名古屋市で不動産を売却!今いくらで売れる?地域情報や注意点を解説

あなたの不動産いくらで売れる?

最大6社の大手不動産会社の査定価格をまとめて取り寄せ!フォーム入力のみ!査定に進む フォーム入力のみ!査定に進む

マンションや一戸建て、土地といった不動産はとても大切な資産です。不動産という資産を何らかの理由で手放さなければならなくなったのであれば、できる限り高い価値で売却をしたいものです。

この記事では、名古屋市で不動産の売却を検討している方のために、ここ近年の名古屋市での不動産売却の相場の動きや、エリアごとの売却価格の平均価格をまとめて、名古屋市で高額売却を達成するための注意点などをお伝えします。

まず、不動産需要を左右する、名古屋市の今後の人口変化についてみていきましょう。国内で見ると2015年に日本の人口は減少に転じ、地方では過疎に悩む地域も少なくありません。

しかし、名古屋市の人口は数十年来ほぼ右肩上がりで増え続けていて、2020年には217.2万人だった人口が、2020年には231.3万人まで増加しています。

しかし、ここ最近人口の増加率が鈍化しつつあり、2020年から2025年の間には全国的な少子化の流れにのまれて、名古屋市でも人口が減少に転じると予想されています。

人口の減少の度合いは、他の地域に比べると緩やかですが、2045年には217.4万人まで減少するとみられています。

短期的な目でみれば、名古屋市内の不動産の需要はそこそこ維持されますが、長期的にみると人口減少に伴う不動産需要の減少での価格の下落は避けられないものとみられます。

 

あなたの不動産の
売却価格を
いますぐチェック

step
1
物件種別
step
2
都道府県
step
3
市区町村
step
4
町名
step
5
字・丁目
step1
物件種別
step2
都道府県
step3
市区町村
step4
町名
step5
字・丁目

↑こちらから査定を依頼できます!↑

【名古屋市】不動産の売却相場は?

名古屋市内での不動産の売却相場はどのくらいで変化しているのかを詳しくみていきましょう。ここ数年での名古屋市内での不動産の価格の変化と、エリアごとの不動産の平均取引額を、国土交通省が運用する土地総合情報システムをもとにまとめてみました。

名古屋市の売却価格の相場はいくらなのか

名古屋市内での不動産価格の売却相場の変化をみてみましょう。2017年から2020年までのマンションと一戸建て、土地の取引価格の平均は次の表のとおりです。

項目2017年2018年2019年2020年
マンションの取引平均額2,041.6万円2,093.2万円2,169.2万円2,269.7万円
一戸建ての取引平均額4,033.9万円4,082.5万円4,111.0万円3,800.8万円
土地の取引平均額2,724.9万円2,876.3万円2,888.7万円2,765.9万円
土地の坪単価取引平均額59.9万円65.6万円66.1万円62.2万円

マンションの価格は年々右肩上がりで上がっているのに対して、2019年から2020年にかけて一戸建てと土地の取引平均額が減少しています。特に、2017年から2019年にかけて土地の坪単価が大きく値上がりしたのに対して、2020年には4万円近く平均価格を下げている点には注意が必要です。

エリア別の最新相場価格をチェック

2019年から2020年にかけての不動産取引相場をチェックしてみましょう。名古屋市内には16の行政区がありますが、今回は名古屋市内でも主要な地域である中区と東区、東部の千種区、臨海部の港区の相場をみていきましょう。

マンション一戸建て土地取引総額土地坪単価
中区2,069.2万円7,600.0万円4,633,3万円123.3万円
東区2,425.3万円6,263.6万円4,900.0万円129.6万円
千種区2,839.0万円4,874.1万円4,569.7万円93.2万円
港区1,510.2万円2,662.5万円1,731.8万円39.2万円

中区と東区は名古屋市の中心部なので、土地の坪単価がとても高額になっています。一方で、中古のマンションの価格が安いのは、単身向けの部屋数の少ないマンションが多いためです。

日本の三大都市圏の名古屋市はどこのエリアも高額で取引されているのかというと、そういうわけでもなく、港区などの中心部から離れたエリアになると、購入者側としてはリーズナブルな価格で購入できる相場になっています。

直近2年間の相場動向の推移

名古屋市の2019年から2020年の不動産の売却価格の変化をみてみると、マンションの価格は上昇傾向が見られますが、一戸建てと土地の取引価格が大きく平均価格を下げています。

一戸建ての平均取引額は300万円以上、土地の取引平均額も100万円以上、土地の坪単価は4万円近く下がっています。これが一時的なものなのか、今後ずっと続く傾向なのかは、不動産相場の動きによく注意する必要があるでしょう。

名古屋市にお住まいで、売却を検討している方や価格が気になる方は、まず査定をするところから始めましょう。査定を依頼するには複数の不動産会社に無料で依頼できる一括査定サービス「イエウール」がおすすめです。

60秒ほどの入力でかんたんに査定依頼は完了します。以下のバナーを押して、査定依頼に進みましょう。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

名古屋市の不動産取引事例をみてみよう

名古屋市内でここ最近取引された不動産の取引事例をみていきましょう。マンション、一戸建て、土地、それぞれの取引事例は次のとおりです。

マンションの取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格間取り面積築年数
中区大須観音駅から3分3,400万円2LDK65平米築7年
東区高岳駅から9分4,400万円3LDK75平米築10年
千種区今池駅から9分3,600万円4LDK85平米築17年
港区東海通駅から5分2,500万円2LDK65平米築10年

一戸建ての取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積築年数
中区金山駅から7分1億6,000万円210平米築29年
東区車道駅から13分4,000万円125平米築23年
千種区東山公園駅から7分4,900万円240平米築43年
港区稲永駅から11分2,500万円185平米築17年

土地の取引事例です。

所在地最寄り駅・所要時間取引価格面積坪単価
中区山王駅から10分6,500万円185平米120万円
東区東大手駅から6分6,000万円130平米150万円
千種区池下駅から9分9,400万円250平米120万円
港区港区役所駅から4分3,200万円210平米51万円

エリアごとの実際の取引事例を見てみると、必ずしも平均価格に沿った価格で取引されているわけではないことがわかります。平均価格よりも高額で取引されている物件もあれば、平均価格に届かない物件もあります。

マンションや一戸建てなどは、築年数に売却価格が左右される点もあります。しかし、買主に対して、それぞれの物件のメリットをしっかりとアピールすることができれば、高額売却も夢ではありません。

売却したい物件のメリットのしっかりと伝えられるように準備をしておきましょう。

 

名古屋市の不動産売却を成功させる方法

それでは、名古屋市内の不動産を高額売却したいと思った時に、どのような点がアピールポイントになるのかをお伝えします。名古屋市内ならではの、買主を惹き付けるポイントは次の2点です。

学区が良いことをアピールしよう

名古屋はとても教育熱が高い地域であると有名です。しかも、首都圏や関西圏のように私立高校が幅を利かせているのではありません。公立高校のレベルがとても高い点が注目ポイントです。

レベルの高い公立高校に入るために、中学受験はせずに地元の公立中学へ進む子が多くいます。そのために、公立トップ高校への合格実績の高い公立中学校へ通える学区の物件は人気が高くなっています。

特に人気が高い中学校は、昭和区にある川名中学校、東区にある富士中学校、瑞穂区にある汐路中学校などです。これらの中学校の学区の物件は、特にファミリー層には高い人気があります。

地下鉄東山線沿線であることをアピールしよう

名古屋市内で特に人気が高く、高額売却が期待できるエリアには、地下鉄東山線沿線のエリアがあります。地下鉄東山線沿線であれば、乗り換えなしで名古屋駅や栄駅に出られるので、通勤や通学にとても便利なエリアとして知られています。

特に、最寄り駅が覚王山駅、星ヶ丘駅、千種駅であるマンションや一戸建ては、数年待っても物件を探している人が多く、高額売却が期待できます。

 

名古屋市ではいつが売り時なのか

名古屋市内でお持ちの不動産をできるだけ高額売却したいと考えている方の中には、今すぐに売却に出したらいいのか、しばらく待って不動産相場が上がるのを待ったほうがいいのか、迷っている方もいるでしょう。

名古屋市内での不動産売却を考えるのであれば、価格が上がるのを待つのではなくて、現在の価格で売却できるうちに売却してしまうことをおすすめします。

その理由は2つあります。1つ目は2019年から2020年にかけての名古屋市内の不動産相場が大きく下がっていることです。社会情勢から考えると、景気の動向が大きく影響しているものと思われます。今後景気の回復が望めない状況が続きそうなので、不動産価格が大きく値を上げることは望めないでしょう。

2つ目の理由は名古屋市内の人口が今後数年のうちに頭打ちになるからです。人口増加が止まれば、不動産需要が減って自然と不動産も値下がりしていきます。

この2つの理由から、値上がりするのを待つのではなく、現在の価格で売却してしまうことをおすすめします。

 

名古屋市の不動産売却なら一括査定サイト「イエウール」がおすすめ

名古屋市内での不動産売却を考えるのであれば、一括査定サイトのイエウールで査定を取り寄せるところから始めることをおすすめします。イエウールとは、たった数分の入力作業だけで、最大6社からの査定を取り寄せられるとても便利なサイトです。

イエウールの強み1|提携不動産会社1,600社

イエウールには全国各地から厳選した不動産会社が1,600社以上も登録されています。不動産一括サイトの中で最多とは言えませんが、不動産会社を厳選しているサイトはイエウールだけです。

不動産業界に暗い顧客の無知に付け込むような悪徳不動産会社と出会う確率は、他のサイトよりも確実に低いのがイエウールの大きな強みです。

イエウールの強み2|月間利用者1万人

イエウールで査定を取り寄せる人の数は月間平均1万人もいます。国内での不動産取引の月間平均数は12,500件ほどです。イエウールのすべての利用者が不動産売却に至っているわけではないとしても、取引数が12,500件の市場の中で1万人も利用者がいます。イエウールが多くの方に利用されているのは、高い信頼を得ている証です。

イエウールの強み3|47都道府県全国対応

イエウールは全国全ての都道府県にまんべんなく対応できている点も大きな強みです。不動産一括査定サイトの中には首都圏と関西の大都市圏にしか対応していないサイトもあります。

そういったサイトは、残念ながら日本第3位の大都市である名古屋も対応していません。イエウールなら、名古屋の良質な不動産会社を見つけることが確実にできます。

↑完全無料で査定依頼できます↑

 

イエウールでの不動産売却の流れ

イエウールを利用して不動産売却をどのように進めたら良いのでしょうか。イエウールで査定を取り寄せた場合の不動産売却の流れは次のように進みます。

  1. 査定依頼
  2. 机上査定の結果の返事
  3. 不動産会社選び
  4. 訪問査定依頼
  5. 訪問査定
  6. 媒介契約締結
  7. 売却活動
  8. 売買契約締結

査定依頼

まずはイエウールのサイトにアクセスをして、売却したい不動産の物件情報と、依頼主の連絡先を登録します。この作業はたった数分で終わるもので、スマホからでもできます。

いつでもどこでも自分の都合のいい日時で、24時間365日査定依頼ができます。イエウールでは査定依頼を受け取ったら、その物件を扱っている地域の不動産会社最大6社に査定依頼を出します。

↑完全無料で査定依頼できます↑

机上査定の結果の返事

イエウールからの査定依頼を受け取った不動産会社では、登録された物件情報と周辺地域の相場などのデータから、机上査定を行います。机上査定では実際に物件を見て調査するわけではありませんが、おおよその傾向をつかむことはできます。机上査定の結果が出たら、不動産会社から直接電話かメールで返事が届きます。

不動産会社選び

机上査定の結果が出揃ったら、訪問査定を依頼する不動産会社を選びます。不動産売却は半年から一年以上の長い時間がかかることもあります。査定額だけではなくて、信頼できそうな不動産会社かどうかという点もしっかりと吟味して選ぶようにしましょう。

訪問査定依頼

訪問査定を依頼する不動産会社を決めたら、机上査定の結果に記載されている連絡先へ連絡を入れます。訪問査定には売主の立ち会いが必要なので、不動産会社と双方の都合のいい日時を決めます。この時に訪問査定までに用意しておくべき書類などを教えてくれることもあります。

訪問査定

訪問査定の当日になったら、不動産会社からスタッフがやってきて、物件の細かいところを調査します。この時に色々と売主に質問することもあります。質問の答えの内容が、査定価格に響くこともあるので正直にできるだけ正確に答えましょう。

媒介契約締結

訪問査定の結果から、売却の仲介を依頼する不動産会社を決めたら、媒介契約を結びます。媒介契約の種類には、複数の不動産会社と契約を結べる一般媒介契約と、1社のみとしか契約を結べない専任媒介契約と専属専任媒介契約があります。

すぐに買い手がつきそうな人気の物件であれば一般媒介契約がおすすめですが、そうでないならば1社のみとの契約がおすすめです。

売却活動

媒介契約を結んだら売却活動が始まります。売却活動は、主に不動産会社がチラシを作成して配布したり、不動産情報サイトに物件情報を登録したりして、宣伝活動を行います。

物件に興味を持つ人が現れたら、内覧を行います。内覧には売主の立ち会いが必須です。内覧の印象が成約を大きく左右するので、しっかりと準備をして臨みましょう。

売買契約締結

買主が購入を決めたら、価格交渉を行います。価格交渉がまとまったら、売買契約書を交わし、手付金を支払ってもらい、引き渡し日を決めます。引き渡し日になったら、残金の決済を行い、物件を引き渡して売却が完了します。

 

まとめ

名古屋市は東京、大阪に次ぐ国内第3位の都市だということで、不動産の売却相場もそこそこ高いレベルで維持されています。しかし、今後市内の人口が頭打ちになっていく中で、現在の価格が維持されるかどうかはわかりません。売却を考えるのであれば、できるだけ早く売却してしまいましょう。

納得できる不動産売却のためには、いい不動産会社との出会いが必要です。全国から厳選した良心的な不動産会社から査定を取り寄せられるイエウールで、査定を取り寄せるところから始めましょう。

【完全無料】うちの価格いくら?
【完全無料】うちの価格いくら?