鹿児島県で不動産を売却!今いくらで売れる?地域情報や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

不動産売却を成功させるには、その地域ならではの情報を知っておくことが大切です。鹿児島県で不動産を売るなら、鹿児島県の売却価格の相場や動向などを知っておきましょう。

鹿児島ならではの情報を把握しておくことで、より好条件で売りやすくなり、不動産売却の成功を実現できます。事前準備を怠ると、不動産売却は失敗する可能性が高いです。少しでもお得な売却を実現させるためにも、鹿児島県で不動産を売るときのポイントを知っておきましょう。

 

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

【鹿児島県】不動産の売却相場は?

鹿児島県での不動産売却を成功させるには、売却価格の相場を把握しておくことが大切です。相場は県全体のものから、エリア別のものまで幅広く知っておきましょう。

また、不動産種別による違いも理解しておくことが大切であり、相場動向も理解して売り時を知っておくこともおすすめです。売却相場を把握していることで、いくらで売り出すべきか、またいつ売ると良いのかが判断しやすくなります。

相場価格の算出には、国土交通省が運営する「土地総合情報システム」のデータを用います。これは実際に不動産取引を行った人を対象にアンケートを実施し、その結果をまとめたものです。不動産取引をした人のデータを参考にすることで、より市場の動きを掴みやすくなるでしょう。

鹿児島県の売却価格の相場はいくらなのか

まずは鹿児島県全体で見た場合の、不動産の売却価格相場を知っておきましょう。県全体で見ると、鹿児島県ではマンションは約1,750万円、一戸建ては約2,033万円、土地は約958万円が相場です。

一戸建てがもっとも高値で取引されており、次にマンション、土地の順になっています。一戸建ては規模の大きさから高値で売りやすく、建物だけではなく土地も売却できるので、高額売却が期待しやすいです。

また、居住用の不動産を購入する人が多く、需要が高いことから、土地のみよりもマンションのほうが好条件で売れやすいといえるでしょう。もちろん、土地のみで見た場合の相場は、極端に低いわけではありません。

どの不動産種別でも条件は悪くはないので、買主との交渉や不動産の状態、市場の需要などの条件次第では、土地のみでも高値で売れることはあります。

エリア別の最新相場価格をチェック

同じ鹿児島市でもエリアによって相場価格は異なるので、この違いもチェックしておきましょう。比較するエリアは、鹿児島市と霧島市、姶良市の3つです。

マンション一戸建て土地
鹿児島市約1,607万円約2,780万円約1,137万円
霧島市約2,000万円約1,495万円約562万円
姶良市約1,546万円約773万円

3つのエリアのうち、主要エリアである鹿児島市がもっとも相場価格は高いです。また、霧島市はマンションの相場価格が高く、エリアによってどの不動産種別が高値で売れやすいかは異なります。

ただし、鹿児島県では中古マンションの取引がそれほど多くはなく、鹿児島市と霧島市の2つに集中しています。そのため、姶良市のデータはなく、いくらで売れるのかは詳細にはわかりません。

もちろん、一戸建てや土地の相場からマンションの相場価格を推測することは可能であり、他のエリアと比較しても相場価格はそれほど低くないので、マンションもある程度の金額で売れる可能性は高いです。

直近2年間の相場動向の推移

2020年から直近2年間の相場動向の推移を見ると、鹿児島県の相場価格は下落傾向にあります。相場価格は一時は持ち直していますが、そこから下落しています。そのため、鹿児島県の相場価格は下落トレンドにあり、今後も下がる可能性は高いです。

相場価格は変動するものであり、今後上昇する可能性も0ではありません。しかし、直近のデータを見ていると下落傾向にあるので、将来的にはさらに下がる可能性は高いです。

不動産売却を成功させるには、相場動向をこまめにチェックしておくことが大切です。売りたいと考えたときの相場がどのように動いているのかを確認して、下がる前や上がっているときに売ると、好条件で売却しやすいでしょう。

鹿児島県にお住まいで、売却を検討している方や価格が気になる方は、まず査定をするところから始めましょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

鹿児島県の不動産取引事例をみてみよう

相場価格についてさらに理解を深めるためには、実際の取引事例をチェックすることがおすすめです。取引事例からは不動産の状態や売却価格がわかり、どのような条件の不動産がいくらで売れたのかがわかります。まずはマンションの取引事例をチェックしておきましょう。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格間取り面積築年数
鹿児島市鹿児島駅から18分2,300万円4LDK90平米16年
鹿児島市南鹿児島駅から19分1,300万円3LDK60平米43年
霧島市国分(鹿児島)駅から15分1,600万円3LDK70平米19年

マンションがいくらで売れるかは、駅からのアクセスや間取り、面積や築年数によって変わります。特に築年数の影響は大きく、築浅の物件はより高値で売りやすいです。上記のケースでは鹿児島市の事例がもっとも高額で売却できており、これは築年数と人気のエリアであることが関係しています。

次に一戸建ての取引事例は、次の通りです。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積築年数
鹿児島市鹿児島中央駅から45分2,400万円240平米46年
霧島市隼人駅から16分2,000万円200平米2年
姶良市帖佐駅から15分1,700万円165平米1年

一戸建てもマンションと同様で、築浅の物件のほうが高値で売れやすいです。しかし、鹿児島市は築46年と古いものの、面積の広さや人気エリアにあることから、高値で売却できています。最後に土地の取引事例は、次の通りです。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積坪単価
鹿児島市慈眼寺駅から8分1,200万円140平米28万円
霧島市隼人駅から14分620万円280平米7万2,000円
姶良市帖佐駅から9分790万円195平米13万円

土地は面積と坪単価が関係しており、面積が広く坪単価の高い土地は、高額で売却できます。上記のケースで見ると、鹿児島市と霧島市は霧島市の事例のほうが面積は広いです。しかし、坪単価の関係から、鹿児島市のほうが高値で売却できています。

不動産種別によって売却価格に影響する要因は異なるので、それぞれの違いを把握して、条件ごとにいくらで売れるのか、具体的なイメージを持っておきましょう。

 

鹿児島県の不動産売却を成功させる方法

鹿児島県で不動産売却を成功させるには、相場価格を知る以外にも把握しておきたいポイントがあります。

  • 換気性能をアピールしよう
  • 利便性が良いことをアピールしよう

これら2つの方法でアピールして、不動産の魅力を買主に伝えていきましょう。

換気性能をアピールしよう

鹿児島県は高温多湿で雨が多く、桜島が近いことから火山灰の影響を受けることも少なくありません。そのため、湿気や降灰の対策が充実していると伝えることが大切であり、換気性能の良さをアピールすると良いでしょう。

換気性能が高いことで、鹿児島県でも生活しやすいことがわかり、買主へのアピールにもつながります。また、湿度が高いと洗濯物も乾きにくいので、室内干しの設備が整っているならこれも伝えておきましょう。

浴室乾燥機などが搭載されているなら買主に伝えておくと、物件の魅力も伝わり、好条件で売却しやすくなります。

利便性が良いことをアピールしよう

利便性の高さをアピールすることも大切であり、これを伝えることでも買主に好印象を与えやすいです。県内でも特に鹿児島市は栄えていて、交通の利便性は高いです。また、鹿児島市周辺は商業施設も多く、普段の買い物もしやすいことはアピールしておきましょう。

自然豊かで田舎のイメージもある鹿児島県ですが、中心部では商業施設も充実しており、生活はしやすいです。都市と郊外のバランスが取れていて、快適な環境で暮らせることもアピールしておくと良いでしょう。

 

鹿児島県ではいつが売り時なのか

鹿児島県は相場価格は下落傾向にあり、2020年時点で見ると、直近2年間のピークよりも低くなっています。相場は今後下がる可能性も高いので、今のうちに売却することがおすすめです。

相場が下がる要因としては、社会情勢が考えられ、日本では少子高齢化の進行による人口減少が大きな問題です。人口減少が起きることで不動産需要は縮小し、その結果相場は下がると考えましょう。

実際に日本では空き家率の情報が問題されており、使われていない不動産も数多くあります。今後も不動産需要は下がっていく見込みであり、鹿児島県の相場も下がる可能性は高いです。

また、マンションや一戸建ては築年数が経過するほど、資産価値は減少します。そのため、売る時期が遅くなるほど売却価格も下がり、結果的に条件が悪くなると考えましょう。

もし築年数の経過による資産減少と相場の下落が同時に起きると、売却価格が大幅に下がる可能性もあるので、少しでも高値で売るには早めに手放すことがおすすめです。

 

鹿児島県の不動産売却なら一括査定サイト「イエウール」がおすすめ

鹿児島県で不動産売却をするなら、一括査定サイトのイエウールを利用することがおすすめです。イエウールは一度に最大6社から査定を受けることができ、不動産会社ごとの査定結果を効率的に比較できます。

不動産売却を成功させるには業者の選び方が重要であり、ここで失敗すると売却の条件は悪くなります。信頼できる不動産会社をスムーズに見つけるためにも、イエウールを積極的に活用してみましょう。

また、イエウールは他にもさまざまな強みがあります。イエウールならではの強みを知り、サービルの魅力について理解してから活用することがおすすめです。

イエウールの強み1|提携不動産会社1,600社

イエウールは提携している不動産会社が1,600社と多く、幅広い選択肢から業者を探すことができます。多くの不動産会社を比較したうえで売却の依頼先を決められるので、より自分に合った業者が探せるでしょう。

相性の良い不動産会社を見つけることは大切であり、複数社を比較することで、より良いパートナーを得やすくなります。また、イエウールは一度に最大6社から査定を受けられるので、豊富な選択肢からの業者の絞り込みもしやすいです。

どの不動産会社に売却を依頼するかで悩む人は多いですが、イエウールならこの問題を解消でき、スムーズに業者を選べるでしょう。

イエウールの強み2|月間利用者1万人

サービスの月間利用者が1万人と多いことも、イエウールの強みです。サービスの利用者が多い点から、イエウールの利便性や知名度の高さなどがわかります。

また、サービスの信頼度が高いことも、利用者が多い理由でしょう。イエウールは悪徳業者の排除に力を入れており、優良業者のみに絞り込んで探すことができます。

ユーザーからの苦情が多い不動産会社とは提携を解除しているので、悪徳業者に引っかかるリスクが低いことも、イエウールならではの魅力です。

イエウールの強み3|47都道府県全国対応

47都道府県に対応していて、全国で利用できる点もイエウールの魅力です。全国対応していることで全国どこでも利用でき、鹿児島県でも問題なく査定を受けられます。

また、地域業者との提携も多いので、大手の不動産会社だけではなく、中小業者を探しやすいこともイエウールの強みです。地域性を理解した業者と契約することで、鹿児島県ならではの魅力を買主に伝えてもらうことができ、好条件で売却しやすくなるでしょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

イエウールでの不動産売却の流れ

実際にイエウールを利用し、鹿児島県で不動産を売却する際の流れを知っておきましょう。まずはイエウールのサイトにアクセスして、一括査定の登録をします。登録時には不動産の所在地や築年数、面積などの情報と連絡先を入力します。

数日すると不動産会社から査定の結果が届くので、これを確認しましょう。査定の結果を比較して、訪問査定を依頼する不動産会社を絞り込みます。訪問査定の結果に納得できたなら、その不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を開始しましょう。

買主を探して条件交渉を行い、双方合意の点で売買契約を締結します。契約締結後は契約書に記載した内容で決済を受け、不動産の引き渡しを行うことで売却は完了です。

不動産売却は一括査定から売却完了まで、3ヶ月かそれ以上の期間がかかることも少なくありません。そのため、スケジュールは余裕を持って組み、早めに行動して素早い売却を目指しましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

まとめ

鹿児島県での不動産売却を成功させるには、その地域ならではの情報を把握しておきましょう。鹿児島県の売却価格の相場や相場動向の変動、その地域ならではの魅力も知っておくことが大切です。

また、不動産会社の選び方も重要であり、どの業者と契約するかによって、売却の結果が変わることも少なくありません。いかに自分に合った業者を見つけられるかが、売却成功を目指すポイントです。

イエウールを利用して信頼できる不動産会社を見つけ、充実したサポートを受けることで鹿児島県での不動産売却成功を目指しましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?