買取保証とはどのようなサービスか|メリット・デメリットを紹介

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産の売却をする際には、仲介による売却だけではなく買取保証という選択肢もあります。売却時の選択肢を広げておくことで、不動産の状態に合った売り方ができるだけではなく、希望する売却条件も叶えやすくなります。

買取保証とはどのような制度なのか、仲介による不動産売却とはいかなる点で異なるのかを知り、売却方法についての理解を深めていきましょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

買取保証について解説

不動産を売却する際には、仲介による売却だけではなく、不動産会社に買取をしてもらうという方法もあります。仲介と買取では特徴が異なりますが、通常の買取と買取保証でも仕組みは違います。

より自分に合った方法で不動産を売却するには、これらの違いを把握しておくことが大切です。買取保証とはどのような仕組みなのか、まずは基本的な知識を身につけていきましょう。

買取保証とは何か

そもそも買取保証とは、一定期間仲介による売却を行い、売れなかった場合に不動産会社が不動産を買い取るというものです。売却先が不動産会社になる点は買取も買取保証も共通していますが、一時的に仲介による売却を行うという点が異なります。

通常の買取の場合は、不動産会社と交渉し、双方が合意したなら契約してすぐに買い取ってもらうことが可能です。契約してすぐに買い取ってもらえることから、即時買取と呼ばれることもあります。買取保証は一度仲介による売却活動を行うので、すぐに売れるわけではありません。

しかし、もし仲介による売却が上手くいかなかったとしても、不動産会社が買い取ってくれるという安心感はあります。買取保証の場合、仲介に出す期間は契約時に定めますが、一般的には3ヶ月程度が多いです。

仲介と買取の違いは何か

不動産売却の主な方法としては、仲介と買取がありますが、これらは特徴が異なります。仲介は不動産会社と媒介契約を結び、買主との売買契約を仲介してもらいます。つまり、不動産会社が仲立ちをして個人に売却することが仲介であり、最終的な売却先が個人の買主になる点が特徴です。

対して買取の場合は、売却先が不動産会社となるので、仲介業務は発生しません。仲介は個人同士の不動産売買を不動産会社が仲立ちしますが、買取の場合は個人と不動産会社の直接契約になると考えましょう。

買取保証も含めて安心して売却をするなら一括査定

所有している不動産を確実に売却したいなら、一括査定を利用することがおすすめです。仲介や買取、買取保証など、いずれの方法でも不動産売却を成功させるには、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。

不動産会社を選ぶ際には、査定結果を比較してみることがおすすめであり、これを効率的に行うには一括査定を使うとよいでしょう。

一括査定サイトのイエウールは、物件情報を登録すると最大6社から査定を受けられます。複数社の査定結果を一気に比較できるので、より好条件を提示する不動産会社を見つけられます。

また、登録しているのは優良業者のみで、利用者からクレームの多い悪徳業者は提携を解除していることも魅力です。提携数は1,600社以上と多く、幅広い選択肢から信頼できる不動産会社を見つけたい人におすすめのサービスです。

買取保証のメリット

不動産売却で買取保証の制度を利用するメリットは、次の3つがあげられます。

  • 仲介による売却も検討できる
  • 売却の確実性が高い
  • 仲介手数料がかからない

このメリットは買取保証ならではのものであり、仲介による売却とは異なった魅力があります。

メリット1:仲介による売却も検討できる

通常の買取と買取保証の大きな違いは、売却前に仲介による売却活動ができるかどうかです。通常の買取の場合は、不動産会社と直接契約してすぐに売却するので、仲介で個人の買主を探すことはありません。

買取保証は最終的に不動産会社に買い取ってもらうこともありますが、それまでに仲介で売れるなら個人の買主に売ることもできます。仲介と買取では売却価格が違ってくることも多く、仲介のほうが高値で売りやすいです。

仲介の場合は買主との交渉次第で売却価格がいくらになるかが決まり、市場価格で売りやすいでしょう。対して買取の場合は、市場価格の70%程度になることが多いです。

これは不動産会社は買い取った不動産をリフォームやリノベーションをして売り出すことを前提にしていることが理由です。つまり、付加価値をつけるための費用が、買取価格から差し引かれると考えましょう。

仲介でも売れる可能性がある買取保証なら、通常の買取よりも高値で売却できる可能性がある点がメリットです。

メリット2:売却の確実性が高い

仲介よりも確実に売却しやすい点が、買取保証のメリットです。買取の場合は不動産会社が買主となるので、仲介による売却では売りにくい物件でも売れる可能性が高いです。

例えば田舎で需要がない古い物件だと、個人に売るのは難しいですが、不動産会社なら買ってくれる場合があります。これは買取だとリフォームやリノベーションなどで付加価値をつけて活用するからであり、なんらかの活用方法を考えてもらえる買取のほうが、売却の確実性は高いでしょう。

もちろん、すべての物件を買い取ってもらえるとは限りませんが、仲介と買取の両方の可能性を試せる買取保証なら、売買成立の可能性は高いです。

メリット3:仲介手数料がかからない

買取保証でも仲介での売買が成立せず、不動産会社に買い取ってもらえる場合は仲介手数料がかかりません。これは不動産会社が買主となると、仲介業務が発生しないことが理由です。買取保証でも仲介のうちに売買が成立すると仲介手数料がかかりますが、買取ならこの費用が削減できることは大きなメリットです。

仲介手数料の上限額は売却価格によって変動しますが、数十万円から場合によっては100万円程度かかることもあります。買取で売買が成立すると、仲介手数料が不要であり、売却にかかるコストを大幅に削減できます。

買取保証のデメリット

さまざまなメリットがある買取保証ですが、デメリットもあるので注意が必要です。

  • 売却価格が下がる
  • 売却までに若干の時間がかかる
  • 途中で不動産会社を変えられない

デメリットも知り、買取保証ならではのリスクも把握しておきましょう。

デメリット1:売却価格が下がる

不動産会社に買い取ってもらう場合は、仲介で売るよりも売却価格は下がります。買取価格がいくらになるかは依頼する不動産会社の取り決めや不動産の価値によって変わりますが、大体市場価格の70%程度であることが多いでしょう。

仲介で売却できる場合は、市場価格で売れますが、買主が見つからず、買取での対応となった場合は、売却価格が下がってしまうことは理解しておく必要があります。

買取だと仲介手数料がかからないので、コストは削減できますが、売却価格自体が下がることで、結果的に仲介のほうが利益になるということもあります。

実際にどちらがお得になるかは買取価格次第ですが、仲介で売る場合よりも金額が確実に下がることは理解しておきましょう。

デメリット2:売却までに若干の時間がかかる

通常の買取の場合は、不動産会社と契約するだけで売却が決定するので、売ると決めてから売却できるまでのスピードが速いです。しかし、買取保証の場合は、一定期間仲介による売却活動を行うので、即時買取の場合より、どうしても時間がかかってしまいます。

買取保証の一般的な売却スケジュールは、3ヶ月仲介業務を行い、売れなかったなら不動産会社による買取となります。そのため、売却までに3ヶ月程度の期間がかかることがあり、そこから買取の契約へと移行するので、実際の売却期間はさらに長いです。

即時買取の場合は、早いと1週間程度で売却できることもあります。仲介による売却は3ヶ月から半年程度かかることが一般的なので、買取保証ならこれよりは短期間で売りやすいですが、多少の時間がかかることは理解しておきましょう。

デメリット3:途中で不動産会社を変えられない

買取保証のサービスを利用する場合は、基本的に不動産会社と専属専任媒介契約を結びます。これは不動産会社1社としか契約できず、途中で利用する不動産会社は変えられません。また、個人で買主を見つけた場合でも、不動産会社を通して契約しなければならないので、仲介手数料が発生します。

買取保証は不動産会社が最終的に買い取ることを担保に売り出しをしているので、契約した時点でその業者への売却は確定していると考えましょう。つまり、別の不動産会社に売却したい、あるいは売却自体をやめたいと考えても、原則これができません。

別の不動産会社と契約したり、売却自体をやめたりする場合は、現在契約している不動産会社に違約金を支払わなければならないことがあります。

どの不動産会社に買取を依頼するかは念入りに考える必要があり、買取保証による売却を選ぶなら、不動産会社ごとの条件を比較して、もっとも信頼できる業者に依頼しましょう。

買取保証がおすすめのケース

買取保証にはメリットとデメリットがあるので、誰でも向いている売却方法ではありません。そのため、買取保証を利用して損をしないためには、どのような人に向いているのかを知っておくことが大切です。

  • 素早く売却したい人
  • 確実に売却したい人
  • 相続などで財産分与したい人

これらのケースに該当する場合は、通常の不動産売却よりも買取や買取保証を選んだほうがよいでしょう。反対に上記のケースに該当しないなら、仲介による売却を選ぶことがおすすめです。

ケース1:素早く売却したい人

できるだけ素早く不動産を売却したいなら、買取保証や買取のサービスを利用することがおすすめです。仲介の場合は買主が見つかり次第売却できますが、いつまでに売れるという保証はありません。そのため、売却活動をしてすぐに売れることもあれば、半年や1年など長期間かかってようやく売れるということもあります。

新居への引越しの予定が決まっていて、その日までに売りたい人や、転勤などで家を離れなければならない人など、売却のスケジュールを明確に決めたい人には、買取のサービスがおすすめです。

買取保証は3ヶ月程度仲介による売却活動を行うので、すぐに売れるとは限りませんが、最終的には売却できます。また、いつまでに売りたいかを先に設定し、その3ヶ月以上前から買取保証を依頼するなら、理想通りのスケジュールで売却できるでしょう。

少なくとも3ヶ月程度で売却できるという保証があるので、いつまでに売りたいかが明確であり、かつ素早く売りたい人は買取保証がおすすめです。

ケース2:確実に売却したい人

不動産を確実に売却したい人も、買取保証がおすすめです。どのような不動産でも売り出し自体は可能ですが、不動産の所在地や家の状態、周辺エリアなどの需要によってはいつまでも売れ残ってしまう場合があります。

特に需要が少ないエリアで老朽化した家などは売りにくく、1年以上たっても買主が見つからないということもあるでしょう。

買取保証は、不動産会社と契約できるなら、仲介では売りづらい不動産であっても確実に売却できます。業者によって買取保証が利用できる条件が違うため、この点には注意しなければなりませんが、条件さえ満たせるなら、売却は確実です。

買取の場合は、不動産会社でリフォームやリノベーションを行い、売却や賃貸に出すことを前提としているので、多少老朽化していたり、住宅設備に不備があったりする場合でも売れることがメリットです。

ケース3:相続などで財産分与したい人

不動産を相続し、現金で財産分与をしたい場合にも、買取保証がおすすめです。財産分与は不動産のままでも行えますが、複数人でわけると考えたときに、誰にどの程度の資産を分配するのかを決めにくいです。

売却するなら、売却価格を相続する人で割って均等に分与できるので、トラブルにも発展しにくいでしょう。仲介で売却して財産分与をするという方法もありますが、これは売れるかどうかが確実ではありません。また、売り出した時点では、最低いくらずつ相続できるのかも明確になりにくいです。

買取保証なら、買取の価格は契約時にわかるので、最低でもいくら相続できるのかがわかります。また、仲介業務のうちに売れた場合でも、買取保証額よりも高値になるので、相続できる金額が増えるだけで問題はありません。

相続はもちろん、離婚などで財産分与が必要な場合もおすすめであり、できるだけ早く確実に売却し、かつ分与できる金額を明確にしたい場合に、買取保証はおすすめです。

買取保証をしてくれる不動産会社

買取保証をしている不動産会社はそれほど多くありませんが、次の企業は買取保証を実施しています。

  • 三井不動産リアルティ株式会社
  • 京王不動産株式会社
  • 住友不動産株式会社

企業によって特徴が異なり、買取保証をしてもらえる条件も違います。企業ごとの違いを知り、自分に合った不動産会社に依頼して買取保証のサービスを利用しましょう。

三井不動産リアルティ株式会社

「三井のリハウス」で有名な三井不動産リアルティ株式会社は、首都圏や関西圏、中部圏を中心に買取保証を行っています。買い取ってもらえる不動産の種類は多く、戸建てやマンションはもちろん、土地の買取保証も実施しています。

買取保証の際に行う仲介業務は3ヶ月であり、基本的にはこの期間内での売却を目指すと考えましょう。つまり、仲介による売却に力を入れてもらうことができ、最終的に売れなかった場合は買取となるので、確実に売却ができます。

三井不動産は不動産売却の実績が高く、全国に幅広いネットワークを持っています。そのため、広いエリアで売却活動ができ、仲介で売れる可能性もあるでしょう。

査定時の上限115%以内で売り出し価格を設定するので、少しでも高値で売りたい人にはおすすめの買取保証です。

京王不動産株式会社

京王線沿線にある不動産なら、京王不動産株式会社の買取保証を利用できます。中古のマンションや古家つきの土地も買取の対象なので、仲介では売りにくい古い家でも売却が可能です。

対応しているエリアは限定されるものの、地域に密着している不動産会社なので、契約できれば売却が成功する可能性は高いでしょう。

他のサービスとしては、不動産会社が家を買い取って、その家に賃貸契約で住めるリースバックのサービスも実施しています。ただ売却するだけではなく、ローンを返済するために一度家を売り、その後賃貸で住むこともできるので、不動産売却の選択肢は広いでしょう。

住友不動産株式会社

住友不動産株式会社は、営業エリア内にある不動産なら買い取ってもらえる場合が多いです。住友不動産は全国に拠点を持っているので、幅広いエリアで買取保証のサービスを受けられます。

また、買取価格は仲介による売却よりも下がることが多いですが、買取保証の金額が高いことも魅力でしょう。買取保証額は1億円以下で、査定価格の90%以内です。もし査定価格が高い場合は、最大90%程度の金額で買い取ってもらえるので、高値での売却も目指しやすいです。

戸建てやマンションなどの住宅はもちろん、土地の買取保証もしているので、不動産の種別に関係なく買い取ってもらえます。

まとめ

不動産を売却するには、不動産会社による仲介で売るだけではなく、買取という方法もあります。買取保証のサービスなら、一定期間仲介による売却活動をしてもらえて、売れなかった場合は不動産会社が買い取るので、確実に売却できます。

素早く確実に売りたい場合は買取保証がおすすめであり、時間的な余裕がない人や、少しでも早く現金化したい人に向いている方法です。

不動産売却を成功させるには、自分に合った方法を選び、信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。不動産会社を探す際には、一括査定サービスのイエウールがおすすめでしょう。

イエウールは全国1,600社以上の不動産会社と提携していて、幅広い選択肢から依頼先を選べます。また、一度に最大6社から査定を受けられるので、各社が提示する条件も効率的に比較できます。

自分に合った不動産会社を見つけ、よりよい売却方法を探すためにも、一括査定のイエウールを利用してみてください。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?