがどれくらいかは細部まで把握しておきましょう。

また、住宅ローンを組む場合は頭金をいくらにするか、月々の返済額をいくらにするかなども考えておかなけれなりません。資金計画を立てるうえで重要になるのが、今住んでいる家がいくらで売れるかということです。

今の家が高値で売れるほど、資金計画は余裕を持って組みやすくなり、新居の購入やその後の生活資金も捻出しやすくなります。自宅を高値で売却するには、不動産会社複数社から査定を受け、売却の条件を比較しておくことが大切です。

効率的に査定結果の比較をするには、一括査定サイトを利用するとよいでしょう。イエウールは物件情報を一度登録すると最大6社から査定を受けられるので、効率的に条件を比較できます。

また、全国1,600社以上の不動産会社と提携していて幅広いエリアに対応しているので、住み替えの際にはぜひ利用してみてください。

↑完全無料で査定依頼できます↑

まとめ

中古住宅の購入は、戸建てとマンションそれぞれでメリットがあります。特に大きなメリットは家を安く買えることや、新築よりも選択肢が多いことがあげられ、根気強く探すことで理想とする住宅を見つけられます。

住み替えをするときに重要なのは、今住んでいる家をいかに高値で売却して、住宅の購入資金を捻出するかということです。少しでも高値で売るには、一括査定サービスを利用し、複数の不動産会社から査定を受けて結果を比較することがおすすめです。

同じ不動産でも、不動産会社によって提示する査定額や売却の条件が違ってくることは少なくありません。また、好条件で売却するには、信頼できる不動産会社を見つけることも大切です。

一括査定サイトのイエウールは効率的に査定が受けられるだけではなく、優良業者のみと提携しているので、信頼度の高い不動産会社も見つけやすいでしょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

もっと詳しく知りたい方は、「中古住宅契約時の3つの注意点|ポイントを押さえ損をせず売却!」の記事をご覧ください。

また、「築浅中古住宅の注意点!売却時に損をしないためにできること」という記事や「中古住宅の引渡し前後の注意点を購入する時系列で解説」という記事もご覧ください。

他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?