不動産売却はどこがいい?仲介業者を選ぶコツと注意点を知ろう

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産売却を検討する際、まず最初に不動産会社に相談する人は多いのではないでしょうか。しかし、不動産会社には様々な会社があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

不動産売却では、相談する不動産会社によって売却価格にも大きな差が出ることも。ここでは、大手不動産会社や地域密着の不動産会社など、それぞれのメリット・デメリットについてご紹介します。不動産売却の相談相手として自分に合った不動産会社を見つけましょう。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

不動産売買仲介の売上ランキング

まずは不動産売買の仲介による売上ランキングを参考にして、どのような不動産会社があるのかを知っていきましょう。売上が高いということは、それだけ多くの人が売却を依頼しているということです。

依頼者の多い不動産会社を知っておくことで、どの業者に不動産売却を任せるとよいのか、その選択肢を見つけやすいでしょう。

不動産売買の売上ランキング一覧

不動産売買の売上ランキングの、上位5社は次の通りです。

企業名順位売上
三井不動産リアルティグループ1位1兆4,821億2,600万円
住友不動産販売2位1兆1,930億4,400万円
東急リバブル3位1兆1,003億7,000万円
野村不動産グループ4位7,451億4,700万円
三井住友トラスト不動産5位4,508億9,700万円

特に上位3社は1兆円超えの売上を誇り、4位以下と大きな差があります。上位3社がそれぞれどのような特徴を持っているのかを知り、不動産会社への理解を深めていきましょう。

1位:三井不動産リアルティグループ

三井不動産リアルティグループは、1986年度から2019年度まで、34年連続で仲介取り扱い件数業界ナンバー1の実績を誇ります。

企業名三井不動産リアルティ株式会社
住所東京都千代田区霞が関3丁目2番5号 霞が関ビルディング 9階
設立年1969年7月15日

グループ企業の中でも、特に三井不動産リアルティ株式会社は、不動産仲介売買の中心を担う企業であり、個人から法人、外国人向けの不動産売買に強みを持っています。

全国15カ所の拠点と279店舗を持ち、幅広いエリアで事業を展開していることが特徴です。大企業でありながら、各地域に密着したサービスを提供することで、より多くの仲介依頼を獲得しているといえます。

また、仲介による売買だけではなく、賃貸や国内外の投資の分野でも活躍しており、不動産業界全体に事業を展開する、総合的な不動産会社といえるでしょう。

2位:住友不動産販売

北海道から九州まで、幅広いエリアで活躍しているのが、住友不動産販売の大きな特徴です。

企業名住友不動産販売株式会社
住所東京都新宿区西新宿2丁目4番1号
設立年1975年3月1日

不動産の売買はもちろん、賃貸の仲介業務や受託販売、賃貸業務など幅広い事業を展開しています。個人だけではなく、法人の売買にも強みを持ち、業界でも屈指の仲介取り扱い件数を誇る点も強みの1つでしょう。

不動産の売却は担当者がマンツーマンで対応してくれるので、初めて売却をする人も丁寧なサポートが受けられます。また、複数の不動産ポータルサイトと提携しているので、幅広いネットメディアに物件広告を出すことができ、より多くの買主を募りやすいでしょう。

3位:東急リバブル

地域に密着した営業活動を行い、より好条件で不動産売却ができる点が、東急リバブルの魅力です。

企業名東急リバブル株式会社
住所東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号
設立年1972年3月10日

知識が豊富な担当者が売却をサポートしてくれるので、専門的なことがわからないという人も、安心して不動産売却に臨めます。また、営業担当者の約98%が宅地建物取引士の資格を持っており、このことから専門性の高さがうかがえるでしょう。

有資格者の営業担当者が多く、深い専門知識によって売却をサポートしてくれるので、よりよい販売計画を立てて売却活動に取り組めます。

不動産売買仲介の顧客満足度ランキング

不動産売却の仲介を依頼するなら、業者の顧客満足度を知っておくことも大切です。顧客満足度が高い不動産会社に売却を依頼することで、より納得した条件で不動産を売りやすくなります。不動産売却で不満を抱えないためにも、業者の顧客満足度もチェックしておきましょう。

不動産売買の顧客満足度ランキング一覧

顧客満足度が高い不動産会社の上位5社は、次の通りです。

企業名順位顧客満足度
住友林業ホームサービス1位78.05点
野村の仲介+2位77.66点
三井住友トラスト不動産2位77.66点
大成有楽不動産販売4位77.03点
大京穴吹不動産5位76.90点

これらはマンション売却における顧客満足度のランキングであり、戸建て売却の場合は若干順位に変動があります。しかし、上位3社については戸建ての満足度ランキングでも5位以内には入っているので、不動産売却全体で見ても、顧客満足度が高いことがいえるでしょう。

1位:住友林業ホームサービス

お客様第一主義を貫く住友林業ホームサービスが、顧客満足度ランキングでは1位となっています。

企業名住友林業ホームサービス株式会社
住所東京都新宿区西新宿3-2-11 新宿三井ビルディング二号館11階
設立年1964年9月1日

顧客満足度の高さの秘密は、お客様に合った販売プランを提案することになります。売却の条件や要望などを十分に調査することで、売主にとって最適なプランは何か、無理のない売却プランはどのようなものかを考えて提案してもらえることが魅力です。

売却のサポートも徹底しており、不動産流通機構が運営するレインズへの物件情報の登録だけではなく、不動産ポータルサイト各社への情報の掲載や、広告の配布など幅広い広告活動を行う点も特徴でしょう。

また、情報力にも強みがあり、首都圏や関西圏、中部圏の営業店舗から地域に密着した情報を集めることで、その地域に合った売却条件を設定できる点も、顧客満足度の高さにつながっているでしょう。

2位:野村の仲介+

野村不動産アーバンネット株式会社が提供する、野村の仲介+というサービスも顧客満足度が高いです。

企業名野村不動産アーバンネット株式会社
住所東京都新宿区西新宿1丁目26番2号 新宿野村ビル
設立年2000年11月6日

マンションの売却に強みを持つだけではなく、戸建ての仲介売買にも強みがあり、顧客満足度は非常に高いでしょう。営業担当者による徹底した売却サポートが特徴であり、不動産売却そのものはもちろん、それに関係する権利関係の悩みや税金、ライフプランニングなどについても相談できます。

不動産売却に関するあらゆる事柄を相談でき、専門性の高いスタッフがよりよい提案をしてくれるので、顧客満足度は高くなっています。

野村不動産グループの幅広いネットワークを活かした仲介サービスにより、高い集客力や広告力を持っていて、スムーズに売買成立を目指せる点も、顧客満足度の高さにつながっているでしょう。

3位:三井住友トラスト不動産

年間1万件を超える豊富な仲介実績を持つ点が、三井住友トラスト不動産の特徴です。

企業名三井住友トラスト不動産株式会社
住所東京都千代田区神田錦町3丁目11番地1 NMF竹橋ビル
設立年1986年1月24日

営業担当者の約98%が宅地建物取引士の資格を持っており、専門性の高いサポートが受けられる点が魅力です。また、三井住友信託銀行グループによるワンストップのサポートが受けられるので、住宅ローンなど資金関係の相談もしやすいでしょう。

不動産売買ではお金に関する問題やトラブルも発生しやすいですが、三井住友トラスト不動産なら問題の解決を図りやすく、金融知識を持つ担当者にも相談できるので、安心して不動産売却に臨みやすいです。

大手不動産会社で売却するときの特徴

不動産会社というと、大手の会社から中堅、地域密着の小規模な会社までさまざまな不動産会社があります。その中から1社を選ぶのは大変と思っている方も多いのではないでしょうか。

ここでは、全国的に知名度のある大手不動産会社で不動産売却する際の特徴についてご紹介します。

特徴1:購入希望者の情報が多い

大手不動産会社の最大の特徴といえるのが、情報量の多さです。豊富な情報量の中でも、購入を検討している人の情報量には定評があります。特に、中古物件の購入を検討している人は、物件情報が多そうな大手の不動産会社にまず相談に行くことが多いです。

そのため、購入希望者の情報が自然と豊富に集まってくるというわけです。より多くの情報が集まることで、買主を見つけやすく、幅広い選択肢から売却先を検討できます。

購入希望者が多いほど売主は誰に売るかを決められるので、売主優位な状態で不動産を売却しやすくなることが大手不動産に仲介を依頼した場合の特徴です。

特徴2:広告宣伝費をたくさんかけられる

不動産を購入する人の多くは、不動産のポータルサイトで調べています。そのようなポータルサイトでは、サイトの価値を上げるために、大手不動産会社の広告料を安く優遇することがあります。

そのため、大手不動産会社で扱っている物件は、多くの人の目に触れる機会を作ることができ、大々的な広告を打つことができるということがいえるのです。

より多くの広告を出すことができれば、売主と買主のマッチングがしやすくなり、売却しやすくなります。不動産売却ではまず物件の売り出し情報を買主に知ってもらうことが重要です。大手不動産会社では資金力の高さやネットワークの広さから広告宣伝をしやすく、結果的にスムーズに売りやすくなるでしょう。

特徴3:ドライな対応をする会社もある

大手不動産会社で働く担当者には、ノルマが課せられていることが多いです。そのため、仕事のやり方がノルマをこなすためだけと感じてしまう担当者がいることもあります。つまり、売主側が親身に相談に乗ってもらえないと感じてしまうこともあるかもしれません。

もちろん、担当者によってはとても親身になってくれて、頼りになる存在として活躍してくれる人もいます。不動産売却の相談に行った際の対応力をきちんと見て判断するとよいでしょう。

ドライな対応をされた場合は、担当者の変更を依頼するか、別の不動産会社に乗り換えて不動産売却を仕切り直すことがおすすめです。

地元密着不動産会社で売却するときの特徴

大手不動産会社とは対照的に、地域密着の不動産会社で不動産売却の相談をした場合は、どのような特徴があるのか、これを知っておくことも大切です。不動産会社は大手だからよい、地域密着の中小業者だから悪いというものではありません。それぞれの違いを把握し、自分にはどちらが合っているのかを考えましょう。

特徴1:親切に対応してくれる会社が多い

地域密着の不動産会社は、長年同じ地域で不動産業を営んでいることもあり、やる気のある会社が多いです。地域密着の不動産会社は、大手不動産会社のように雇われている身でないことが多いため、親切で丁寧に仕事を行ってくれます。

会社の信頼にもつながることもあり、活気があってやる気を感じる不動産会社を見つけたら安心して不動産売却を任せられるでしょう。

また、大手とは異なり、柔軟な対応をしてくれる場合も多いです。大手の場合はイレギュラーな対応の場合に上司に伺いを立てる必要があり、上意下達のスピードが遅い傾向にあります。

しかし、中小業者ならトップまでの意思伝達も早く、スピーディーに対応案を示してもらいやすい点も大きな特徴でしょう。

特徴2:片手仲介の会社が多い

地域密着の不動産会社は売主側や買主側の仲介のみを行う片手仲介をしてくれる可能性が高いです。地域密着の不動産会社にとって、売却に関する契約の成立は大切ではありますが、売主や買主からの信頼を得ることもとても大切なことだと考えています。

そのため、売主側の希望に添った売却ができるよう、精一杯努力してくれるのが地域密着の不動産会社の特徴といえます。片手仲介になることで仲介手数料の値引きは難しくなりますが、売主に寄り添って売却プランを考えてもらえるので、売主優位な条件で売れることも少なくありません。

大手不動産会社では売主と買主の仲介を1社で行う両手仲介が多く、片手仲介で売主が徹底したサポートを受けやすい点も、地域密着の不動産会社ならではの特徴といえます。

特徴3:購入希望者の情報が少ない

購入希望者が最初に大手不動産会社に相談に行きがちなので、地域密着の不動産会社には購入希望者の情報が少ないです。そのため、不動産売却のために物件情報を見てもらえる機会が大手不動産会社に比べて少なくなってしまうこともあります。

いくら条件の良い物件であっても、購入希望者の目に触れなければ、なかなか売却できないという事態になってしまうことも検討しなければなりません。

もちろん、その地域に合ったピンポイントな売却条件や買主を見つけてもらいやすいので、数は少なくても好条件で売却できることはあります。購入希望者の情報は大手よりも少なくなりますが、その地域に合った情報を提示してもらえるという点では、情報の精度や質が高いこともあるでしょう。

不動産売却でどこの会社がよいか選ぶポイント

不動産売却を仲介業者に依頼するうえで、最適な不動産会社を選ばなくてはいけません。そこで最適な不動産会社を選ぶポイントを解説していきます。 ポイントを参考に、自身の売却を任せられる不動産会社を見つけましょう。

ポイント1:得意分野を見極める

売却を依頼する不動産会社はどこでもよいわけではなく、不動産会社によっては得意分野があるのです。 不動産会社の業務については下記のように分類されています。

分譲業者マンションデベロッパー・開発業者・建売業者など
媒介業者売買物件、投資用物件、事業用物件の媒介など
買取再販業者新築の売れ残り物件・中古物件・競売物件の買取や再販
専門系・そのほか企画開発・不動産投資・テナントビル・商業施設などの運営

上記のなかで不動産売却を依頼する場合は、媒介業務を行っている媒介業者を選びます。また、不動産会社の得意分野の見極めには、次のようなことに注目してみるとよいでしょう。

  • 新聞などの折り込みチラシ
  • 不動産会社のHP
  • 不動産情報誌

新聞をとっている方は、折り込みチラシとして入ってくることもあるでしょう。チラシは得意分野がわかります。たとえば賃貸物件が得意分野ならチラシには賃貸物件を掲載し、売買が得意分野なら売買物件を掲載していることが多いのです。

さらに間取りや説明以外に写真も掲載しているとチラシを見る側にとって物件の想像がつきやすいように、写真付き物件にはとくに力を入れています。 不動産会社のHPや不動産情報誌も同じく、どのような物件を多く掲載しているのかによって得意分野がわかります。

このように、目で見てわかる情報を使うと、不動産会社を選ぶうえでの参考になるのです。もし自身の周囲に不動産に関して詳しい人がいれば聞いてみたり、実際に不動産会社の店頭に掲載されている物件情報をチェックしてみるのもおすすめです。

ポイント2:規模よりも販売活動の内容を重視

不動産会社は、集客力もありネットワークも広い大手とネットワークはそこまで広くなくとも地域密着に特化していたりする中小の2つがあります。大手か中小かで選ぶのもよいですが、実際の会社の規模よりもそこの不動産会社がどのような販売活動をするのかが重要です。

不動産会社は売却依頼をされたあとにレインズマーケットインフォメーションに登録をしますが、大手中小関係なく同じ条件で掲載されるため大手だから有利ということではないのです。

レインズマーケットインフォメーションに登録したから買い手が見つかるというわけでもないので、物件登録以外の販売活動がどのようなものかを各社に問い合わせてみましょう。

大手ならではのブランドイメージだけを信用してしまうと、売却に失敗することも多いです。重要なのは知名度やブランドではなく、販売活動の内容や質であることは頭に入れておきましょう。

ポイント3:信頼できる担当者かどうか確認

不動産会社にいる営業担当者が信頼できるかどうかも重要です。営業担当者によって知識の多さや交渉力は異なります。 信頼できるかどうか見極めポイントとしては次のとおりです。

  • 「宅地建物取引士」の資格を持っている
  • 売却仲介経験が多い・長い
  • 親身に相談に乗ってくれて説明もわかりやすい

不動産は売却実績の経験も大事ですが、専門知識が重要です。宅地建物取引士の資格は、不動産取引の専門家としての知識があると証明できるものですので、持っている人のほうが信頼度は高いです。宅地建物取引士の資格があり、そこにさらに売却経験もあればなおさら信頼できますし、安心して任せられるでしょう。

また、不動産売却が初めての人はわからないことは相談や質問をするものですが、このときに売主の不安をどれだけ親身に聞いてくれるかも大切です。

これは営業担当者自身の問題ですが、売却を任せるということは信頼関係がないと任せられるものではありません。もし担当者との相性が合わないと感じるなら、担当替えを申し出るか別の不動産会社依頼することを検討してみてもよいでしょう。

あなたに合った不動産会社を見つける方法

不動産売却を成功させるには、自分に合った不動産会社を見つけることが大切です。どこがいいのかは明確に決まっているわけではなく、人によってどの業者が適しているかは異なると考えましょう。

十人十色で適した不動産会社が違うからこそ、自分に合った不動産会社はどのようにして見つけるのかを知っておく必要があります。

大切なことは複数の会社を比較すること

不動産売却を任せる候補は、1社に絞らず複数の業者を比較して決めましょう。その理由は不動産会社によって査定額に差があるからです。1社にだけ査定を任せてしまうと、他社と比較できずに相場を知ることもできません。複数社に査定してもらえば、大体の相場がわかります。

また、査定結果の根拠に対する質問に、いかにわかりやすく答えてくれるかに注目してみましょう。こちら側は不動産売却の専門知識は全くない状態です。専門用語ばかりで解説してきたりするなど、わかりづらい説明では親切さはありません。こういった不動産会社の対応次第で任せられるか判断材料にもなります。

複数社を比較することで、より好条件で売りやすい業者はどこか、自分に合っている不動産会社がどれなのかを判断しやすくなるでしょう。

比較するなら一括査定サイトのイエウール

不動産会社の比較をするなら、一括査定サイトのイエウールがおすすめです。イエウールは全国1,600社以上の業者と提携していて、幅広い選択肢から不動産会社が選べます。

また、一度に最大6社から査定を受けられるので、各社の条件も比較しやすいでしょう。提携している業者は優良業者ばかりで、利用者からクレームの多い悪徳業者は提携を解除しています。

多くの選択肢が見つけられることはもちろん、信頼度の高い優良業者の中から依頼先を探せるので、自分に合った不動産会社を見つけやすいでしょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

優良な不動産会社を選ぼう

不動産の売却で大事なのは不動産会社選びです。物件の売却を任せるため、安心して信頼できるところを探さないといけません。 なかには囲い込みをするような不動産会社もあります。

囲い込みは、他社に契約させないよう阻止して自社だけでその物件の利益を得ようとする行為です。売主にとっては売却までに時間がかかるために損ですので、囲い込みをしないところか媒介契約を結ぶ前に営業担当者に確認しましょう。

ほかに大事なのは、不動産会社が行う販売活動の内容、得意分野、人として信頼できる担当者なのかどうかです。売却を成功させるためにも優良な不動産会社を選びましょう。

もっと詳しく知りたい方は、 「不動産売却を成功させるポイントを徹底解説!損をしない売却方法」 の記事をご覧ください。

また、 「不動産売却の業者の選び方|売却をもっと有利にしよう」 という記事や、「不動産売却の注意点をすべて解説!かしこく売却する方法を知ろう」 という記事もご覧ください。 他にも以下の記事をご参考にしてみてください。

 

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?