「家なんて買うんじゃなかった」という後悔の理由と後悔してからの対処法

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

家の購入は、人生に一度の最大の出費だという方も少なくないでしょう。しかし長年にわたる住宅ローンを組んで手に入れた家に対して、「家なんて買うんじゃなかった」と後悔している方も少なくありません。

この記事では、家を購入したことを後悔した理由と、家の購入を後悔している方が今から取れる対処法について詳しく解説します。

家を売ることを全般的に知りたい方は「家を売る人が知っておくべきこと!流れや期間、費用を知ろう」をご覧ください。

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

不動産をどうするか迷っている方は、まず査定をして価格を知りましょう。査定するなら一括査定サイトのイエウールがおすすめ。完全無料で複数の会社に査定をしてもらうことができます。

↑こちらから査定を依頼できます!↑

【お金】「家なんて買うんじゃなかった」と後悔した理由

「家なんて買うんじゃなかった」と後悔する理由の一つに、お金にまつわる後悔があります。お金に関する問題で「家なんて買うんじゃなかった」と後悔する具体的な理由についてみていきましょう。

後悔1:住宅ローンの返済の負担が重すぎた

まず1つ目のお金に関する後悔は、考えていたよりも住宅ローンの負担が重すぎた、というものです。住宅ローンを組む時の見通しが甘すぎて、毎月の返済が苦しくなっている家庭が思いの外たくさんあります。

経済的に余裕のある生活をしたいのであれば、住宅ローンの年間返済額は年収の20%以内、借入額は年収の5倍程度が目安です。

これ以上の金額を金融機関は融資してくれますが、生活はかなり苦しくなるでしょう。これから家を購入するのに後悔したくない方は、住宅ローンの返済シミュレーションをしっかりと行いましょう。

後悔2:毎年固定資産税が高すぎる

家を買ってからのお金に関する後悔で多いのが「固定資産税が高すぎた」というものです。固定資産税は固定資産税評価額の1.4%が毎年課税されます。所得税や住民税と違い、収入は一切関係ありません。所有している不動産の価値に対して、一律に課税されます。

地価の高い土地に新築物件を、家と土地を合わせて5,000万円で建てたとします。固定資産税評価額は市価の7割程度なので、評価額は3,500万円となります。この1.4%だと49万円になります。実際には住宅の減税制度もありますが、購入額が高い物件は毎年数十万円単位で課税されることは、購入前に頭に入れておきましょう。

後悔3:資産価値がどんどん落ちていく

資産を購入したつもりで、一等地に住宅やマンションを購入したのに、数年後に資産価値を上げてから売却しようと思ったら、資産価値が完全に落ちていた、という場合も少なくありません。

欧米であれば家の価値は築年数がたてばたつほど上がっていきます。しかし、日本では建物の価値は経年劣化していくものと考えられています。木造住宅の法定耐用年数は22年なので、20年を過ぎた木造住宅の価値はほぼなくなります。マンションの価格も築10年までは購入時の70%程度を維持しますが、その後は急落し築20年では30%になります。

住宅を購入する時には、資産としての価値よりも、自分の住居としての価値を第一に考えたほうが無難でしょう。

後悔4:もう少し待てばもっと安く買えたのに

家の売買には旬の時期があります。売手としては、もっとも需要が高い売りやすい時期に売れば、より高い価格での売却が可能になります。つまり、買手としてはその時期を外すことで、多少なりとも安い価格で購入できるということです。

住宅売買の旬の時期は、年度替わりの直前の1月から3月です。この時期には、4月の子供の新入学や進学、親の異動に合わせて新居を構える方が増えます。次の旬は9月の異動に合わせた7月から8月です。この時期は、家の価格も高騰しがちです。また、景気の動向にも左右されがちなので、景気が良くなれば住宅市場も高騰します。

家の価格が高い時期に購入してしまった方は、他の時期に購入した方よりも1割から2割ほど高額で購入している可能性があります。同じような物件なのに、時期をずらしただけで200万円から300万円ほど金額が変わってくるとなると、後悔するのも無理はないでしょう。

購入した家を売ろうか迷っている方は、まず査定を検討するとよいでしょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

【家】「家なんて買うんじゃなかった」と後悔した理由

「家なんて買うんじゃなかった」と後悔するわけには、家そのものに対する不満が強い場合もあります。家を購入してから買うんじゃなかったと思ってしまう家とはどのような家なのかみていきましょう。

後悔1:間取りや収納が内覧のときよりも狭く感じて使いにくい

内覧のときには、図面で見た面積よりも部屋や収納を広く感じたのに、入居してみたら内覧で見た時よりも狭く感じるという方がたくさんいます。

特に、建築中のマンションや建売住宅で、内覧はモデルルームだけだった、という場合にこの不満が多いようです。

モデルルームは出来るだけ魅力的に見せるために、明るく家具の配置もプロが徹底的に計算して部屋を作っています。見学する時にはその点を差し引いて考えなければいけません。

また、マンションで部屋の間取りのタイプがいくつもあるような場合には、最も広い間取りのモデルルームしか作っていない場合もあります。小さい部屋を購入した場合には、部屋や収納が見学したよりも狭いのは当然でしょう。

実際の部屋を内覧できた場合でも、何もおいていない状態の部屋と実際に荷物を入れたら、感じる広さは大きく変わります。

後悔2:家の設備や庭やベランダが使いにくい

キッチンや風呂などの設備が使いにくかったり、駐車場が狭くて車を止めにくい駐車場だったり、ベランダでガーデニングを楽しもうと思っていたので、狭すぎて洗濯物を干す以上のことができなかったり、といった後悔もあります。

キッチンや風呂は中古物件を購入した場合に、古くて使いにくいという声もありますが、新築物件でも使う人との相性が悪いという場合もあります。駐車場が機械式の場合には、運転に自信がない方には難しいと感じてしまう場合もあります。

できることなら、購入前に実際の物件を見て、駐車場には車を入れてみることもして、状況を自分の目で確認することをおすすめします。

後悔3:中古物件を買ったら想像以上に老朽化していた

中古物件を買ったら、予想していたよりも老朽化していて後悔した、という方もいます。老朽化していて傷みが早くて、修繕費ばかりがかかるという後悔もあれば、入居した家が古臭くて気が滅入る、という方もいます。

特に一戸建ての場合には、どのような修繕を前の住人が行っていたのかで、同じ築年数でも全く状態が違います。購入して2~3か月以内であれば、雨漏りや水道の水漏れは契約不適合責任を問える場合もあるので、売主や不動産会社に連絡してみることをおすすめします。

このような後悔をしないためには、購入前に隅々まで物件の状態を確かめて、外壁塗装などの修繕履歴もしっかりと売主に説明してもらうようにしましょう。

後悔4:ハウスメーカー選びに失敗した

建売でも注文住宅でも、手を抜かずに施工してくれるハウスメーカーや工務店を選ばないと、欠陥住宅をつかまされる可能性もあります。

新築物件のはずなのに、入居してからたった数年で基礎や壁にヒビが入った、床が傾いてボールが転がる、といった不具合が生じてしまいます。

不動産に関する素人には、ハウスメーカー選びや工務店選びはとても難しいものですが、過去に欠陥住宅などの問題を起こしていないかどうかなど、ネットで検索して出来る限りの情報は集めてから、依頼する会社を選ぶようにしましょう。

【家族】「家なんて買うんじゃなかった」と後悔した理由

「家なんて買うんじゃなかった」と後悔する理由には、家を買ってから家族関係がギクシャクしてしまったから、というのもあります。家を購入したことで、家族関係がおかしくなったり、微妙な感じになってしまうその背景をみていきましょう。

後悔1:子供を転校させることになって反発された

子供が公立の小中学校に通っている場合には、学区外に引っ越すと子供が転校しなくてはいけません。子供の学校のことを考えずに購入する家を決めてしまったために、子供を転校させることになってしまい、猛烈に反発されてしまった、というご家族がいます。

遠方への転勤といったやむを得ない事情での転校であれば、子供も納得できるでしょう。しかし、転校するのがすぐ近くの学校で、親の通勤などに全く影響しない範囲内での転校の場合には、子供の気持ちを傷つけることにもなりかねません。

最近では、卒業が近い場合には、卒業まで学区外からの通学を認めてくれる場合も増えてきました。子供がどうしても転校に納得してくれない場合には、学校に相談してみることをおすすめします。

後悔2:家を買ってすぐに転勤の辞令が下りてしまった

日本の企業でよくあるのが、家を購入するとなぜか転勤の辞令が下りるというものです。企業によっては、住宅ローンで会社を辞める恐れがなくなった社員を狙って、あえて住宅を購入したら転勤させるところもあるといううわさもあります。

転勤の辞令が下りた場合には、単身赴任をして家族と離れて生活するか、購入したばかりの家を手放して、家族で引っ越すか、どちらかを選ばなければいけません。

自分の責任ではないにせよ、どちらの決断をしても後悔することは目に見えています。

後悔3:ライフプランを考えずに買ってしまった

人生にはライフステージがあります。結婚して、子供ができて、子供が成長して学校へ上がります。小学校低学年までは親にいつでもベッタリしている子供でも、高学年になれば親から距離を取るようになり、子供部屋が必要になります。

高校を卒業すれば、就職や大学進学で子供が家から出ていく場合もあります。その頃には、年老いた親の介護の問題が出てきて、親を引き取るか、自分が実家に戻るか、という選択を迫られることもあります。

このそれぞれのライフステージの中で、必要な家のサイズは変化していきます。子供部屋が必要になれば、部屋数は必要ですが、子供が独立したら使わなくなります。

このようなライフプランを考えずに購入してしまったことで、子供部屋が必要なときに作れない、親を引き取りたいのに部屋がない、家を引き払いたいのになかなか売れない、といった問題が生じることがままあります。

後悔4:経済的に生活が苦しくなって家の中がギクシャクし始めた

お金の理由で「家なんて買うんじゃなかった」と後悔する事が多いとお伝えしました。家を購入したことで経済的に苦しくなり、家の中がギクシャクしてしまったというご家庭も実際にあります。

住宅ローンの支払いのために、お母さんがパートに出る必要があり、子供の面倒を見れらなくなったり、お父さんが残業や副業を増やしたことで、子供と遊べなくなったり、といったことがあります。

また、経済的に余裕がないと、心の余裕もなくなってしまい、小さなことでもお互いにイライラするようになってしまった、というご家庭もあります。

【環境】「家なんて買うんじゃなかった」と後悔した理由

物件を内覧した時には分からなかったけれども、周辺の環境が、実はとても生活しにくい環境だった、という場合もあります。「家なんて買うんじゃなかった」と思う理由が、周辺環境にある場合についてみていきましょう。

後悔1:生活するのに不便すぎる立地だった

とても静かで自然環境が豊かで、のんびりとゆっくりと生活ができると思って引っ越しをしたら、実は生活するのにとても不便な立地だった、という場合があります。

都市部であれば、徒歩10分圏内にコンビニもスーパーも、ドラッグストアも、地下鉄か電車の駅も、生活するために必要なものは全てそろっている、という場所も少なくありません。

しかし、地方では、コンビニやスーパーに行くのに車で30分かかる、という場所もあります。

また、一見すると不便な場所には思えないけれども、子供の小学校まで徒歩30分以上かかる、という場合もあります。家を選ぶときには、日常の買い物や、子供の学校までの距離はよくチェックしておきましょう。

後悔2:駅チカ物件を購入したら深夜までうるさくて眠れない

また、反対に通勤通学に便利だからと駅チカ物件を買ったら、夜遅くまでは繁華街の喧騒がうるさくて眠れないという後悔もあります。

物件の内覧をする時には、昼間の様子しか見られませんが、できることならば夜の環境もチェックしたほうが良いでしょう。

後悔3:ご近所さんにトラブルメーカーがいた

「家なんて買うんじゃなかった」という後悔には、引っ越し先でのご近所関係がうまくいかない、というものもあります。ニュースになるような極端なトラブルメーカーがいることは滅多に無いでしょう。

しかし、ちょっとした物音でクレームを付けてくる階下の人や、距離感無く近づいてくるご近所さんに悩む方は少なくありません。ご近所関係は引っ越してみないと、全く分からないので対策の仕様もありません。できることなら、購入前に隣近所の人と立ち話をしてみると良いでしょう。

後悔4:お墓や化学工場などあまり近くに住みたくない施設の近くだった

引っ越してみたら、すぐ近くにお墓や化学工場などのあまり近所に住みたくない施設があった、という場合もあります。お墓は気分的に良いものではありませんし、化学工場は火災などが起きると健康被害の心配もあります。

これは購入前によく調べることで防げます。内覧のときに周辺を自分の足で歩いてみたり、地図でよく調べてみてから購入しましょう。

「家なんて買うんじゃなかった」と後悔した時の対策

買ってしまってから「家なんて買うんじゃなかった」と後悔してもどうしようもないと諦めている方も少なくありません。しかし、諦めずになんとかできないのか、実際に後悔している方のために、今できる対策法をお伝えします。

対策1:賃貸にはないメリットを見つけて納得する

「家なんて買うんじゃなかった」と後悔することがあっても、せっかく購入した家を諦めたくないのであれば、その家のメリットも見つけて納得するように努力しましょう。

正直なところ、家族全員が100%納得できる家を購入するのは不可能に近いことです。それぞれが7割から8割程度納得できれば上々でしょう。

特に、賃貸と比較すると持ち家のメリットは色々と見つかるはずです。例えば、賃貸ではカスタマイズできませんが、持ち家なら好きなようにカスタマイズが可能です。購入した家での生活をエンジョイできる方法をみつけてみましょう。

対策2:賃貸に出して引っ越しする

どうしても、「家なんて買うんじゃなかった」という後悔のほうが大きすぎる場合には、家を諦めて引っ越すことを考えましょう。

引っ越す場合の選択肢には、家を所有したまま賃貸に出す方法と、売却する方法があります。持ち家を賃貸に出せば、毎月賃貸収入を得られます。売却を考える場合でも、購入してから5年以内の売却では税金が高くなるので、5年間は賃貸経営をしたほうがお得でしょう。

賃貸に出す場合には、不動産会社に管理の依頼もできます。ぜひ、選択肢の一つとして検討してみましょう。

対策3:売却して引っ越しする

もう一つの選択肢は売却するという選択肢があります。賃貸に出すと、いつまでもその家を所有し続けることになります。きれいサッパリと精算して、スッキリとしてしまいたいのであれば、売却して忘れてしまうというのも良いでしょう。

売却する場合には、信頼できる不動産会社に高額売却してもらえるかどうかが大きな鍵になります。

複数の不動産会社に査定を依頼したほうが良いのですが、いろいろな会社に問い合わせを入れるのはとても大変です。そこでおすすめなのが、不動産の一括査定サイトのイエウールです。

全国から厳選した1,600社以上の良心的な不動産会社から、近隣の不動産会社6社から一度の登録作業で一括して査定を取り寄せられます。「家なんて買うんじゃなかった」と思って売却を考えるのであれば、まずはイエウールで査定をしてみましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

まとめ

「家なんて買うんじゃなかった」という後悔は、できることなら手放したくはありません。この記事の中でも、まだ購入していない方のために、こうした後悔をしなくても済むコツを所々でお伝えしています。ぜひ後悔しない家の購入にお役立てください。

もうすでに買ってしまい、我慢ができないという方は、ぜひ賃貸か売却に出しましょう。そうして、新しい生活に踏み出すことをおすすめします。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?