住宅ローンを滞納するとブラックリストに載る?対処法や注意点など

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

住宅ローンは滞納せずに毎月支払う必要がありますが、経済状況によっては支払いが苦しくなってしまうこともあります。万が一滞納した場合に備えて、支払いが遅れるとどのようなデメリットがあるのかを知っておくことが大切です。

滞納した際に起きるデメリットとしては、ブラックリストに載るという可能性があげられます。ブラックリストとはどのようなものか、対処する方法はあるのかなどを知り、住宅ローンについての理解を深めていきましょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

住宅ローンを滞納するとブラックリストに載るのか

住宅ローンは滞納することなく、毎月決めた金額を支払うことが大切ですが、急な出費がかさんだり、収入が減るなどして、返済が滞ってしまうこともあります。住宅ローンを滞納すると、金融機関のブラックリストに載ってしまう可能性があるので、注意しなければなりません。

金融機関のブラックリストとはどのようなものか、これに載るとはどのような状況なのかを知り、滞納時に発生するリスクを把握しておきましょう。

「ブラックリストに載る」とは何か

「ブラックリストに載る」とは、取引の記録情報において、滞納などの事故情報が記録されることを指します。つまり、住宅ローンを滞納すると、自身の信用取引の情報に滞納という事故情報が記録されることになり、これがブラックリストに載った状態と考えましょう。

ブラックリストを管理している機関は日本信用情報機構やCIC、全国銀行個人信用情報センターの3つがあり、それぞれ消費者金融やクレジットカード会社、信販会社や全国の銀行が加盟しています。

取引情報はこれら3つの機関で共有され、記録されます。共有されているのは事故情報だけではなく、取引情報すべてと考えておきましょう。そのため、ローンを組んだり分割払いの契約を組んだりすると、その時点で取引情報が記録され、3つの機関で情報が共有されています。

滞納に関する信用情報は記録される

支払いを滞納すると信用情報に事故情報が記録され、これがブラックリストに載ったことになります。滞納の事故情報が記録されると、日本信用情報機構やCIC、全国銀行個人信用情報センターで共有されます。

ブラックリストに載る条件はさまざまですが、基本的には支払いを滞納した場合や自己破産などの債務整理をした場合と考えましょう。任意での債務整理や個人再生での債務整理、自己破産など、どの方法を用いるかによって異なりますが、ブラックリストに載った情報は5~10年程度各機関で保持されます。

住宅ローンを滞納してブラックリストに載ると何が問題か

住宅ローンを滞納するとブラックリストに載ってしまう場合がありますが、問題はこれによってなにが起きるのかということです。

  • クレジットカードを作れない
  • 新たな借り入れができない
  • 携帯電話・スマホの分割払いができない
  • 賃貸契約ができない場合がある
  • 奨学金の保証人になれない

ブラックリストに載ることで起きる問題を知り、どのようなデメリットが発生するのかを把握しておきましょう。

問題1:クレジットカードを作れない

ブラックリストに載ると、信用情報に傷がついてしまうため、新たにクレジットカードが作れなくなってしまう場合があります。クレジットカードを作るには社会的な信用が必要であり、ブラックリストに載っていることで、その要件を満たしていないと判断される場合があるので、注意しなければなりません。

また、すでにクレジットカードを持っている場合でも、それが使用できなくなる可能性もあります。すべての場合でクレジットカードの使用ができないわけではありませんが、一部サービスやネットのサイトなどでは使えないということもあるので、この点にも注意が必要です。

問題2:新たな借り入れができない

ローンを組んだり、キャッシングをしたりするなど、新たな借り入れができない場合は多いです。金融機関は確実に返済してもらうことを前提にして、お金を貸しています。金利による利益の獲得はもちろんですが、最低限貸した分は確実に返してもらえなければ、金融機関には損失が出てしまいます。

ブラックリストに載っている人は、すでに支払いなどで事故を起こしている状態のため、貸し出しをしても滞納したり、場合によっては踏み倒したりされる可能性が高いと判断され、借り入れは難しいでしょう。

もちろん、ブラックリストに載っている場合であっても、すべてのケースで借り入れができないわけではありません。例えばローンを組む際などは、頭金を多く設定することで、審査に通ることもあるでしょう。借り入れの金額や頭金次第ではありますが、ブラックリストに載っていてもローンが使えるケースはあります。

問題3:携帯電話・スマホの分割払いができない

ローンが組めなくなるだけではなく、携帯電話やスマホなどの契約でも、影響が出る場合があります。ブラックリストに載っていると、携帯電話やスマホの分割払いができないこともあります。

信用情報は幅広い機関に共有されているので、滞納するとさまざまなシーンで問題が出てしまうことは理解しておきましょう。また、携帯電話やスマホは分割払いができないだけで、契約自体は可能です。そのため、機種代やその他費用を現金一括払いするなら、契約は問題なく行えます。

問題4:賃貸契約ができない場合がある

賃貸住宅に入居する際には審査があり、ブラックリストに載っているとこれに落ちてしまうこともあります。賃貸の家賃に限らず、なんらかの支払いを滞納した過去があると、家賃も滞納されるのではないかと心配する大家や保証会社は多いです。

家賃の滞納は賃貸経営者にとっては大きなリスクなので、これを回避するためにブラックリストに載っている人は、入居を断るというケースもあるでしょう。

問題5:奨学金の保証人になれない

もし子供に奨学金が必要な場合でも、ブラックリストに載っていると保証人にはなれません。奨学金の保証人は身元が明らかで信頼度の高い人でなければならず、ブラックリストに載っている人はこの要件を満たしていないと考えましょう。

いざ奨学金が必要になった際に、自分がブラックリストに載っていることで利用できず、子供に不自由な思いをさせてしまうこともあるので、注意が必要です。

ブラックリストに載る可能性がでたときの対処法

もしブラックリストに載ってしまう可能性が出た場合は、次の方法で対処しましょう。

  • 素早く返済する
  • 家を売却をする
  • 金融機関に相談する

ひとくちにブラックリストに載るといっても、個人によって状況はさまざまです。しかし、対処法自体は基本的に共通しているので、どのような方法でブラックリスト入りを回避するのかは頭に入れておきましょう。

対処法1:素早く返済する

ブラックリストに載らないためには、まずは滞納した支払いを素早く返済することが大切です。住宅ローンを滞納したとしても、すぐさまブラックリストに載るわけではありません。1日2日程度でブラックリスト入りするわけではないので、滞納したとわかった時点で、素早く返済することを心がけましょう。

1~2ヶ月程度なら、滞納したとしてもブラックリストに載ることはありません。できるだけ早く返済することで、支払いが滞ったという事実は残るものの、ブラックリスト入りは免れられます。

返済の方法はさまざまですが、もしクレジットカードや口座振替などになっている場合は、指定の口座にお金が十分に入っているか確認しておくことが大切です。支払いの意思はあっても、指定の口座の残高不足で滞納してしまうということもあるので、注意しましょう。

また、振込用紙などで直接支払っている場合は、毎月の期限を確認して、遅延することのないように支払うことが大切です。

対処法2:家を売却をする

住宅ローンを滞納してブラックリストに載りそうなら、家を売却して、売却価格でローンを一括返済するという方法もあります。住宅ローンの残債がある状態では、抵当権が設定されているので自由に売却はできません。

しかし、金融機関と交渉して、売却価格によってローンを完済できると伝えることで、売却の許可が下りる場合はあります。売却によってローンを一括返済できる見込みがあるなら、滞納分もまとめて返済できるので、ローン自体を持たずに済みます。

売却してローンの一括返済を目指すには、できるだけ高値で売ることが大切です。不動産会社によって提示する査定額は違うので、複数社で比較してもっとも好条件を提示する業者を選びましょう。

一括査定サイトなら無料で利用でき、かつ複数社からの査定結果を効率的に比較できます。同じ不動産でも依頼先によって売却の条件は変わるので、一括査定サイトを活用して、少しでも高値で売る努力をすることが大切です。

対処法3:金融機関に相談する

どうしても返済が難しい場合は、金融機関に相談してみることがおすすめです。金融機関に相談することで、今後の返済方法を考えてくれたり、場合によっては支払い条件の引き下げをしてくれたりすることもあります。

金融機関は、第一に債権の回収を考えており、貸した分は絶対に回収することを大前提としています。つまり、貸した分を回収した後の金利分の支払いは、自社利益となります。

滞納するなど、支払いが滞るリスクがあるものなら、無理に返済額を多く請求するよりも、確実に支払える範囲で請求したほうが、お互いにとってメリットになると考える場合もあるでしょう。

自身の経済状況や月々に支払える金額などを詳細に伝えることで、支払いの条件を緩和してもらえることもあります。

住宅ローンを滞納してから競売までの流れ

住宅ローンを滞納すると、ブラックリストに載るだけではなく、競売にかけられる場合があります。競売とは、自宅の建物や土地にかけられた抵当権を行使して、強制的に売却することです。

競売にかけられると家を失うだけではなく、市場価格より安値でしか取引されず、後に残るローン残債も多くなりやすい点に注意しなければなりません。住宅ローンの滞納から競売までの流れは、次の通りです。

  1. 金融機関から催促状が届く
  2. 一括返済を求められる
  3. 保証会社が代理で返済する
  4. 競売の申し立てが行われる
  5. 入札が開始する
  6. 売却が決定すると明け渡し

住宅ローンを滞納したからといって、すぐに競売が開始されるわけではありません。競売が開始し、家を明け渡すことになるまでには、かなりの期間がかかります。

STEP1:金融機関から催促状が届く

住宅ローンの支払いを2~3ヶ月程度滞納していると、金融機関から支払いの催促状が届きます。金融機関によっては督促状のように名称が多少異なることもありますが、内容は同じと考えて構いません。

催促状や督促状が届いたなら、素早く返済を開始する必要があります。この時点で滞納分を返済しているなら、特に問題はありません。催促状が届いたのに滞納し続けてしまうと、次のステップへと進み、競売に近づいてしまうため注意が必要です。

STEP2:一括返済を求められる

基本的には住宅ローンは契約時に定めた金額を、毎月固定で支払いますが、ローンを長期間滞納している場合は、一括返済を求められます。滞納から3~6ヶ月程度で、ローンの一括返済を求められ、これに応じることができないと、次の段階へと進みます。

滞納している理由は人によって違いますが、基本的には金銭的に苦しくて支払いができないといった理由が多いでしょう。つまり、一括返済を求められたとしても、実際に返済できる人はほとんどおらず、この時点で次のステップに進むことはほぼ確実です。

もちろん、一括返済ができるなら、その時点で返してしまっても構いません。できない場合がほとんどであるため、その後どのような対応を取られるのかを知っておきましょう。

STEP3:保証会社が代理で返済する

一括返済ができなかった場合は、保証会社が代理となって、金融機関に一括返済を行います。住宅ローン締結時に契約していた保証会社が、滞納者のローンを代理で返済します。

代理で返済してもらったからといって、ローンの支払い義務を逃れられたわけではありません。返済してもらった分は、きちんと返す必要があるため、支払い義務そのものが消滅したわけではないと考えましょう。保証会社による代理返済は、滞納から6~7ヶ月目程度であることが多いです。

STEP4:競売の申し立てが行われる

代理で住宅ローンを返済した保証会社など、債権者が競売の申し立てを行います。競売の申し立ては裁判所に対して行い、この請求が通り次第、競売が開始すると考えましょう。

申し立てをした後は、裁判所の調査員が事実関係の調査を行い、その後競売の許可を下します。申し立てが行われた時点では、まだ競売以外で不動産を処分することが可能です。

申し立てをしているだけでは、まだ競売は始まっていないので、これまでに別の方法で不動産を処分して、少しでも資金を確保しておくことが大切です。

STEP5:入札が開始する

裁判所から許可が下りると、競売がスタートし、入札が開始します。入札が開始されると、不動産会社が購入希望を出し、最終的な購入者が決定します。

競売は不動産会社同士の取引となるので、市場価格よりも安値で取引されることが一般的です。つまり、仲介による売却で個人の買主に売るより条件は下がり、最終的な売却価格が安くなってしまうことは理解しておきましょう。

STEP6:売却が決定すると明け渡し

競売によって売却が決定すると、その後家や土地は明け渡さなければなりません。明け渡しまでのスケジュールは、競売での売却が決定した際に決められるので、それを確認しておきましょう。

ケースにもよりますが、住宅ローンを滞納してから競売が開始され、不動産を明け渡すことになるまでは、約8ヶ月から1年程度であることが多いです。

ブラックリストに載るケース・載らないケース

ブラックリストに載らないためには、どのようなケースだと載るのか、あるいは載らないのかを知っておくことが大切です。さまざまなケースを参考にして、ブラックリストに載る条件への理解を深めていきましょう。

任意売却をしてもブラックリストには載らない

住宅ローンを滞納し、返済ができず売却によっても完済ができない場合は、金融機関の承諾を得て任意売却が行えます。任意売却をしてもブラックリストには載らず、競売で売るよりも高値で売却しやすいのでメリットは大きいでしょう。

ただし、注意が必要なのは任意売却をしたかどうかはブラックリストに載る要因にならないということであり、任意売却に至るまでの過程で、ブラックリストに載る可能性があるということです。

任意売却が必要なシーンでは、住宅ローンを数ヶ月滞納しているので、その期間によってはブラックリストに載ってしまうことがあります。

3ヶ月以内に滞納分を返済するとブラックリストに載らない

住宅ローンは滞納しても3ヶ月以内に返済するなら、ブラックリスト入りはしません。滞納してすぐブラックリストに載るわけではないので、支払いが遅れてしまっても焦らずに、翌月確実に返済するようにしましょう。

自己破産をするとブラックリストに載る

ローンや借金などが返済できず、自己破産をする場合はブラックリストに載ります。主な要件としては、債務整理をすることであり、自己破産はこれに該当します。

債務整理の種類によってブラックリストに載る期間は異なりますが、自己破産はもっとも長く、最長で10年乗り続けることになるので、注意しなければなりません。

3ヶ月以上滞納するとブラックリストに載る

住宅ローンやクレジットカードの支払いなどは、3ヶ月以上滞納するとブラックリストに載ります。ブラックリストに載る条件としては、3ヶ月以上、あるいは61日以上無断で支払いを滞納した場合です。つまり、ケースによっては2ヶ月以上滞納した時点で、ブラックリストに載る可能性があることは理解しておきましょう。

まとめ

ブラックリストに載るとさまざまなデメリットがあるので、滞納や債務整理などはしないことが大切です。もし住宅ローンの支払いが難しいようなら、売却によって完済を目指すか、住み替え時に別のローンに借り換えて、条件を下げたりすることがおすすめです。

売却は少しでも高値を目指すことが大切であり、高額で売れることで、住宅ローンは完済を目指しやすくなります。一括査定サイトのイエウールなら、一度に最大6社から査定を受けられ、より高値で売却できそうな不動産会社を効率的に見つけられます。

また、信頼度の高い優良業者のみ登録していて、全国1,600社以上の中から選べるので、売却に適したパートナーを見つけやすいでしょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?